世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第四章 ボステム洞窟 中

 
 入り口付近は導火線があった為、特に苦労はしなかったのだが、奥に行くにつれ、だんだん暗くなっていく。


 こればかりは仕方がないので、カズトはたいまつを取り出し、ナナのフレイムで火をつけた。


 薄暗い洞窟の中を歩く四人。


 当然、周囲を気にするカズトやレイラ、ナナであったが、先頭を歩くアリスは、特に気にした様子がない。


「ちょっと、もう少しペースをあげなさいよ」


「無茶言うな!辺りは暗いんだぞ…にしても、アリスはあまり気にしていないようだな」


「当たり前じゃない!今の私が何だったか、思い出してみなさい!」


「……子供」


「違うわよ!!魔王よ魔王!!夜の王たるこの私にとって、この程度の暗闇どうって事ないわ」


「けけけ喧嘩はダメですよ」


 ため息を吐きたい気持ちを、ぐっとこらえたカズトは、少し休憩しようと提案した。
 周囲にモンスターがいない事を確認し、近くの岩に腰掛ける四人。


「おそらく中盤あたりまではたどり着いたはずだが…ほら、レイラ」


 水を一口飲んだカズトは、レイラに水筒を手渡した。水筒といっても、プラスチック製のフタが付いているタイプではない。


 皮でできているタイプの物で、水袋といった方が分かりやすいだろう。
 その水袋を渡されたレイラは、水袋をジッと見つめたまま固まってしまう。


「テト…と、か、間接…キ、キス」


 顔を赤くしながら、水袋とカズトを交互に見るレイラ。カズトはたいまつを持って周囲を警戒していた為、気づいていない。


 このまま飲まないと、次に飲むアリスやナナが困ってしまうし、テトとの間接キスになってしまうと考えたレイラは、意を決して飲もうとしたのだが…。


「馬鹿レイラ!さっさと飲みなさいよ!」


「……!!」


 バッと、レイラの水袋を奪い取ったアリスが、ごくごくと水を飲み始めてしまうのであった。


 固まるレイラ。


「プハー!生きかえるわね。ホラ、ナナ」


「あ、ありがとぉおあわわわ…ふー。危なかったです…ひぃ!?」


「・・・。」


 水袋を落としかけ、何とか落とさずにすんだナナだったが、自分をジッと見つめるレイラの表情に驚いた。


「あ、あ、あの!?よかったらお先にどうぞ…」


 よほど喉が渇いていたのだろうか?
 ナナはレイラに水袋を手渡しながら、そんな事を考えるのであった。


 ーーーーーーーー


 少し休憩した後、再び出発するカズト達。


 モンスターに遭遇すれば、アリスとカズトで向かい討ち、少し怪我をすればレイラの回復でやり過ごす。モンスターの大群がきたらナナの魔法で一掃する。


 冒険の基本とも呼べる戦術で、レイラがバーサーカーモードにならないよう注意しながら先に進むと、明るい道にたどり着いた。


「怪しいな」


 たいまつの火を消し、カズトは壁を調べはじめた。当然、何をしているのか分からないアリスやナナが質問する。


「何やってんのよアンタ」


「見ての通り壁を調べてるんだよ」


「ままままさか、キノコを探しているんですか?」


「…違います。壁を調べる事によって、様々な情報が手に入るのです。例えば…」


 レイラは壁に近づいて、ナナとアリスに説明する。


「見て下さい。大きなひっかき傷があります。おそらく、ニワトリンは強固な爪を生やしているかもしれません」


 洞窟内の壁は、固い岩やら石、土などで出来ている。その為、当然強固なものだ。
 壁に出来た真新しいひっかき傷を指差しながら、レイラは補足する。


「ニワトリンでないモンスターの可能性が、ないわけではありません。しかし、ここまで大きい爪の跡は見た事がないです」


「なるほどねっていうか、ニワトリって爪なんかあるの?」


「ニワトリじゃなくてニワトリンですよ、アリスさん」


 レイラの説明に、アリスは質問をしたのだが、それに答えたのはナナであった。


「ナナの言う通りだが、アリスが今言った事は大切な事だ」


 壁を一通り調べたカズトは、三人の会話に加わった。


「ニワトリンって名前からして、ニワトリみたいなモンスターだと誰しも想像するだろう。しかし、実際はそうじゃないかもしれないし、そうなのかもしれない」


「つまりは、両方の対策が必要って事ね」


「その通りだ。今、レイラが言った通り、もしもその大きな爪の跡をニワトリンがつけたと仮定しよう。その場合、ニワトリンは通常のニワトリとは異なる生物だろう」


 ニワトリといえば何を連想するだろうか?
 赤いトサカに、黄色いくちばし。
 全身が白く、後ろ足2本で立っている。
 そして、大きな爪など生えていない。


「もしかしたら、ニワトリンという名前をした、熊かもしれないな」


「く、熊!?ですか…」


「心配しなくても大丈夫。俺たちがやる事は変わらないさ」


 敵に合わせて戦術を変える。
 基本中の基本ではあるのだが、それができるのは上位のパーティだけだろう。


 勇者テトや魔法剣士クリフ。
 守護神ダンに、戦略兵器バーサーカーレイラ。
 かつてカズトが操作していたこのパーティなら、戦術を変える事も出来るのだが、現在のパーティでは難しい。


 近距離はカズトやアリスがいる。
 中距離なら、アリスとナナがいる。
 しかし、遠距離となると、ナナしか攻撃が出来ないのが、今のパーティであった。


「おそらく、そろそろニワトリンがいるはずだ。コレを見てくれ」


 カズトは、壁付近に落ちていた骨を指さした。


「ひ、ひぃぃ!?も、もしかして…」


 悲鳴をあげるナナ。
 もしかしての後に続く言葉を、彼女はあえて言わなかった。
 その後の言葉を引き継いだのは、カズトであった。


「おそらく、食事の後だろうな」


「つまり、もう少ししたらニワトリンがいるって事ね」


「そうだ。三人とも、準備はいいな?良し、レイラ」


 うなずく三人を見渡した後、カズトはレイラの名前を呼んだ。呼ばれたレイラは、特に何も聞かず、呼ばれた意味を正確に理解している。


「ルミナスディール」


 ルミナスディールとは、援護魔法の一つであり、かけられた人は、防御力があがる魔法である。


「良し。アリス、ナナ!」


 アリスに先頭を譲り、ナナに気合いを入れるよう叱咤するカズト。勿論、自分も含めてである。
 かつて、アリ王様やアリ女王と闘った事のあるパーティメンバーであるが、辛勝だったという自覚が四人にはある。


 なめてかかれば全滅する。


 同じ考えに全員がたどり着き、それぞれがそれぞれのやり方で気合いを入れる。


「行くぞ!!」


 カズトの合図で、四人は先へと進むのであった。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く