世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

特別篇カズトのアルバイト…中

 
 昼休み。


 カズトは用事があるという事で、カズト以外の三人は屋上へと来ていた。


 屋上はよくあるタイプの屋上だ。
 誰が植えたのか分からない花壇があり、飛び降り自殺や落下防止用の大きな金網、入り口から見て、右、正面、左にベンチが置いてあるシンプルな屋上。


 そんな屋上の正面のベンチに腰掛けながら、三人は話し合っていた。


「ねぇ?レイラ。他に何かなかったの?」


「…他にですか?」


 アリスにそう言われ、レイラは昨日の事を思い出す。


「そういえば何かを書きながら、出費がどうのって言ってました」


「しゅ、出費ですか?」


 人差し指をアゴにあて、思い出しながら語るレイラを見ながら、アリスは深いため息を吐いた。


「原因って、それじゃない」


「…どうやらそのようですね」


 どこかトゲのあるレイラを不思議に思いながら、ナナはどうしますか?と、尋ねた。


「出費って事は、何か欲しい剣でも出来たって事でしょ?て事は、お金が欲しいって事よね?」


 何かを買うにはお金が必要である。
 これは、向こうの世界でもこっちの世界でも共通の認識である。


「お金を稼ぐには、モンスターを討伐するか、クエストをこなすか、働いて稼ぐか…ですよね?」


 少し、自身なさげに語るナナを見ながら、レイラはコクリと頷いた。


「この世界では、働くしかないと思います」


「だった・ら!」


 ヨッという掛け声とともに、アリスはベンチからジャンプする。


「アイツの為に、働きましょう」


「そうですね」


「が、頑張ります!!」


 こうして三人は、カズトの為に働く事を決意したのであった。


 ーーーーーーーーーー


 同時刻、図書室にて、カズトは求人雑誌に目を通していた。


 私語厳禁と書かれた張り紙。
 沢山の本が並べてある図書室で、カズトは一冊の本を取ってから席に着いていた。
 本を手に取ったのは、カモフラージュの為であり、仕事を探している事を周りに知られないように、本の隙間に求人雑誌を挟んで見ていた。


(学業もあるし、家の事もある。それに加えてあっちの世界の事もある…か)


 信じられないかもしれないが、カズトは異世界でブラッククリスタルと呼ばれる、黒い宝石を探す旅をしている。


 異世界といっても、よく知っている世界だ。
 何故なら、カズトは一度この世界を旅した事があるのだ。


 勇者テト。
 かつてカズトは、勇者テトとというキャラクターを操作し、守護神ダンや魔法剣士クリフ、そして…戦略兵器レイラというパーティーで、魔王討伐の旅をしていた。


 旅の終わりである魔王を討伐した直後、カズトの人生は大きく変わる事となったのであった。


(となれば…シフト制であるバイトは厳しいか)


 短期バイト募集中!という項目をパラパラとめくるカズト。丁度、その時であった。


「カズトー!!出て来なさい」


 バン!っと大きな音をたてながら、アリスが図書室へとやって来たのだった。


「ア、アリスさん?なな何だか、見られてます、見られてますよ〜」


 後ろには、ナナとレイラの姿もあった。
 思わず、本で顔を隠すカズト。


(な、なんだ?)


 今は忙しい。
 しかし、隠れる必要などあったのかどうかという疑問に、カズトは気づかなかったのであった。


「貴方達!図書室では静かに!」


 図書室を管理しているであろう上級生が、アリス達に注意する。


「なんでよ?」


 注意されたアリスは、静かにしないといけない理由が分からず、理由をたずねた。


「図書室は、静かに本を読む場所だからです」


 上級生の先輩が理由を教えるも、まだ納得出来なかったアリスは、再度質問をする。


「静かにって、本は声に出して読む物でしょ?」


「違います!」


「はん?貴方分かっていないようね」


 アリスは人差し指をたて、偉そうに語り出した。


「この間私は、本を読む時は、元気よく大きな声で読みなさいって教わったわ。貴方もこれを機に、覚えておくといいわ」


 勝ち誇った顔のアリス。
 先輩は、若干、いや、かなり頬をひきつらせながら、アリスに説明した。


「そ、それは、朗読と言ってですね…」


「朗読?違うわよ。走れメロンよ!」


「……………」


 固まる生徒達。
 どうやらアリスは、本のタイトルの事について言われたのだと、勘違いしたようだ。
 すると、後ろに立っていたレイラが口を開いた。


「……走れメロスですが」


「……え?」


『ククク…も、もうダメwww』


 一人が笑い出し、一世に広がる笑いの渦。
 図書室内を、爆笑の嵐が巻き起こった。
 プルプル震え出した上級生は、声を大にして言い放つ。


「ぜ、ぜん、いん…全員、出て行きなさーーい!」


 上級生の怒号と共に、カズト達は図書室を追い出されてしまうのだった。


 ーーーーーーーー


 再び屋上にて、カズトはため息を吐いていた。
 図書室を追い出されてしまった所為で、アルバイトはまだ見つかっていない。


 一応、短期にするか派遣にするかまでを絞り込めたので、全く無駄な時間を過ごした訳ではない。


「いいかアリス。この世界では元気よく学ぶ場所、つまり教室みたいな場所と、静かに集中して学ぶ、図書室みたいな場所があるわけだ」


 先ほどと同じような事があっては困るので、カズトは図書室について説明した。


「ふ、ふん。分かったわよ」


 皆んなから笑われたのが恥ずかしかったのか、アリスの顔は赤いままである。


「それで、何か用があったんじゃないのか?」


 バイト探しをしたい所なのだが、今はこっちを優先するべきだと判断したカズトは、自分を探していた理由を尋ねる事にした。


「…はい。実は私達、仕事を探しているのです」


「……!?な、なんでまた?」


 自分も仕事を探していたという事もあり、激しく動揺するカズト。無論、表情には出さなかった。


「ほ、欲しい物があるからです」


 働く=何かを買う。


 三人は、カズトに聞かれたらこう答えようと、事前に打ち合わせをしていた。


「…何が欲しいんだ?」


 カズトとしても、そう言われてしまっては、断る理由がない。欲しい物を手に入れる為に働きたい。それはとても良い事なので、引き止める口実もない。


 それに、これはカズトにとっても、好機である。


「決まっているじゃない!コレよ」


 女子学生服の胸ポケットから、アリスは一枚のカードを取り出し、カズトにコレを買う為だと宣言する。


「あ、あのな…アリス。一応聞くが、カードが欲しいのか?それとも、が欲しいのか?」


 頬をヒクヒクさせながら、カズトはアリスに尋ねた。


「ゴン◯山!本人よ」


「買えるか!大体、何でお前はゴン◯◯というのにこだわる!!」


 目を輝かせながら答えるアリスに、カズトは即答する。
 アリスの何でよ!?という声を聞きながら、カズトは空を見上げるのであった。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く