転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

47話 乙女

『迷いの森』

 マタイラ現界南東、正方形のような形のメリーヴァズ大陸中央部に位置する、世界樹を中心とする大森林。その一画にある噂好きの妖精たちが住まう森。
 霧深いこの地域では、常に誰かの話し声がするという。
 道を進んでみても、森を抜けることはない。
 声を頼りに進めば、2度と戻ることは叶わない。


「本当に、ここで待っていれば良いんですか?」


 オレの服の裾を掴んでいるソレイユが不安そうに尋ねてくる。


「ああ。特殊インクで手に描いてもらったこの魔方陣さえあれば、向こうが勝手に見つけてくれるってさ。
 つうか、この霧の中でこの森を歩いたら、帰れなくなるぞ。
 しっかりと掴んでろよ。はぐれたら笑えないぞ」


 ラヴァーさんから、プロポーズを受けた翌日、オレは休日であることを利用し、ソレイユを連れて冥界新聞社の転移魔方陣から、現界の迷いの森へと移動し、妖精姫シャーロに会いに来ていた。
 もちろん、本人には事前連絡はしてある。
 飛んできた転移魔方陣は森の中にあるうえに、周囲は霧だらけで、移動をするのは危険だ。ここで大人しくしている他はない。
 シャーロも、迎えに行くから、待っててと言っていたから、それがベストだろう。



「は、はい。でも、良いんですか? 役所の仕事でもないのに、現界に来ても?」

「大丈夫よ。今のあたしたちは、冥界新聞社の臨時社員だもの。転生役所なんてくそ喰らえよ! 
 さぁ、掴むわよ!! 最高のスクープを!」

「……あー、ソレイユ君。とりあえず、オレの顔に張りついてるコレを叩き落としてくれるかね」

「はい。わかりました」

「ふぎゃ!」

 オレの指示に素直に従ったソレイユによって、地面に叩きつけられたシャーロの背中をオレは容赦なく踏みつける。

「おはよう。シャーロ君。
 相手と出会ったら、まずは挨拶からではないかね。
 それともなにかね? 君ら妖精の挨拶は、相手の顔に張りつくことだとでも言うのかね⁉」 


 アイシス仕込みの挨拶徹底戦略を敢行してやる。


「ごめんなさい! ごめんなさい! おはようございますーっ。たぶんもうしませんから、許してください!」

「良いだろう。お前が絶対にと言ったところで、改善できるとは思わないからな。今日のところは、これで勘弁してやろう。
 次に同じ事をしたらなにをされるか、楽しみにしておけ」


 オレの足から解放されたシャーロは、フワリと浮いてソレイユの肩に乗った。


「アタシ、今日からメモを取る習慣をつけるわ」

「それがいいと思いますよ」


 げんなりして言うシャーロに、ソレイユは苦笑で応じる。


「初めまして。ソレイユと言います。
 貴女が迷いの森の妖精姫シャーロ様ですね」

「そうよ! 仲良くしてねっつーか、仲良くしろ!」


 肩の上で、偉そうにしているシャーロを、ソレイユは微笑ましそうに眺めている。


「でも、ダイチひどい。あたしを騙すなんて」


 シャーロがソレイユの肩で立ったまま、小さな頬を膨らませる。


「は? オレがいつお前を騙したよ?」

「だって! 通話でソレイユは男だって言ってた!
 こんなに綺麗な女の子なのに!」


 ああ。まあ見間違えるよな。初めて会えば。


「気持ちはわかるが、そいつは王子様だったんだよ」

「知ってるわよ、そんなの。ハイエルフに、ソレイユ王子ってのが、あんたらの預言の日に生まれたらしいって噂流したの、あたし達だし。
 でも、こうして会ったら、魂は女の子じゃん」

「へ?」


 驚いて、ソレイユを見る。ソレイユが目を逸らす。
 シャーロはソレイユの肩から飛び立ち、オレの足下に飛んでくると、ズボンの左足の裾から中に入り込んできた。


「ウヒャヒャヒャヒャヒャ! こ、こら! やめろ! くすぐったい!」


 魔方陣の影響で仮体の感覚が、現界の肉体と変わらない状態になっている。懐かしい感覚だ。
 あっ! シャーロの奴! 股間まで上がって来やがった!


「おっふぉう」


 久しぶりの愚息への刺激に、思わず変な声をあげてしまう。
 シャーロは、腰の引けたオレの右足の裾から出ていく。


「てめぇっ!」


 怒りをあらわにするオレを完全にスルーし、今度はソレイユの左足の裾に入り込む。


「ダ、ダメッ!」


 ソレイユが慌てて太ももの付け根辺りを押さえるが、シャーロは巧みにお尻側に回り込み、お尻の穴の辺りからなぞるように
 正面に移動する。


「アッ! アン! ダメェ〜!」


 ……ソレイユさんがあまりに色っぽく、オレの愚息が反応する。
 シャーロを応援する言葉が、喉元までせりあがってきたが、音になる前に、なんとか呑み込んだ。


「ほら! やっぱり嘘だった!」


 ソレイユの右足の裾から飛び出したシャーロが、開口一番そう言った。


「大きなモノはおろか、ダイチみたいな粗末なモノさえないよ!」


 オレのは粗末じゃない。
 ただ、そんなことよりも大事なことがある。


「えっと、ソレイユさん。説明をお願いしても?」


 ソレイユは顔を赤くしたまま、俯いてしまった。
 代わりにシャーロがオレをなだめにかかる。


「まあ、まあ。痴話喧嘩の続きは、広場でお願い。
 みんな楽しみにしてるから‼」

「おばちゃんの集まりか!」


 相変わらず、人の話を聞かないシャーロが、天高く人差し指を掲げる。
 指から暖かな光が広がり、周囲から霧を押し退けていく。

 霧が晴れた時、そこはもう、切り開かれた村の中だった。
 周囲から沸き上がる歓声が、オレたちを出迎えた。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く