世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

特別篇 レイラの日常…上

 
『主な登場人物』


 ・輝基 和斗てるもと  かずと・・本作品の主人公。ゲームをクリアーしたのだが、アリスの魔法により異世界にワープする事になった。
 ・アリス・・・勇者軍に倒された魔王サタンの娘であり、現魔王軍を率いる女王である。勇者軍に奪われたブラッククリスタルを取り戻す為、カズトを召喚したが、クリフに力を奪われてしまう。
 ・レイラ・・・勇者軍の1人。レイラについたあだ名は戦略兵器バーサーカーレイラであり、カズトの事を勇者テトだと思っている。かつて仲間だったクリフをとめるべくカズト達と行動を共にする。(元人間)
 ・ナナ・・・魔女族。大切な姉を助けるべく、カズト達と行動を共にする。
 ・輝基 美姫てるもと   みき・・カズトの妹で、ブラコン(重症)
 ・ナナミ・・・ナナの姉。大切な妹を守る為、魔女族を滅ぼした。一族殺しの魔女が通り名である。
 ・クリフ・・勇者軍の1人。クリフについたあだ名は魔法剣士クリフであり、ブラッククリスタルにより性格が変わってしまう。


【あらすじ】


 ある日ゲームをクリアーしたカズトは、ゲームの中に召喚されてしまう。
 そんなカズトを待っていたのは、かつて自分が操作していたキャラクターであった。
 ブラッククリスタルによって、性格が変わってしまったクリフから逃げる為、アリスは魔法を唱えるのだが、逃げた場所は和斗が暮らす世界であった。


【本編】


 レイラ。
 金髪で、ツインテールで、ゴスロリ服を着ている少女。性格はとても優しく、誰からも好かれる存在の彼女だが、向こうの世界では、一番強い存在ではないかと噂されている。


 そんなレイラの、とある日の出来事である。


「好きです!俺と、付き合って下さい」


 何気ない日常の1ページ。
 しかし、それは第三者からしたらの話しであり、当の本人からしたら、何気ない日常ではない。


 何気ない日常を送る少女は、とても困ったような顔をしてしまっていた。
 好意を寄せられる事は嫌なものではない。
 しかし、自分が好意を向けられないという事に、少女は困ってしまうのであった。


 深々と頭を下げる少年を見下ろしながら、少女は戸惑いつつも声をかける。


「…す、すいません」


 少年に負けないぐらい深々と頭を下げる少女。
 この少年にとって残酷な言葉をかけなくてはいけない、そう思うと、とても心苦しかった。
 しかし、嘘をつく訳にもいかないだろう。


「くぅー。やっぱりかぁ…」


 何がやっぱりなのだろうか?
 頭を下げながら、少女は考える。
 まさか断られると分かっていながら、告白をしてきたという事なのだろうか。


「レイラちゃん。顔をあげてよ」


 顔?頭を下げた状態で、どうやって顔をあげろというのだろうか?
 かけられた言葉の意味が分からず、レイラは顔をあげなかった。
 そんなレイラの態度を見た少年は、深刻に受け止めてくれたと勘違いしてしまい、慌ててしまう。


「ほ、本当に大丈夫だからさ、ほら、こっちを向いてよ」


 向けと言われたレイラは上体を起こし、少年の方を向く。


「フラれるって分かってたんだけどさ、どうしても伝えたくて…ごめんな」


 右手で後頭部をかきながら、爽やかに笑う少年。
 何故謝るのだろうか?自分は何て返せばいいのだろうか?本当に…どうしたらいいのだろうか。


「こちらこそ、すいません」


 嫌な想いをさせてしまったのは、事実のはずだ。
 そう考え、レイラは再び頭を下げた。


 ーーーーーーーー


 次の日。


 1時間目の授業が終わり、次の体育の準備の為、男子生徒は隣のクラスへ、隣のクラスの女子は、レイラ達のクラスへとやって来る。
 言うまでもなく着替える為であり、隣のクラスから飛んできた、いや、やってきた美姫は、カズトの席に真っ先に座っていた。


「えへへ…お兄ちゃんの席…」


 とても幸せそうな美姫を、生温かい目で見守る女子生徒達。
 美姫は重度のブラコンである。
 その容姿や人柄などから、男子生徒から人気は高いのだが、ブラコンという事もあってか、告白などあまりされない。その所為か、本人はモテているという事を自覚していない。


