転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

48話 歓迎

「移動魔方陣は、村の中にあったんですね」


 まだ、顔は赤いままだったが、ソレイユはようやく顔を上げて、オレたちを取り囲む妖精たちに目をやる。


「……いや、もしかしたら村ごと移動してきたんじゃね?」


 オレの言葉にソレイユの肩に腰かけたシャーロが拍手をする。


「さすが元植物部監視課! わかってるじゃん、ダイチ!」


 キョトンとしているソレイユに、オレは推測混じりの説明をする。


「迷いの森の植物は、ほとんどが自分で移動できるんだよ。
 たいていの場合は同じ所でじっとしているらしいけどな。
 ここからは、オレの推測だけど、大森林が構成されているだけあって、ここら辺の気候や土壌は、植物さんにはありがたい場所だ。だから、植物自体に生まれた場所から動くメリットはほぼないんじゃないかな? 
 だから、植物が移動する時は、別の意思が介入してるんじゃないか? 例えば妖精……とかな」

「うん! ダイチ、ほぼせいか〜い♪
 あたしら妖精てのはね。力の塊である精霊の加護を受けて生きてるわけ。
 水、風、土、光なんかのね。それらの力を、植物さんたちの為に使ったりしてあげる替わりに、あたしたちに害を与えそうな相手から、身を隠す手伝いをしてもらってるって訳よ。
 他にも、本当に迷い混んじゃっただけの子を出口に誘導したりなんかもしてるね。
 そういうのをみんなに移動してもらって、やってるの!」

「それが、迷いの森の正体……ということですか」

「そういうこと。霧なんかは精霊の力を借りてだけどね」


 目を丸くするソレイユに、シャーロが自慢気に頷いてみせ、スッと立ち上がる。

「さぁ、みんな! あたしたち妖精の村の記念すべき、9番目と10番目のお客様。ダイチとソレイユだよ!」


 シャーロの掛け声に応え、先程以上の歓声が、村中を埋め尽くす。


「「「「「ダーイーチ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」


 大漢字ふりがなおお! なんか、すごい歓迎してくれてる! 正直嬉しい!


「「「「「ダーイ・・・」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」


 ん?


「「「「「ダ・・・・・・」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」


 え?


「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」
「「「「「ソーレイユ!!!!!」」」」」

「いや! もうちょっと、オレも歓迎しろよ‼」


 思わず叫ぶオレの周りを、沢山の妖精たちが笑いながら飛び回り、シャーロにいたっては、空中で腹を抱えて笑っている。
 ……しまった。担がれた。


「アハハ! ゴメン、ダイチ♪ 怒んないでよ。
 あたしたち妖精にとって、イタズラってのはさ、噂話と同じくらい好物なのよん♪」

「ぬぅ~」


 シャーロが満足気に、オレの肩にとまってニコニコしやがる。


「いや〜、ダイチはイタズラしがいがある魂で良かったよ。
 ノラちゃんとこの記者さんたちは、冥界暮らしが長いからか、反応がいまいちの時も多くて。
 それでもましだとは聞いてるんだけどさ。
 やっぱり現界を忘れてない魂は、格別だよね」


 誉められてんだか、馬鹿にされてんだかわかんなくて、ムスッとしてると、ソレイユが完璧な乙女の微笑を俺に向けてくる。


「それは、ダイチさんの素敵なところです。
 私たちの、どんな言動に対しても、全力で応えてくれます。
 真剣にだったり、冗談であったり、よく分からない不思議対応だったりもしますし、手加減してほしいなって思うときもあります。
 けれど、やっぱり、嬉しいです。
 この人は正面から、真っ直ぐにぶつかって来てくれる。私を見てくれてる。私を受け止めてくれる。
 私の心が、魂が寂しくならないように、守ってくれてるって。
 そう信じることができるから……」


 静まりかえった。
 あれだけ騒がしかった妖精たちが、ソレイユが語り終えると同時に、ピタリと騒ぐのを止めた。
 シャーロでさえ、オレの肩で黙って目を見開いている。
 これまでとのあまりの違いに、ソレイユがオロオロし始める。


「あ、あれ? 私、なにかマズイこと言いました⁉」


 可愛い♪ 
 男だと思ってた時も、ドキドキさせられたことはあった。
 あくまで、ほんの少しだけだ!
 だがしかし‼ オレの物語BL突入の危機を回避した今!
 声を大にして言いたい!
 ソレイユは可愛い♪ 
 なに銀髪ショートって? 反則じゃね? まさしくファンタジー♪

 そんなオレの気持ちを代弁するかのように、超大歓声が静寂を破った。


「ソレイユ、カワイイ!!」
「ラブラブ〜♪」
「ダイチ、愛されてる〜!!」
「ソレイユちゃん、こっち向いてー!」
「チューしろーっ!!」

「「「「「 !!!!! 」」」」」


 一番最後のシャーロの発言に、全ての妖精が反応した。
 耳をつんざくチューチューコール!


「「「チューしろーっ!!!」」」
「「「おでこにチュ!!!」」」
「「「ほっぺにチュ!!!」」」
「「「「「チュー、チュー、チュー!」」」」」


 オレは、みんなの言動に全力で応える男、ダイチ!!

 目をつむり、あえてコールになかった唇を突きだす。

 ソレイユの泣きそうな声が、オレの耳を打つ。


「む、無理に決まってるじゃないですか!
 みんなの前でなんて、恥ずかしすぎますよ!」


 ……後で、二人きりになったら、頼んでみよう。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く