世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第四章 ニワトリン討伐…上

 
『主な登場人物』


 ・輝基 和斗てるもとかずと・・・本作品の主人公。ゲームをクリアーしたのだが、アリスの魔法により異世界にワープする事になった。
 ・アリス・・・勇者軍に倒された魔王サタンの娘であり、現魔王軍を率いる女王である。勇者軍に奪われたブラッククリスタルを取り戻す為、カズトを召喚したが、クリフに力を奪われてしまう。
 ・レイラ・・・勇者軍の1人。レイラについたあだ名は戦略兵器バーサーカーレイラであり、カズトの事を勇者テトだと思っている。かつて仲間だったクリフをとめるべくカズト達と行動を共にする。(元人間)
 ・ナナ・・・魔女族。大切な姉を助けるべく、カズト達と行動を共にする。
 ・輝基 美姫てるもとみき・・カズトの妹で、ブラコン(重症)
 ・ナナミ・・・ナナの姉。大切な妹を守る為、魔女族を滅ぼした。一族殺しの魔女が通り名である。
 ・クリフ・・勇者軍の1人。クリフについたあだ名は魔法剣士クリフであり、ブラッククリスタルにより性格が変わってしまう。


【本編】


 ニワトリンが両手を挙げ、大きな声で叫ぶと、洞窟内に大きな声と風が、激しく吹き荒れた。


「…くっ!?」


 両目を開けていられないほどの風圧、耳を塞ぎたくなるほどの声に、カズトは両腕でガードする。


「だぁぁあぁああ!!」


「ア、アリスさん!ダメーー!!」


 ニワトリンに向かって走り出すアリス。
 アリスの完全な独断先行に、ナナは引き止めるべく声をかけたのだが、アリスは止まらない。


 ニワトリンの前には、温泉がある。その為、真っ直ぐ突っ込んで行くわけにもいかないので、右から攻めるアリス。


「アリスのヤツ…ナナ、レイラ!行くぞ!!」


 それを見たカズトは、作戦を考えるのを後回しにし、すぐさま行動を起こした。


「ナナは正面から魔法を打ってくれ…レイラはアリスの後を追うんだ」


「は、はい!」


「…テトはどうするのですか?」


「俺は、左から攻める。行くぞ」


 右からアリスが攻め、左から自分が攻める。
 正面には温泉がある為、ナナの魔法ならば問題はないだろう。


 アリスがやられた場合、レイラが近くにいれば問題はないし、逆に自分がやられたのであれば、アリスとのタッグになるという事だ。


 カズトは瞬時にそう判断して、走り出すのであった。


「フム。幼女ばかりではないか」


 戦闘態勢に入る四人を見ながら、ニワトリンは首を傾げた。


「花嫁候補ぐらいにならしてやってもいいのだがなぁ」


 アゴに手をあて、呟くニワトリン。


「誰がアンタと結婚したいって言ったのよ」


 動き出した四人の中で、一番最初にニワトリンの元にたどり着いたのはアリスであった。
 一番最初に動き出したのだから、当然といえば当然である。


 そんなアリスに向かって、ニワトリンは右手を真っ直ぐ伸ばした。


「…ちっ!!」


 ニワトリンの手の平を見て、魔法が飛んでくると判断したアリスは、舌打ちしながら、立ち止まった。


「違うちがーう!絶対に花嫁にしてやらん」


「はぁ?この中で言ったら、私が一番いいに決まっているじゃない」


 聞き捨てならんと、アリスは右手を胸にあて、力説しだした。


「た、確かに、料理は苦手だし、掃除もあまりやらないし、洗濯をしたら、ボロボロに破けちゃうけど…」


「ゴミだな」


「……!?」


 ニワトリンの一言に、アリスの両目がカッと開かれた。


「だ、誰が、ゴミだぁぁぁぁあ!!」


 叫ぶアリス。


 今の話しを聞く限りだと、フォローすらできんぞアリス。と、カズト達は思った。


「まぁまぁ落ち着け。貴様がどれだけアピールしても無駄だ」


 右手を真っ直ぐ伸ばしたままでニワトリンは、首を小さく左右に振る。


「貴様は今日この日をもって、死ぬんだから、な!」


 ニワトリンが、アリスに向かって走りだす。


(魔王の幹部というのが本当かは置いておくとして、ヤツは先ほど下克上と叫んでいた。だとすれば、狙いはアリスか)


 ニワトリンの動きを見て、カズトはスピードを上げる。背後からの奇襲攻撃を仕掛けるべく動き出したのだが、ニワトリンのスピードの方が上であった。


「ヘルズアタック」


 猛スピードで襲いかかってくるニワトリンに対し、アリスは守るのではなく、攻撃を仕掛ける事を選択する。


(ふん。あの馬鹿の方が、よっぽど速いわよ)