 相変わらずですね…っと、を送りながら、レイラは体育服に着替え始めた。


 アリス、レイラ、ナナの三人は、転校生という事になっている。


 アリスの魔法によって、カズトがいる世界へワープしできた三人。
 カズトや美姫が通う高校には、カズトと同じクラスに転入させろ!と、アリスが理事長を捕まえて、魔法をかけている。


 当然、カズトと一悶着あった。
 制服や体育服、教科書などもそうだが、この世界には魔法という概念が存在していない為、パニックを引き起こし兼ねないという理由が一番であった。


 そこでカズトは、学校に通う条件をつけた。


 ・あまり目立たない事。


 ・学校にいる時に限らず、この世界にいる時は、カズトと美姫の言う事を守る事。


 ・魔法など、向こうの世界の話しは、アリス、ナナ、レイラ、カズトの四人だけの秘密にする事。


 この条件を守るのなら、通ってもいいという事になっている。


 制服を脱ぎ、美姫に買ってもらった可愛い下着姿になるレイラ。体育服…体育服…と、鞄を探っていると、後ろから声をかけられた。


「レイラちゃん、レイラちゃん」


 体育服を取り出しながら、レイラは呼ばれた方へと顔を向けた。


「…何でしょう?」


 体育服を着てから、声をかけてきた人物に声をかけるレイラ。


「昨日の放課後にさ、サッカー部の先輩とさ、何かさ、あったんじゃなかった?」


 そう聞かれるレイラであったが、身に覚えがない。サッカー部?と、可愛らしく首を傾げていると、別の女子生徒が声をかけてきた。


「私も聞いたよ〜。放課後呼び出されて、体育館裏で告られたって」


 そう言われて、ようやくレイラは理解した。
 どうやら昨日告白してきた人は、サッカー部の人らしい。


「マジマジ!?それでそれで!」


 女子生徒の声が聞こえたのか、別の女子生徒が、会話に加わってきた。
 どう答えるべきなのかと迷うレイラ。
 そもそも、何故昨日の件を知っているのだろうか…そんな事を考えていると、最初に声をかけてきた女子生徒が、昨日の結果を答えた。


「それでって、分かるでしょ夏子」


「いやいや、中村先輩だよ?サッカー部のエース。もしかしたらがあるじゃん。ねぇ佳代子」


「確かにねぇ〜。敦子だって、もしかしたら?って思ったから、レイラちゃんに質問したんでしょ?」


「いやいや…私はガールズトークをだなぁ…あっ!?ごめんごめん」


「…いえ、大丈夫です」


 会話に入ってこないレイラに対し、謝る敦子。
 謝まられたレイラは、首を小さく左右に振った。


「やっぱりさ、和斗君の事が好きだから断ったの?」


「……!?」


 思わず肩が、ビクッとする
 誰がビクつかせたかは言うまでもなく、レイラと美姫である。顔を赤くしてうつむくレイラに、目を細める美姫。レイラの席の左斜め後ろが、和斗の席であり、美姫の耳にも届いていた。


