世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第四章ニワトリン討伐…下

 
 水中から戻ったアリスの話しを聞いたカズトであったが、全く持って分からなかった。
 水中でジェスチャーゲームをしている場合か!と、怒りたい衝動を抑えるカズト。


 今は戦闘中であり、強敵である。


「…話しせっきょうは後だ。アリスは隣、レイラは少し離れてくれ。ナナ!」


「ハ、ハイ!?」


 何故かしょんぼりしているレイラを無視し、カズトはナナを呼ぶ。


「いい感じだ!その調子で頼む」


 洞窟が崩れないように調整された魔法であり、敵にダメージを充分与えられるほどの威力でもあった。


「はい!エヘ、エヘヘ」


 嬉しいという事を隠そうともせず、ナナは照れくさそうに笑う。ナナも後で説教だな、と、心に誓うカズトは、殺気じみた視線を感じる。


 その殺気はニワトリンからではなく、アリスとレイラからであった。


「ちょっとアンタ!?私も褒めなさいよ」


 ビシッと指を向けるアリス。


「…褒められるような事したのか?」


 それを冷たくあしらうカズト。


「洞窟内を見た後くしゃみをした所為で、ニワトリンには気づかれるわ、独断専行で走り出したかと思えば、特に何もしていないだろう」


「ぐぬぬぬぬ」


 悔しそうに歯ぎしりするアリス。
 言い返そうにも、言い返す言葉が見つからない。


「…テト」


 すると、レイラがグイッと一歩前に出る。といっても、少し離れた所からで、その表情から、私は?と言っているのは明らかであった。


(…ったく、戦闘中だっていうのに)


 ため息を吐きたい衝動を抑え、レイラにも声をかけた。


「アリスを庇った行動は流石レイラだ。この調子で頼むぞ」


 実際、レイラの機転が無ければ、アリスは爆発に巻き込まれていたかもしれない。
 そうなった場合、魔法を発動したナナに、トラウマを植え付けてしまう結果になっただろう。


 アリスが倒れ、ナナが魔法を発動出来なくなった場合、カズト達は全滅していたに違いない。
 そう考えたカズトは、レイラを素直に褒めた。


「……はぃ。頑張ります」


 嬉しそうに微笑んだレイラを見たカズトは、ニワトリンの方へと顔を向ける。
 もくもくと白い煙が無くなると、そこには、鬼の形相をしたニワトリンが立っていた。


「来るぞ!?」


 身構えるカズトは三人に、注意するようにと呼び掛けた。


「……!?」


 突然目の前に現れたニワトリンに驚くアリス。
 初心者冒険者であったならば、そのまま死んでしまっていたかもしれない。


「…クソ」


 振り挙げられる下からのアッパースイングをアリスは、瞬時に身体をグルッと回転させる事で回避する。


「…アルファーだったか?」


 ニワトリンはそう呟くと身体をグルッと回転させ、下から振り挙げた右手をそのまま再度下から振り挙げる。


「まさか…火炎狩りアルファーの応用なのか…アリス!?」


 先ほど見た技を、そっくりそのままお返しをするニワトリンの技量に驚くカズト。
 まともにくらえば、いくらアリスといえどマズイ事になる。


 まともにくらえば…の、話しだ。


「フン。ヘルズナックル」


 グルッと回転したアリスは、そのまま右手を相手の顔面目掛け、繰り出した。


 下から上へと突き挙げる拳と、フィギュアスケーターみたいに華麗にターンしながら繰り出すアリスの裏拳。


 必然、アリスの拳の方が早くあたった。


「す、すごい…」


 遠くから見ていたナナは、思わずそう呟いた。
 カズトの隣を過ぎ去り、一瞬にして間合いを詰めたニワトリンに対し、注意するよう呼び掛けようとした時には、アリスは既に裏拳を繰り出していた。


 すごいとしか、言いようがなかった。


「…立ちなさい。そして、理由を教えなさい」


 右手を腰にあて、ガラガラと崩れ落ちる瓦礫を見ながら、アリスはニワトリンに話し掛けていた。


「貴方が魔王軍の幹部だと言うのであれば、お父様、いえ、魔王サタンの部下だったって事よね?なぜ、こんな事になっているのよ」


 こんな事をしているのか?ではなく、こんな事になっているのかと、アリスは尋ねた。
 こんな事をしているのかなど、聞いた所でもう遅い。事は既に始まっているのだから。
 ならば、なぜ、こうなったのかを聞くのが普通だろうとアリスは考えた。


「我が魔王軍の目的は、人々の負の感情を吸収する事にあったはず。確かに、吸収するだけが全てではないわ。適度に与える事だって必要とされている…けど」


 アリスはそこで一旦言葉を切った。
 歯ぎしりする、苦虫を噛み潰したような、そんな表情でアリスは訴えた。


「これは違うわ!これは、人々に恐怖を与えるもの何かじゃない!人々をただ困らせているだけじゃない!!」


 街の人々からタマゴを奪う。
 タマゴの収穫に来た人ならば、最初は恐怖しただろう。しかし、繰り返せば人々はタマゴの収穫を諦め、洞窟に来なくなる。


 それでは意味がないじゃないか。
 確かに、無意味ではない。
 タマゴ料理が食べれないという不満はでる。


 不満=負。


 しかし、それが当たり前になった場合、不満は無くなる。アリスが納得出来ないのは、その一点だけであった。


「魔王になりたいと思う人は沢山いるわ。だから、アンタが魔王になりたいと言う気持ちが、嘘か本当かなどどうでもいい」


 睨み殺すようなそんな表情を浮かべ、アリスは構えた。その瞳が、金色から赤く染まっていく。


「魔王になって、人々を困らせるだけだって言うのであれば、この地位は譲ってあげられないわ」


 アリスの思い、三人は何も言えないでいた。


 特に、レイラとカズトは複雑であった。
 魔王討伐の為に、旅をしてきたレイラ。
 魔王は悪いヤツだからという理由だけで、魔王を討伐したのは、自分達である。


 また、それを操作していたのはカズトである。


 もしかしたら、何か間違えてしまったのだろうか。いや、間違えてしまったのだろうな…俺は…。


 魔王とは?勇者とは?


 それはあくまで、勝手なイメージだけがそうさせているだけなのではないだろうか。


 勇者=いいヤツ。


 魔王=悪いヤツ。


 一体それは、誰が決めた事だと言うのだ。


 そんな、回答なき疑問に頭をよぎらせていると、ニワトリンがゆっくりと立ち上がり、おもむろにに口を開くのであった。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く