 かつてバーサーカーレイラと戦った事があるアリスにとって、ニワトリンのスピードなど大した事ではない。


「残念、無念。ほら!食らうがいい」


 アリスの正拳突きを、高くジャンプする事で交わしたニワトリンは、上空からアリスに攻撃を仕掛けた。


「タマゴ爆弾!ハハハハハッハ!くらえくらえ」


 タマゴが上空から、あられのように降ってくる。


「フン。誰が、そんな、攻撃。当たるもんですか」


 サッサッサッと、右、左、後ろ、と、攻撃をかわしていくアリス。


 これは好機だ。
 ニワトリンが地上に降りて来た所を、背後から一撃喰らわせてやる。


 カズトはそう判断し、足をとめて剣を構え直した。残念ながら虎徹は使えない。虎徹を使える為の発動条件である、女の子を救うという条件が、満たされていない為である。


 街で買った剣を腰に置き、ニワトリンが降りて来た所を、はやぶさ狩りで攻撃する。
 居合い斬りの三連撃。
 レベルが分からないが、背後からの奇襲であれば、無傷では済まないはずだ。


「……?」


 しかし、ニワトリンは地上には降りて来ず、上空からタマゴを投げ続けていた。


「…天井にぶら下がっているのか?」


 天井からぶら下がっているニワトリンは余裕の表情で、アリス目掛け、タマゴを投げ続けている。


「ったく、鬱陶しいわね……!?」


 交わし続けるアリスであったが、突如、動きがピタリと止まった。


「アリス!?」


 鼻を抑えるアリスに、危ない!っと、声をかけるカズト。


「キャッ!?」


 その一瞬の隙を、見逃すニワトリンではない。
 タマゴが数個、アリスに直撃してしまった。


「レイラ!」


 床に倒れたアリスを見て、カズトはレイラに、カバーするよう指示を出す。


「ハイ…こ、これは?」


 床に倒れたアリスの元へとやって来たレイラは、思わず鼻を抑えた。


「何だ!?どうした!?」


 アリスに続き、レイラまでも鼻を抑えるという仕草に、カズトはレイラに向かって叫んだ。


「ハハハハハ!どうだ、臭いだろう。我輩のタマゴは腐っているのだぁーぁはっはははっは」


 どうやら、生タマゴでも茹でタマゴでもなく、タマゴ型の何かだったらしいと、床に散らばるタマゴの残骸や、ニワトリンの言葉、アリスとレイラの態度から、そう判断するカズト。


「イッタイわねぇ…って、く、くさ!?」


 床から置き上がるアリスであったが、あまりの臭さに、再び鼻を抑えて、後ろに退いた。


「ちょ、ちょっとアンナ!く、くじゃすぎよ」


 鼻をつまみながら喋るアリス。
 何を言っているのかさっぱりであった。


「……アリス」


「レイラ?丁度いい所に来たわね!ちょっとアイヅを下に蹴り落として来て…って何よ?」


「臭いです」


「……!?あ、アンタも私と同じ目に合わせてやろうかしら」


「け、喧嘩してる場合か!」


 下に散らばるタマゴの殻を拾い集め、不気味な笑みを浮かべるアリスに、鼻をつまみながら後ずさりするレイラ。


「と、とにかく、地上に降ろします!」


 空中戦は不利というより、勝負にすらならないと判断したナナは、ニワトリンを地上に降ろすべく、魔法を発動する事を選択した。


「フレイム」


 杖をニワトリンに向け、ナナは魔法を発動する。


「匂い…臭い?ま、待てナナ!!」


 匂いの正体がもしもアレだった場合、火属性の魔法は危険だ。そう判断し、声をかけるカズトだったが、残念ながらナナの魔法の方が早かった。


 ナナの杖から赤く燃える炎が、天井にぶら下がっているニワトリンに向かっていく。


「ふむ。一時避難だな」


 ニワトリンはそう言うと、天井を蹴って温泉の中へとダイブする。


「…やはりか。アリス!レイラ!湯の中へ飛び込め!!」


 ニワトリンの対応から、自分の仮説が確信へと変わったカズトは、二人に指示を出した。


「はぁ?何でよ」


 急に指示を出されたアリスは、理由がないと嫌だから理由を言いなさいと、カズトにたずねた。


(…くっ。時間が惜しいっていうのに)


 思わず、舌打ちしてしまいそうになるカズト。
 このまま地上に、二人を残してはいけない。フレイムはもうすぐそこまで迫っていた。


(どうする?)


 僅か数秒の間に、説明している時間などないと、迷うカズトだったが、迷う必要がなくなった。


 テトの命令は絶対!と、何だか危ない事を呟きながら、レイラが動いた。


「ちょ、ちょっと、馬鹿レイラ!わ、私は猫じゃない」


 レイラはアリスの首元をガッと掴むと、そのまま温泉の中へと走り出す。


「…理由なら多分、アリスが臭いからです」


「あーなるほどぉ。だから風呂に入れって、ア、アンタ…覚えておきな…ブクブクブク」


 何か言っていたようだが、よく分からん。


 沈んでいく二人を見送りながら、カズトは後ろに下がった。


 チリ…チリチリ。ドォーーン!!


 爆音と煙が、部屋の中を支配する。


「やはり、ガスだったか…ん?ナナ?」


 部屋の中にある岩かげから、部屋の中を見渡すカズトは、ナナが何かに驚いているのを目撃する。
 何がおきたのか分からない。そんな表情とともに、自分の両手をジロジロと見ていたナナは、何かに気づいたのか、杖をギュッと握りしめ、嬉しそうに呟いた。


「わ、私…レベルがあがってる?う、うん。絶対そう。いつものフレイムじゃなかったもん。これならきっと、お姉ちゃんだって…」


 幸せそうな表情を浮かべるナナを見て、ガスに引火しただけだと告げずらくなるカズトであった。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く