 ちなみに、レイラの左隣はアリス、レイラの後ろの席はナナであり、これは魔法を使ったからではなく、三人を監視しろと和斗が、担任から言われたからであった。


「いやいや夏子、ストレートすぎだから」


「あははは…ごめんね」


 下着姿のまま、繰り広げられる会話。


「そ、そろそろ着替えた方が、い、いいですよ」


 恥ずかしかったのか、レイラにしては珍しく噛み噛みであった。また、話題をすり替えようとしているのが見え見えであった。


「レイラちゃん可愛い」


 レイラはクラスだけでなく学校内で、一番モテている。本来モテる女子というのは、クラスでは浮きがちなのだが、レイラの場合、女子からもモテていた。


 可愛らしい容姿だけでなく、性格も優しく、たまに見せる天然な所、スタイルなど、嫌いになる要素がないうえに、転校生という事も大きかった。


【閑話休題】


 ちなみに、アリスやナナも人気はある。


 アリスの場合、クリフに力を奪われてしまった所為で、実年齢は8歳と、子供が高校生の制服を着ている状態の為、マスコット的人気を博している。


 ナナの場合、いつもオドオドしている所為か、ほっとけない、母性本能をくすぐられている節もあってか、人気は高い。


【閑話休題終わり】


「まぁでも分かるなぁ」


「…何がですか?」


 何の事について言っているのかが分からず、聞き返すレイラ。


「和斗君だよ!他の子達もよくうわざっ…!?」


「ば、馬鹿!?それは禁句!!」


 両手をあわせ、和斗を褒める佳代子を、夏子が全力で阻止する。具体的には、佳代子の口をふさいだのだが…時すでに遅し、レイラの機嫌が急速に悪くなる。


「あ、あははは」


「笑ってごまかさないでよ」


 ヒソヒソと話す三人を、レイラは冷ややかな眼差しで見つめていた。後ろの方では美姫が、うんうん。当たり前じゃない!と、言いたげであった。


 "レイラの前では、和斗を褒めない"


 このクラス、いや、この学校にある掟。
 唯一レイラに対してのタブーは、和斗を褒める事であった。


 美姫のように、好きな異性を褒められると喜ぶ女子もいれば、レイラのように、好きな異性を褒められると怒る女子もいる。


 もしかして、貴女も和斗の事が好きなのか?
 つまり、不安になったり、ヤキモチを焼いたりしてしまうのであった。


「ハァ?あんなヤツのどこがいいのよ?」


「……!?」


 しかし、好きな異性をけなされると、怒るのはどちらも変わらない。アリスの発言に、ギロリと目を光らせる二人。


「アリスちゃん!!」


 ガッっと美姫に、両肩を掴まれるアリス。


「……訂正を求めます」


 美姫の背後から、殺気を放つレイラ。


「ご、ごめんなさい…」


 いつも強気のアリスだが、二人のあまりの迫力に、直ぐに白旗をあげる羽目になった。


「ムニャムニャ…カズトさん…食べれません」


 未だに夢の中のナナの寝言を聞きながら、暗い空気がクラスを包みこんでしまうのであった。


 ーーーーーーーー


 2時間目は体育である。


 体育教師から、今日はソフトボールをやろうと言われ、アリスとレイラ、ナナは、すぐさまカズトの元へと急ぐ。


「ちょっとカズト!」


「カ、カズトさん!」


「…すいませんテト」


「またか…」


 三人が転校した時、同じような事がおきた。
 一体何事かと、和斗を含むクラス中が思ったのだが、今となっては特に気にならなくなっていた。


「いいか、ソフトボールっていうのはだな…」


 それぞれの生徒が、キャッチボールなどをして、軽いウォーミングアップをしている中、和斗は地面に書きながら、ソフトボールについて説明をする。


 このように三人はまず、授業の説明を和斗から受け、実際にやってみて、分からない事はまた聞きに行き、女子生徒だけの授業の場合は、美姫に聞きに行くのが、授業の日課となっていた。


「つまり、あそこからボールが投げられるから、この棒で打てばいいのね?」


「バットな。打ったらあそこにあるベースと呼ばれる白いヤツに、ファースト、セカンド、サード、バックホームと、順番に踏んで行くんだ」


「…アウトの条件は、ストライクを三回とられるか、打った球が地面に着かずに取られるか、ファーストを踏む前にボールが先に着くか、ベースに足が着いていない状態でタッチされるか…ですね」


