転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

5話 世間話

「「お疲れ~」」


 オレは黒いおっさんことンボドロゴさん、通称「ンボさん」とグラスを交わす。
 ンボさんに勧められるまま、マタイラの定番の酒『シュポカ』を飲む。チキュウのウイスキーっぽい。結構強い酒のようだが、冥界の身体はアルコールで体調を崩すことはなく、気分を高揚させるだけとのことなので、安心して飲める。
 仮初めの身体の為、精神的というか魂的な病気しか冥界にはない。  
 ンボさんが、マーシャ様の前で冷や汗をダラダラ流し続けていたのは、現界の身体よりも仮体の方が、考えたこと思ったことがストレートに反映されるからだ。
 オレの仮体が、生前の時の姿とほぼ変わらないのも、魂に記憶が刻まれていたからだろう。記憶は海馬だけに残る訳じゃないってことだ。


「ダイちゃん、こっちの生活はどう?
 冥界の生活は現界の影響を受けてるからさ。ダイちゃんの前居たとこ、チキュウって言ったっけ? そことはだいぶ違うんじゃない?」

「いや、そうでもないよ。発達してるのが、魔法か科学かの違いだけで、それほど違和感ないよ。今のところ困ってることもないし。部屋に風呂あるし、トイレ水洗だし」

「そう? それなら良かった。でも、なんか困ったことあったら言ってね。できる限りのことはするからさ」

「ありがとう。なんか悪いね。部屋の準備とかも全部やってもらってるのに……」

「いいの、いいの。そもそもダイちゃんが転生できずに、ここで生活することになったのは、おいらが待たせてるの忘れちゃってたからなんだからさ」

「……それは言わない約束だよ、ンボさん」

「……ダイちゃん」


 互いに口元に笑みを浮かべ、カチリとグラスを合わせる。
 こういう男同士の友情を恥ずかしげもなく表現しあえる関係に憧れてたのでかなり嬉しい。
 生前に同じことやろうとしたら、空気が寒くなること間違いない。


「でも仕事はたいへんなんじゃない?
 マーシャ様の懐刀の5人秘書の監視付きって聞いたよ」

「へ? プルルさんのこと? 監視じゃなくて補佐だよ。親切に仕事教えてもらってるよ。たまにしか来てもらえないけど……」

「そうなの? いや、おいらは役所のしたっぱだから、事実かどうかはわかんないけど、運営省から流れてきた噂じゃ、強権振るってて恐れられてるらしいよ。転生界だけじゃなくて、冥界全体に顔が利く連中だって。本当かどうか知らないけど。
 えーと、確かこんな風に呼ばれてたはずだよ。
 非効率潰しのレイラ。
 経費削減の鬼ラヴァー。
 窓際叩きのチェリー。
 口だけ殺しのアイシス。
 休日返しのプルル」

「休日返し?」

「ああ。いや、もちろん休日返上して働けって言って来るとかじゃないよ。なんでも、巧妙に相手のやる気とか、危機感を煽って、自ら休日を返上させて頑張らせるんだってさ。噂が本当なら、本人が自主的にやってると思うように誘導してるんだから、一番たちが悪いかもね」

「……」


 え? いや違うよね! オレ誘導されてないよね? 
 うん、違う。
 休みに図書館に行くのは仕事じゃないし。
 知識を得ようと思ったのは、純粋な下心だし!


「ハッハッハッ! 心配はいらないよ? ンボ君。ボクの休日はボクの夢のためだけに使う予定さ!」

「そ、そう。なんだか疑問形があった気もするけど、ダイちゃんがそう言うなら大丈夫だね。安心したよ。おいら仕事方面は絶対力になれない自信あるからさ」


 面倒な相談がなくて良かったと、あからさまにほっとしている。
 ンボさんのそんな正直なところが大好きさ!

 オレはこの日、閉店時刻までンボさんとの交流を楽しんだ。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く