私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~

霧内杳

5-3.……奥さん

翌朝。

助手席で私は、携帯片手にうんうん唸っていた。

「なーに悩んでんだ?」

「昨日、駿からNYAINが入ってて……。
返信しなきゃって思うんですけど」

「ふーん」

しまった、これは不正解、だ。
もうすでに駿が私の元彼……になるんだろうな、世間的には。
だと佑司は知っている。

「あ、いえ。
無視、します。
はい」

「すれば、返信」

「は?」

ついつい、視線が運転中の佑司の顔へ向く。

「チーにとってあの安座間って男はただの友達なんだろ。
なら、なんの問題もない」

ないのか、本当に?
私の中ではそうでも、周りはそう見ないのだ。

「私は佑司のか、……彼女、なので。
元彼と連絡取るとか、問題かと」

「チーが俺の彼女って言ってくれた!」

ぱーっと満面の笑みになるのはいいが、こ、こっちを見るな!
おかげで少しずつ、車が都市高の壁に寄っていく。

「ちょ、佑司!
危ない!」

「おっと」

佑司が慌ててハンドルを切ったので、車は元の軌道を走りだした。

「チーは俺の彼女、チーは俺の彼女」

楽しそうに佑司が歌いだし、苦笑いしかできない。

「でもさ。
もう関係は完全に終わってるんだろ。
チーは俺が好きなんだから、再燃とかありえないし」

ちょこちょこ自信たっぷりに言うけれど。
なんでそんなに言い切れるんだろう。

「けど、もしとかあるかもしれないじゃないですか」

「ぜえぇぇぇぇぇぇったい、ない。
俺がそれだけ、チーを信じているから」

温かいなにかが、胸一杯に詰まる。
だから私は佑司が――好き、なんだ。

「だから元彼だろうとなんだろうと、男と連絡取ればいいし、ふたりで食事に行ったりしていい。
……たぶん。
俺のチーがほかの男とふたりとか、嫉妬するかもしれないけど。
……ちょっとだけ」

最後の方はごにょごにょとよく聞き取れなかった。
さっきまであんなに自信満々だったのに、ギャップがちょっと可愛い。

「佑司が嫉妬したら面倒くさいですからね。
もう二度とプライベートでは会わない、ごめんなさいって送っときます」

「……うん。
その方が助かる……」

ちょっとだけ佑司は涙目になっている。
都市高を下りて信号で止まったので、ちゅっと急いでその頬に口付けした。

「……なに、いまの」

「佑司が可愛かったから、です」

自分では隠しているつもりなんだろうけど、幻の犬耳はピコピコ跳ねているし、尻尾だってぶんぶん振られているからご機嫌なの丸わかり。
私も顔が熱いから、人のこと言っていられないけど。

駿からは彼氏がいるのに他の男と会うとかやっぱりマズいよな、って返事があった。
わかっているのになんで誘ってきたのかがわからない。
だいたい、会うことに拘ったのに、あやまってきた内容は借りていたCD捨てた、だ。
駿はいったい、なにがしたんだろう。



「チー、安座間さんにラベルの件、了解しましたってメール送っといて。
納品、お待ちしていますって」

「わかりました」

ニャーソンさんの企画は大詰めだ。
商品も決まり、最終調整に入っている。

「えっと。
……ご連絡いただきしましたラベルの件、了解いたしました。
納品をお待ちしております、と」

駿に宛ててメールを送信する。
あれから、駿とは仕事の連絡しか取っていない。
その方がいいし、それが正解だ。

「チー、ちょっと工場へ打ち合わせに行ってくる。
戻りは三時くらい。
あとよろしく」

「はい」

ドアに向かいながら、佑司が振り返る。

「あ、あと、瀬戸レモンさんに納品ありがとうございました、引き続きよろしくお願いしますってメール送っといて」

「はい。
いってらっしゃいませ」

今度こそ佑司は出ていった。
いなくなった途端、そこかしこでくすくすと小さな笑い声が聞こえてくる。

「あのー」

おそるおそる声をかけると、丸島係長と目があった。

「いやー、八木原は京屋部長の、立派な奥さんだなー、と」

「……はい?」

秘書、ならわかる。
なぜに奥さん?

「あの京屋部長がこんなに信頼して仕事任せるの、八木原くらいしかいないぞ?
これはもう、奥さんだからだろ」

いや、なぜにそれで奥さんにしたがるのかわからない。
そしてなぜ、みんなうんうんと頷いているのかもわからない。

「頼んだぞ、奥さん。
あの人、いろいろ大変だからな」

「は、はぁ……」

頼まれるのは嬉しいですが。
奥さんはちょっとね……。


工場での打ち合わせが長引いたのか、佑司が帰ってきたのは少し遅かった。
おかげで、私よりも仕事終わりが遅い。
なので今日も、カフェテリアで彼を待っていた。

「あれ?
駿から入ってる……」

駿からのNYAINなんて、あれのあとから一度もない。
なのになんで?
しかも相談したいことがある、だ。

「無視してもいいかな……」

そう思いつつも画面を開ける。

【ちょっと、相談したいことがあるんだけど】

【例の商品のディスプレイ。
あれもいいと思うんだけど、もっと目立つようにしたいんだよね。
こんなの、どう思う?】

【ぎりぎりだから差し替えできるかわかんないし。
まだ上司には相談してないんだ。
推せるだけ詰めてから出そうと思って。
とりあえず、非公式でいいからメーカーの声聞いてみたくて】

【こんなこと、相談できるのチーしないないんだ。
よろしく】

プライベートラインだけど、仕事の相談だからいいよね。
添付画像のディスプレイプランは以前見せられたレモンイエローのストライプ柄とは違い、夏らしいブルーの敷き紙に白の文字に変わっていた。

「こっちの方がいいかも……」

「なにが?」

突然声が聞こえ、思わず携帯を落としそうになった。

「なにがこっちの方がいいんだ?」

仕事を終えて私を迎えにきた佑司が、前の席に座る。

「その。
非公式で相談、ってことで駿からこんなのが送られてきたんですが……」

そろーっと様子をうかがいながら佑司へ携帯を差し出す。
彼は意外と普通な顔でそれを受け取った。

「ふーん。
前のよりこっちの方がはっきりして、目立つんじゃないか」

「ですよね!」

「……なんか嬉しそうなのがムカつく」

佑司の機嫌が降下していき、慌てて理由を説明する。

「佑司が私と同じ意見なのが嬉しかったんですよ!
駿の案が褒められたからじゃなくて」

「なら、許す」

テーブルの上に置いてある、私が飲んでいたアイスカフェラテのストローを咥え、佑司はずーっと中身を吸った。

「あいつ、センスは悪くないんだな。
……まあ、チーに惚れるあたり、悪くはないんだろうけど」

「はい?」

なんで私に惚れるとセンスが悪くないとかなるのか、ちょっとよく理解できません。

「いいんじゃないかって送ってやれ。
それに決まることを祈ってます、って」

「わかりました」

携帯に指を走らせ、駿に返信を打つ。
前のよりこっちの方がいいこと、佑司もこれがいいって言っていたこと。

「じゃあ、帰るか」

「そうですね」

返信を送り、席を立つ。
家に帰り着いた頃、駿からはそう言ってもらえて嬉しいとだけ返信があった。

「私の赤点恋愛~スパダリ部長は恋愛ベタでした~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く