世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

特別篇カズトのアルバイト…下

 
 次の日。


「お兄ちゃん。はい、これ」


「あぁ。ありがとう美姫。じやぁ行って来るよ」


「ナナちゃんも、頑張ってね」


「は、はい!が、頑張ります」


 今日は朝からナナと、派遣のバイトをする事になった。


 昨日その事を美姫に伝えると、ナナちゃん一人で大丈夫?という声があがったので、自分がフォローするから大丈夫だと伝えてあった。


 昨日好機と思ったのは、この事である。
 これなら、美姫が何でバイトをするのか?もしかしてお金がないのか?などという事を、疑問に思う事もないだろう。


「じゃぁ、行ってくるよ」


「い、行ってきます!」


 アリス達の見送りがないという事は、まだ寝ているのだろうと、そんな事を考えながら、美姫から受け取った弁当を手に、カズトは玄関のドアを開けた。


「行ってらっしゃい!あ、あ、アナタ…キャー」


 行ってらっしゃいの後に、美姫が何かを言ったような気がしたナナは、何て言ったのかを聞こうと、玄関から後ろを振り返った。


「ひ、ひぃぃ!?」


 美姫の後ろの扉の隙間から、青い瞳だけがこちらを見ている事に気づくナナ。その青い瞳は、とても直視出来ないほどの殺気を放っている。


 勢いよく飛び出していくナナを不思議に思いながら、美姫は手を振って見送るのであった。


 ーーーーーーーー


「カズトさん。今日は何をするんですか?」


「今日は駅前で、ティッシュを配る仕事だ」


 今日の仕事は駅前で、ポケットティッシュを配りながら会社をアピールする仕事である。


「アピール…ですか?」


「そうだ。例えば、新しく武器屋を作ったとしよう。武器屋を作りましたよーと、皆んなに教えてあげる仕事…と言った方が分かりやすいかな?」


 ナナに分かり易く説明する為に、敢えて向こうの世界にある物で例えるカズト。


「アピールしなくても、人は来るんじゃないですか?」


 冒険者にとって武器屋は、重要なお店の一つである。その為、何もしなくてもお客は勝手にやって来ると考えるナナ。


「そうだなぁ…例えば、地下に武器屋を作ったとしたらどうだ?探しても、探しても見つからない。そこで、俺たちがアピールしながら配る。このポケットティッシュがあれば、迷う事なく、武器屋にたどり着けるっていう事だ」


「はぁ…それなら看板が良いと思いますが」


「勿論、看板にもなっている。しかし、看板では気づかない人だっているかもしれない。そういう事さ」


「ちょ、ちょっと待って下さい!じゃ、じゃぁ私は、この格好で配るって事ですか!?」


 白いワンピースに麦わら帽子。
 麦わら帽子には向日葵が付いていて、おさげ髪のナナに非常に、似合っている格好である。


「いや、多分専用の制服があるだろう」


「ほ…良かったです。そういえば、美姫さんからこの服を着させてもらった時に、身体中にを塗られたんですが、アレは何ですか?ベタベタします」


「…ナナ。あまり、だな。そ、その、人前で白い液体とか、そういう事を言うのはやめろ」


「え?何でですか?」


 可愛らしく、きょとんとするナナ。


「い、いいから覚えておけ。それからさっきの質問は日焼け止めの事だ」


 顔を赤くしながら、日焼け止めについて説明しだしたカズトを、不思議に思うナナであった。


 ーーーーーーーーーー


「カラオケ屋ガンガンです。宜しければどうぞ」


 爽やかな笑顔で、爽やかな声で、カズトは歩いて行く人に声をかける。
 カズトに声をかけられたは、ティッシュを受け取って立ち止まると、何故かカズトに話しかけて行く。


「カ、カラオケ屋、ガンガンガンです。よ、宜しければ、おつ、おつ、お使い下さい」


 そんなカズトを参考にしながら、ナナもティッシュを配っていた。
 しかし、緊張の所為かカミカミであった。


「う…ま、またダメでした」


 カズトの段ボールの中にあるポケットティッシュは、既に半分は減っている。
 それに比べて、自分の段ボールの中のポケットティッシュは、一つも減っていない。


「が、頑張るのよ、ナナ!」


 挫けそうになる自分に喝を入れ、再度チャレンジするも、やはり受け取って貰えない。
 声をかけても、頭を下げても、何をやっても得られない成果。思わず泣きそうになってしまう。


「大丈夫か?」


 見兼ねて、カズトは声をかけた。
 こんな時に優しくされてしまったら、泣いてしまう…駄目だ。
 ナナは目元を強く擦り、カズトにアドバイスを求めた。


「そうだなぁ…いいかナナ。相手の行動を読むんだ」


「行動…ですか?」


「そうだ。ナナは優秀な魔女だ。魔法を使う場合を思い出してみろ」


 カズトは戦闘に例えて、アドバイスを送る。


「例えば、今歩いているサラリーマンの男性。両手に盾(鞄)と剣(携帯電話)を持っている。そんな人にナナが薬草ティッシュを渡しても受け取れないだろ?」


「た、確かにそうですね」


「それと、すばしっこい相手には、攻撃ティッシュがあたり(あげ)にくい」


「な、ならどうしたらいいのでしょうか?」


 魔法ティッシュをあてる(あげる)には、どうしたらいいのか?
 質問されたカズトは、迷う事なく答えた。


「簡単な事だ。その逆の相手に絞ればいい」


 駅には当然、待ち合わせなのかは分からないが、立ち止まっている人が多い。
 また、全員の両手が、物でふさがっているという状態でもない。


 ならば話しは早い。
 そういう人達に配って回ればいいという事だ。


「大丈夫。ナナならやれるさ」


 ナナの肩に手を置いて、励ますカズト。
 励まされたナナは、自分を鼓舞する為にと気合いを入れ直す。


「わ、わわ我はナナナ、ナナ。最強まま、魔法を操りし魔女なり」


 しかし…カミカミであった。


 ーーーーーーーーーー


 カズトのアドバイスのおかげか、ナナも順調にポケットティッシュを配り終わった。
 二人は事務所へと立ち寄り、給料袋を受け取って家路へと歩いている。


「仕事お疲れ様。どうだった?」


「疲れました…」


 立ちっぱなしに加え、初めてのお仕事という緊張、喋りっぱなしという事もあって、クタクタであった。


「クエストの方が楽に感じられるかもしれないが、クエストはクエストで命を落とす危険や、怪我をする恐れもある」


 クエストの方が楽だと考えているナナを、見透かしたようにかけられる言葉。


「…ですけど、今日の仕事も危険ですよ」


 立ち、歩き、配り、喋りっぱなし。
 5時間でこれだけクタクタになるなど、誰が予想出来ただろうか。


「あはは。まぁそうだろな。しかし、働くっていうのはつまりそういう事だ」


 普段何気なく見ている1ページ。


 その光景の一部に加わるという事は、生半可なものではない。


 カズト自身が、今日身をもって体験した事であった。


「ナナ?」


「は、はい!」


「お金は何に使うんだ?」


 そう尋ねたカズトに対し、ナナは満面の笑みでこう答えた。「内緒です」と。


 何について使うのかを、カズトは知らない。
 しかし、こんな笑顔で言われては、これ以上深入りするわけにはいかないだろう。


 まぁいい。


 たまになら、こうやって働くのも悪くはないかなっとカズトが考えていた。


 昨日までは.…。


「ほらカズト!行くわよ」


「あ、あぁ…」


 元気よく飛び出す幼女の背中を見ながら、カズトは深いため息を吐くのであった。


 続く。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く