世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

特別編 レイラの日常…中

 
「ストラーイク!バッターアウト」


 宣言通り三振になるアリスであったが、ヘルメットを被り直して、再度バットをかまえていた。


「あ、あのね、アリスちゃん」


「…何よ」


 当然、次のバッターがアリスに対し、どくようにやんわりと伝える。理解しているのかしていないのか、よく分からない表情のまま、アリスはベンチへと戻ってきた。


「宣言通りだな」


「と、当然でしょ!」


 やはり、ルールを分かっていないか…と、和斗は勝ち誇った顔のアリスに、再度ルールの説明をする羽目になった。


「は?じゃ、じゃぁ今のは…」


「ピッチャー、つまり、レイラの勝ちだ」


 ようやくルールを理解したのか、先ほどの表情が一変する。


「じゃ、じゃぁ、なに?アンタは負けて来いって私に命令したって事?」


 和斗は三振して来いと、アリスに伝えている。


「仕方がないだろう。ルールを分かっていなかったんだからって、止めろ!」


 顔を赤くしながら、バットを振りかざすアリスを止めに入る和斗。流石にバットでぶん殴ると危ないと理解したのか、バットをおろすアリス。


「ストラーイク!バッターアウト!チェンジ」


 アリスに説明していた為、試合を見ていなかったが、どうやら三者凡退に終わったようだ。


「ほら、これを持って守備だ。ナナ!」


「は、はい!!」


 とりあえず、アリスとナナを外野の守備につかせ、さっきの白い球が飛んできたらキャッチする事や、転がってきたらボールをキャッチして、自分に投げる事を伝える。


 アリスをセンターに、ナナをレフトの守備につかせ、和斗はショートの守備につく。
 和斗がバッターに目を向けると、先頭バッターはレイラであった。


『レイラちゃん、頑張ってー!!』


 黄色い声援が飛ぶ中、レイラはバットを握りしめ、バッターボックスへと向かって行く。
 ほんのり顔が赤くなっているのは、恥ずかしいからなのだろうか?今は敵チームだが、レイラの体調を心配する和斗。


(……テトが見てます)


 じーっとレイラを見つめる和斗。


「ストラーイク」


「………ぁ」


 緊張していると、ボールを見るのを忘れてしまい、ストライクをとられてしまう。
 いけない、いけないと首を振り、レイラはバットをかまえなおす。


 じーっとレイラを見つめる和斗。


「ストラーイク」


「……!?」


 またしても緊張してしまい、ボールを見るのを忘れてしまうレイラ。


「タ、タイム!!」


 見かねた美姫は、タイムを宣言し、レイラの元へと走って行く。


「顔が赤いけど、大丈夫?」


 もしかして、熱があるのだろうか?レイラの体調を心配してのタイムであった。


「い、いえ…そ、その…」


 美姫の耳元で、理由を伝えるレイラ。
 理由を聞いた美姫は、レイラの両肩を掴んでアドバイスを送る。


「レイラちゃん!!ご褒美だよ!!」


「は、はぁ…」


 親指をたて、自分に向かってグーっと、伸ばしてくる美姫を見ながら、何かもらえるのだろうか?と考えるレイラであった。


 結局、レイラは三振に終わり、続く二人も直ぐにアウトになった。
 ピッチャーとして、マウンドに立っている時は特に気にならないのだが、バッターボックスに立つと、どうしても気になってしまう。
 チラっと和斗の方を向くと、アリスとナナと、楽しそうに話しをしているのが目に入った。


「……テ……ト」


 うなる豪腕。
 キャッチャーの田中が、可哀想に思えるほどの豪速球。田中は、余裕っしょ!とは言っているのだが、うっすら見える涙の跡。
 当然、打てる生徒はおらず、またしても交代となってしまう。


「ったく、だらしないわね」


「三振したヤツが言うな」


「け、喧嘩はダメですよ」


 グローブを手に取り、それぞれが守備へと走って行く。何だかんだある事はあるものの、クラスメイトの人柄なのか、アリス達の人望なのか、とにかく授業は出来ていた。


 当然、順調とは言わない。


 授業が始まる前は説明するのに時間がかかるし、授業中はハプニングをおこすし…しかし、ただただ授業をこなすだけだったクラスを、たった三人の転校生が、ガラリと雰囲気を変える。


 黙々とペンをはしらせていたあの頃とは違い、今では、笑いのたえなないクラスとなっている。


『ナナちゃん頑張ってーー』


「ハ、ハイ!!」


 明るい笑顔で、大きな声で、こんな風に応援する事などあっただろうか。


「はわわわわ…えぃ!!」


 カンっとバットにあてるナナであったが、ピッチャーゴロに終わってしまう。


「あの球にあてるなんて…やるわね」


「今のレイラの球を打てるのは、ナナかお前ぐらいだろうな」


「……!?と、当然でしょ!いい?しっかりと、狙っていきなさい!!」


「はいはい」


 さっきルールを覚えたばかりのアリスに、なぜアドバイスを受けなくてはならないのか…しかし、言っている事は間違えていない。
 適当に返事を返しながら、和斗はバッターボックスに立った。


