転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

25話 お見舞い

 オレはすでに、商店街を端から端まで3往復程していた。
 生前、静かに生きる為の最低限の生活しかしてこなかったオレにとって、病気で休んでいる同僚の見舞いというものは、存外レベルが高かった。
 見舞い品として何が良いか?
 各店舗を覗いてまわるが、決断することができず、これから4往復目だ。
 恋人への初めての誕生日プレゼントみたいな、今後を左右する重要イベントでもあるまいに、なにを悩んでいるのだろうと自分でも思う。
 だが、どうせなら喜ばれたいじゃないか。笑顔が見たいじゃないか。
 オレよりも背が高く、スポーツ選手を思わせる引き締まった仮体を持つアイシス。
 真面目で自他共に厳しく、そして凛々しく……そんなアイシスが、たまに見せる、困ったり照れたりした時の仕草。ギャップ萌えなんて言葉を越えるギャップ神だ。
 しかも、黒髪ショート! これはなんとしても喜ばせたい。恥ずかしがらせたい!

 ……いかん。脱線し始めた。今回は見舞いだ。無難にいこう。無難に。

 だが、魂魄不調……これの無難な見舞い品ってなんだ?
 休んで回復するタイプの病なら、暇潰しになるような物とか栄養になりそうな物なのだろうが、魂魄不調はある意味精神の病に近いんだろ。心労的な。これに暇潰しの道具はどうだろうか? 食料はなしだな。そもそも食べなくても存在できる訳だし。
 そうなると、気分転換になるような物か……。そうなると食べ物がまた浮上するな。アイシスが、マーシャみたく食べることが好きだったら、元気になるかもしれない。あれ、暇つぶしも気分転換になるんじゃね?
 だぁーーーっ! なんでもありじゃねえか!

 弱ったな。考えたらオレは、アイシスの私的な事をほとんど知らない。せいぜい、可愛い照れ屋さんということくらいだ。
 マーシャに、何が良いか聞いとくんだったな。さすがにもう仕事が忙しくなっている頃だろうから、連絡するのは気が引ける。

 もっとも、悩んだところでたいした物が買える訳じゃないんだよな。初任給まだだし。オレが今持っている冥界通貨は生活を整える為に、マーシャに渡された支度金の一部だ。
 ンボさんのアドバイスに従い、色々と快適生活グッズを揃えたから、そんなに残っている訳じゃない。そんなオレが買えて、尚且つアイシスの気分転換に役立ちそうな物か……。
 このまま悩んでいたら、最終的に商店街10往復を越えて夜になりかねない。オレは覚悟と期待を胸に、一軒の可愛いらしい小物を扱う店に入った。

 1時間後、恋人へのプレゼント風に、可愛らしくラッピングされた見舞い品を小脇に抱え、景観ぶち壊しの高層マンションの前に立っていた。
 エントランスに入ると、オートロック式の自動ドアがオレの前に立ちはだかった。
 前から思っていたが、冥界は文化が無茶苦茶だな。
 書類関係はほとんど手書きな癖に、モニター室はやたら高度だし……。
 稼働中の防犯カメラの視線を意識しつつ、オレは部屋番号入力式のインターホンに指を伸ばす。というか、事件がほとんど起きない冥界で、ここまでのセキュリティは必要なんだろうか? オレの部屋はシリンダー錠1個だぞ。絶対に匠の自己満足入ってるだろ、コレ。
 ……気にするのはやめよう。冥界の魂は趣味にはしらないと消滅してしまうんだと割りきろう。
 入力装置で1804と入力し、インターホンを押す。
 さすがにニホンと違い、普通に『4』が部屋番号に使われている。
 調子が悪いのだから、寝ているかなとも思ったが、アイシスはすぐさまインターホンに出た。


「ダ、ダ、ダ、ダイチ!? どうしたんだ!? こんなところに!?」


 そうか。カメラにオレの姿が映ってるのか。
 声を聞く限り、重症という感じではない。とりあえずは安心だ。


「お休みのところすいません、アイシスさん。急に仕事が休みになりまして。アイシスさんが調子を崩されていると、マーシャ様にお聞きして参りました」

「そ、そうか。済まないな。今、役所の方がゴタゴタしているのは聞いているのだが……」


 しまった。仕事の事を気にさせてどうする。


「大丈夫です。こういう時は助け合いです。今はゆっくり休んで、調子が戻ったら、誰かが体調を崩した時に、その人の分まで頑張ってあげればいいんですよ」

「……そうか? いや、そうだな。ダイチの言うとおりだ。今は一日も早く受け入れるしかないな」


 受け入れる?


「ダイチ、今日はわざわざ来てくれてありがと。一日も早く出勤で――――――――――」

「待って下さい! お見舞いの品を持参しましたので、コレだけでも受け取って頂けませんか?」


 このまま帰る的な流れになったので、慌てて口を挟んだ。


「え? そんな物まで用意してくれていたのか? う〜、しかし、まだ心の準備が……」


 オレは、持ってきた見舞い品をカメラに映る位置に持ち上げ、黙ってアイシスの決断を待つ。


「……ダイチ、笑わないか?」

「は?」

「いや、いま変な格好になっててな。……私を見ても、笑わないと約束してくれるか?」

 へ、変な格好だと⁉  是非見たい!
 あられもないアイシスの姿を想像し、出るはずのない鼻血が出そうな錯覚に襲われる。


「絶対に笑いません!!!」


 喜ぶだけです。


「そ、そうか。なにか妙に気合いが入っている気がするが……。今、開けるから。入って右に転移陣があるから」


 インターホンの通話が切れるとすぐに自動ドアが開いた。
 転移陣を使い18階に移動する。
 いや、ホント転移魔法陣ラクチンだな。

 他の階がどうなっているかは知らないが、18階は部屋の数が4部屋しかないのに、廊下がやたら長かった。外観も大きかったからひと部屋ひと部屋が広いということか。さすが高級マンション。
 4号室は、転移陣から見て、一番奥だった。ワクワクしながら、インターホンを押す。

「は、は〜い」


 躊躇い気味の返事がして、ドアが開く。

 そこにいたのは間違いなく、アイシスのようだった。
 着ているのは、ジャージ。役所ではスーツだったから、ラフではある。だが変な格好とまではいかない。
 が、明らかにこれまでと異なるところがあった。


「あのー、アイシスさん。……なんか、若返ってません?」

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く