「大体はそんな感じだ。他にも細かいルールがあるが、まぁやっていけば分かるだろう」


「わ、わか、分かりました」


「おらー輝基!始めるぞー!」


 どうやら試合を、始めたいようだ。すいませんと一言謝ってから、それぞれがチーム分けの為のクジを引く。


「…テトと一緒」


「頑張ろうね、お兄ちゃん」


 和斗はレイラと美姫と、同じチームであった。


「いーい!ナナ?私に負けるという選択肢はないわ」


「は、はい!が、頑張ります!!」


 相手チームは、アリスとナナである。
 他の対戦チームの生徒達は、別のグラウンドへと移動して行く。


 こうして、アリス、レイラ、ナナの、初めてのソフトボールが幕を開けた。


 先行、アリスチーム。


「一番っていったら、私しかいないじゃない」


 バットを肩に乗せ、自信満々で出てくるアリス。


「ア、アリスちゃん!ヘルメット!ヘルメット!」


 味方の女子生徒が、アリスにヘルメットを手渡す。手渡されたアリスだが、このヘルメットをどうすれば良いのかが分からない。


「おーいアリス!頭に被るんだよー」


 仕方がないので、ファーストから和斗が声をかけるのだが…


「ストラーイク」


「……??」


 アリスが和斗の方を向いている間に、ボールが投げられてしまう。ストラーイクの意味が分からず、再び首を傾げるアリス。


「タ、タイム!」


 敵チームのアリスに、ルール説明の為、タイムを使う和斗。
 一体どんなスポーツだよと、心の中でツッコミながら、和斗はアリスのもとへと駆け寄った。


「ヘルメットはだな…ほら、次のバッターのように頭に被って、バットを持って打席に立ったらゲームは始まってると思え」


「バッタ?虫?だ、打席?」


 謎の言葉に戸惑うアリス。
 深いため息を吐きたい衝動にかられながら、和斗は体育教師に近づいていく。


「すいません先生。俺、こっちのチームに移動します」


「……テ……ト」


「おおおお兄ちゃん!?」


 和斗の提案に、固まる少女二人。
 しかし、今の一連を見ていた体育教師は、その方がいいだろうと判断し、和斗の提案を認めた。


「ほら。とりあえずこの打席は、三振でもいいから行って来い」


「わ、分かったわよ!三振してこればいいんでしょ?楽勝よ!」


 だろうな。


 三振が難しいというバッターなど存在しない。
 それにしてもレイラのヤツ…上手いな。
 アリスを見送りながら、和斗はレイラを見ていた。


「……!?」


 突然、和斗から熱い視線?を、向けられたレイラの顔が赤く染まる。何故見られているのかは分からないが、とにかく答えようと、レイラは小さく手を振った。


『おぉぉ!!』『キャー!!』


 まるで、天使のような微笑みを向けてくるレイラに、アリスチームの選手一同は歓喜した。
 敵チームとなってしまった為、手を振り返していいものか悩む和斗だったが、直ぐに悩む必要は無くなった。


 なぜなら、アリスチームの全員が、レイラに向かって手を振り始めたからであった。


「…し、試合を始めるぞ!!」


 教師の顔が赤くなっていた事に、アリスだけは気づいていた。


 とにかく、試合が再開される。


 ピッチャーはレイラである。
 レイラは人気からか、運動神経をかわれてか、良く部活の助っ人を頼まれる事が多い。


 基本的に一度教えれば、難無くこなすタイプのレイラは、どうやらソフトボールの助っ人をした事があるらしい。


 なら何故最初に、ソフトボールについて聞いてきたか悩む和斗であったが、レイラが仲間ハズレを嫌がっての行動だったと、理解する事は最後まで無かった。


『キャー!アリスちゃん頑張ってー!』


 そんな事を考えていた、和斗の耳に届く言葉。
 いかんいかんと首を左右に振り、和斗は試合に集中する。


「ったく、三振ぐらい楽勝だってぇの」


 悪魔族や魔族の頂点に君臨する、魔王サタンの娘アリス。頑張れなどと、応援される事などあまりない。勝って当たり前、いや、勝つ事を前提として、育てられてきたアリスは、この手の声援に弱い。


 顔を赤くしながら、アリスはレイラを見る。


「ストラーイク」


「……なるほどね」


 アリスは理解した。
 バットと呼ばれるこの棒を振らずに、ボールと呼ばれるこの白い球が、この訳の分からない茶色い防具へと移動すると、ストラーイクと言われてしまうという事に。


 ニヤリと微笑むアリス。


 バットをギュッと握り、相手を威嚇するかの如く睨みつける…が、相手は勇者軍の最強戦士と噂されている少女レイラ。あまり、効果はなかった。


 レイラが振りかぶる。


 アリスがバットを後ろへと引く。


 レイラがボールを放る。


 アリスの目がギラリと鋭くなる。


「もらったぁぁあぁ!!って、ちょ、ちょっと!?」


 バットを振った瞬間、被っていたヘルメットがズレて、アリスの視界を遮った。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く