The hater

とある学園の教師

第12話

私はね、ずっと耐えてきた。
この体が穢されようと、
この艱難辛苦で報われなくても、
ずっと貴方を思って頑張り続けた。


そんな私を見てヴァンクは、
「おお意思固き処女よ。君に授けた力は、本当に救いをもたらすのか?」
と、哀れんだ。
だから、
「うん、だってね。だってね、クローヴェルは私を好きで居てくれたんだ。例え彼が私を殺したと苦しんでいても、ずっと寄り添い続けたいんだ」
って。
健気だね、私。
でもね、悲劇のヒロイン振ってるだけじゃ駄目なの。
頑張らなくちゃって思った。
「助けて」
って言いたかったけど、助けてくれる人なんて居なかったから。
みんな、私の髪を見て逃げてくからね。
鮮血に染った乙女。
まるで、エリザベートのように。
疎まれたよ。
だけど耐えた。
私には貴方が居たからね。
耐えられたんだ。
貴方を思って、想って、懐った。
だから、笑って、嗤って、哂って。
咲ったよ。
アジアンタムが。
天使としての私が。
目覚めた。
本来の姿に。
私はね、天使だったの。
貴方が生まれるずっと前から、あの世界を治める存在として君臨していたの。
だけど、天と大地が私を殺した。
彼らは人間達を恨んでいたからね。
私は人間を愛していたから、真っ先に殺された。
私の歌を聞くことも無く、淡々と八つ裂きにした。
そして、私は人間に堕ちた。
ねぇクローヴェル。
貴方を苦しめた存在の名前なのよ。
ねえ、復讐しないの?
復讐しようよ。
私達が一緒なら、彼らを殺せる。







前のめりになって熱弁するアジアンタ。
「知ってるよ」 
クローヴェルは、ぽつりと答えた。
周りがこちらを見ている。
大地アイーシュツヴァース………神話に出てくる奴らだよな」
「うん、私の敵」
「ああ、俺の敵でもある」
「ふふっ、2人の敵だね」
「笑い事じゃないんだけどなぁ………」
「でも、嬉しいよ」
「え?」
クローヴェルは表情を固めた。
「私達を苦しめた奴らを、私達が懲らしめる。
これって幸せなことじゃない?」
微笑んでいる彼女の言葉が、重い。
圧を感じる。
「いや、あのな………」 
「うん?」
「アイツらを倒したいと言うのなら止めておけ」
耳打ちをする。
「お前には昔程の生気を感じないし、俺もあまり本調子じゃない」
続ける。
「今じゃ無理だ。もっと、長い時を掛けて、アイツらの力を奪い取る」
「でも、私達には時間が無いんだよ」
真剣な眼差しで彼を見る。
「ああ?」
「貴方の復讐心は、諦めと共に摩耗している。これって、死活問題じゃない?」
「…………そうか、お前にはそう見えるか」
「……うん」
「うわぁ…………駄目だなぁ、俺。この程度の決心であの呪いを引き受けたんじゃねぇんだよな」
「呪い、か………」
「うん?」
「あれはね、私からのプレゼントだったんだよ?友人であるゼルスへの、餞別のつもりだったの」
「ゼルス………随分と懐かしい名前だな」
「そうだね、彼、元気にしてる?」
「してると思うよ、何年も声も聞いてないけど」
「ふーん……天国にも居ないし、何してるんだろうね?」
「さぁな………」
「何か知ってるんじゃないの?」
「知らないな」
「へー………」
頬杖をつき、ニヤつくアジアンタ。
「まあ、天と大地の件に関しては知ってたけど、お前が天使だったのは驚きだよ」
「もう少し表情に出しても良いんじゃない?」
「なに、もう既に枯れてる身だ。仕方ないとは思うがね」
「考え方は変わらないけど、言葉遣いは老けたねぇ………」
「そうか?」
「そうだよ。ふふっ」
「お前はよく笑うようになったな」
「そりゃそうだよ、病弱なのは嘘だもんね」
「はぁ?」
「ひ弱な天使とか聞いた事ないでしょうに」
「確かにな………」
「元気だよ、元気。筋肉もついてきたし」
「筋トレにはまってるのか?」
「うん、強くなりたいしね。私、力天使デュナミスだしね」
「嘘つけ」
「ふふ、嘘。本当は天使長よりも偉いよ」
「サンダルフォンとか?」
「うんうん、そうそう」
「名前とかあるの?」
「あるよ!えーと、確かね………そうだ、ヴァルキエル」
「ヴァルキエルゥ?なんか強そうな名前だな」
「えへへ………実は7億8000通りの名前があります………」
「ぶふーーーーーーっっっ!!!」
口に含んだコーヒーを吹き出す。
「いや、人のこと笑えねぇけど、流石に変え過ぎだろ」
「そうだねぇ………飽きっぽいから」
「それでも、だ」
「気に入る名前が無かったんだ。ディーヴァも、アジアンタも」
「じゃあ、俺が名付けようか」
「え?」
テスク歌姫、とかウォラミー天真爛漫とか」
「うーん…………」 
「じゃあ、ワーフェア欺瞞
「急に物騒だね」
「えー、トリュオーン角笛は?」
「いかつい」
「はぁ………じゃあタルミフ純真
「無理してつけなくていいよ?」
「あ?良いんだよ、有難く受け取っとけ」
「そういう自己中心的なところは変わらないね」
「変わっちゃいけないからな。ヌミフェ白桃
「微妙」
オルフィー越天使
「良いね」
「あ?マジで?」
「カッコ可愛いじゃん?」
「そうだなぁ、少し弄ってオルフィムトラとかな」
「良いね!」
「次は苗字だな…………」
「そうだね」
「どうしようか………」
「クローヴェルは苗字何?」
「本名?今の名前?」
「今の名前は知ってるよ、本名。忘れちゃった」
「はぁ?………クローヴェル・デウスァート」
「じゃあオルフィムトラ・デウスァートだね!」
「なんで?」
「なんでって、卒業した後のことも考えなきゃ」
「ふむ?」
「卒業したら、結婚しよ。クローヴェル」
「うぇ?」
口からコーヒーを零して、彼は叫んだ。
「えええええええええええええ!?!?!?!?」

「The hater 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く