転生しているヒマはねぇ!

地辻夜行

1話 転生界

「あれ? 君、ここで何してんの?」
  

 いやいやいや、ここで待ってろって言ったのはあんただぞ!
 言葉を話せない状態のオレは、文句を魂を大きく揺らすことでアピールする。

 掃除道具を手に部屋に入って来た、2本の角を額から生やした黒い肌のおっさんは、どうやらオレの言いたい事を理解したらしく、あれ? といった感じで首を傾げた。


 もうどれくらい前のことになるのか忘れたが、チキュウという世界のニホンという国で、当たり障りのない生き方を30年以上続けていたオレは、事故に巻き込まれ、あっけなく死んだ。
 魂だけの存在となったオレは、気がつけば転生界と呼ばれる場所にたどり着いていた。
 オレの周りには、オレと同じように魂となった連中がゆらゆら揺れていた。なんでこんなところにいるのか戸惑うオレたちの前に現れたのは、黒いスーツに身を包んだ赤鬼だった。
 赤鬼の説明によると、この世からあの世にたどり着いた生物の魂は、本来であればこの世でいう裁判所のような所に行き、天国行きか地獄行きかを決定するらしいのだが、あの世にたどり着く魂の量が裁判所のキャパを大幅にオーバーしているため、事前調査でたいした善行も、たいした悪事もしていないほとんどの魂は、この転生界で、来世の順番待ちをさせることになっているらしい。
  
 全体説明が終わると、赤鬼は個別にあっち行けこっち行けと指示をだし、やがてオレの前まで来ると、


「ああ、君は違う世界を担当してる転生界に、トレードで行くことになっているから。あそこに大きな門が並んでるだろ。あの中の上に36番て書かれている門をくぐってくれ。くぐった先にあっちの転生界の担当者がいるから指示に従って」


 なんでも、同じ世界でだけ魂の転生を繰り返すと、世界が一方向に突き進んで破滅したり、停滞して淀んだりと悪影響を及ぼすことが多々あるらしい。そこで、各転生界間で定期的に魂をトレードし転生させることで、異世界の思想や文化が入り込み世界に変革をもたらすとのことだった。まさか、学生の頃に小説で読んだ異世界への転生を、自分で体験できるとは思わなかったので、かなりウキウキしながら、オレは門をくぐった。
 くぐった先の転生界でオレを待っていたのが、今オレの前で首を傾げているおっさんだ。おっさんはオレに、オレの転生先の担当部署でトラブルがあり、担当者がすぐに来れないので、この転生界の役所内にあるこの部屋で待つようにと言ったのだ。

  この世の建物とは材質が違うらしく、魂だけの存在でも壁をすり抜けることができない。体を失った今、扉を閉められてしまっては、文字通り手も足も出なかった。見ると聞く(実際には見てる訳でも聞こえている訳でもなく、そう感じてるだけみたいだが・・・以外はできないので、人? を呼ぶこともできず、オレはこの部屋でただ待つことしかできなかった。


「……うーん、おかしいな。数が足りなかったなんて話は聞いてないけどなぁ。ちょっと、待っててな」


  オレは再び、ひとり取り残されたが、おっさんは今度はすぐに戻って来た。その手には分厚い紙の束があった。おっさんはその紙束とオレとを何度も見比べる。


「うーん、いつ来たのかなぁ? まぁ、ここにいたってことは、色も形も変わってないんだろうけど」


  正直なところ、自分でもどれくらいここで待たされたのかわからない。この部屋に時計はない。腹は減らないし、眠くもならないので、時間の感覚が鈍くなってる。ただ、相当な時間が経過してるのは間違いないと思う。別に辛くはなかったが……。


「あ、これかな。色と大きさは同じだよね。えーと、出身世界はチキュウで、こっちに来たのは……!」

  
 黒いおっさんの顔がみるまに青くなっていく。


「申し訳ない‼」

  
 それは見事な土下座だった。

「転生しているヒマはねぇ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く