「よぉ輝基。お前でも、あの球は打てねーぜ」


 キャッチャーの田中が、喋りかけてくる。


「まぁやってみないと、分からないさ」


 不敵に笑う和斗を見て、田中は驚いていた。
 てっきり、だろうな…と、返されると思っていたのだが…あの輝基和斗がねぇ…くく。


 クールぶってるとか、理系だとか、陰口を言われている和斗。勿論、本人やアリス達は知らない事である。
 完璧主義者の和斗は、無理な事は絶対に無理だと、諦める傾向があり、やってみなきゃ分からないだろ?と言われると、なぜ無理なのかを、一から十まで答え、相手を論破する性格であった。


 女子からモテるという理由とは別に、こういった理由からも、男子から嫌われている。
 そんな和斗が、あの豪速球を前にして、不敵な笑みを浮かべ、打つ気満々だと誰が想像できただろうか。


 バットをギュッと握り、ピッチャーであるレイラを見つめる和斗。


「……!?」


 みるみる赤くなるレイラ。


「お兄ちゃん、頑張ってーーー!!」


 セカンドにいる美姫が、敵チームなどおかまいなしにと声援を送る。


『キャーーー!カズト君ーー!!』


 アリスチームのベンチからも、黄色い声援が飛ぶ。


「カ、カズトさん!頑張って下さい!」


「こらーカズトー!死んでも塁に出なさい!」


(…9回ツーアウトで負けてるわけでもなければ、次のバッターが強打者っていうわけでもないのにな)


 しかし、不思議と力がみなぎってくる。


 応援というのに、何の意味があるのだろうか?
 試合や試験などは、日頃からやってきた事の積み重ねが試される場であり、応援なんかで結果は変わらないと思っていた和斗。


 必死かどうかは置いておくにしても、応援してくれている気持ちに答えたい、その為にも…。


「……!?」


「お、おい、輝基!」


 そこから先の記憶が、俺にはない。


 ーーーーーーーー


「…ここは?ベッドの上か?」


「あ!?カズトさん。大丈夫ですか?」


 和斗が目を覚ますと、知らない天井が目に入ってきた。知らない天井ということは、部屋の中であり、天井を見上げているということは、自分は横になっているということである。
 そして、この手触りや温もりから、自分は何かを被って寝ていたのだと、理解する。
 ポツリと呟いた和斗の言葉を聞いたナナが、大丈夫か?と、体調を心配していた。


「ナナか…体調は大丈夫だ…ッテテ」


「あ!だ、駄目ですよ!まだ、横になっていなきゃ」


 身体を起こそうとする和斗に、ナナが注意する。身体を起こそうとした所為か、ひたいから何かが落ちてしまった。


「覚えてますか?カズトさん」


「確か、ソフトボールをやっていた…よな?」


「ハイ。レイラさんが投げた球が頭に直撃してしまって、カズトさんはそのまま倒れてしまったんです…」


 言われてみれば、目の前にいるナナは体操服を着ている。首元や袖口には、女子用と分かるようにと赤く、自分の体操服は、男子用と分かるように青い。体操服には大きなゼッケンとまでは言わないが、右の胸元に名前が書いてある。


 昔はブルマと呼ばれたズボンを履いていたらしいが、女子からの反発か、親御さんからの反発からか、今では黒いハーフパンツに変わっている。


「…?レイラはどうした」


「…!?そ、それが、ショックを受けてしまいまして」


 言い辛そうにしながらも、それでもキチンと言わなくてはと、ナナは口を開いた。


「避けれなかった俺が悪いというのに…」


 もしもこれが、モンスターとの戦闘だったとしたら?そう考えると、自分の反射神経の無さに呆れてしまう。


「…違いますよ」


「…え?」


 和斗の話しを聞いたナナは、小さく首を左右に振る。


「どちらが悪いとかありません。お互いが自分が悪いと言っていては、永遠に仲直りできませんよ?」


 ニッコリ微笑みかけられた和斗は、少し頬を赤くしながら答える。


「…別に、喧嘩をしているわけではないぞ?」


 それが、照れ隠しからの返しだということに気づいたナナは、クスクス笑いながら和斗に答えた。


「ふふふ。そうでしたね」


 ソフトボールはスポーツであって、モンスターとの戦闘ではない。
 ソフトボールの球を避けられないなら、モンスターの攻撃をかわせないだろ?というのは、可笑しな話しだ。


 緊張感だったり、張り詰めた空気だったり、色々な状況でそれは変化する。


「とにかく、俺はもう大丈夫だから…ナナ」


「はい?」


「ありがとうな」


 どれに大しての?とは、ナナは言わないし、思わない。きっと、今までの全てに大してのお礼だろうと判断し、どういたしまして。と返した。
 後は、レイラだけだが、アリスさんで大丈夫かしら?と、そっちの方が気がかりであった。


 ーーーーーーーー


 テトが倒れたのを、マウンドから見つめる私。
 本当であれば直ぐに駆け寄って、回復魔法を使いたい所だが、テトの許可がないと使えない。
 自己判断で使うか?と、考える私と、テトの言いつけを破って嫌われたらどうする?と、考える私。


 何より、テトが倒れた原因を作ったのは私だ。


 それが、何よりも……許せなかった。


「バ、バカレイラ!!」


 アリスの引き止める声を無視して、私はその場を逃げだしてしまった。


 今思えば、なぜ逃げだしてしまったのだろうか。


 ここで逃げて、何になるというのか。


 しかし私は、逃げだしてしまった。


 罪悪感から逃げだしたくて、仕方がなかったのだ。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く