世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第四章2 カズトの決意 中

 
 カズトは頭を抱えていた。
 目の前で女の子が泣いているのだ。
 抱えない方がおかしいだろ?
 無論、泣いている女の子はナナである。


「まぁ・・その・・アレだ。泣くな」


 気にするなとも、大丈夫だとも言えないカズトは、そう言う事しかできなかった。
 自分の姉が、悪い方へと変わってしまったと、思い込んで落ち込んでいる時、気にするなや大丈夫なんて言葉は、無責任でしかない。


「・・ひ、ひっぐ。で、でも。」


 両手で目元を擦りながら、ナナはカズトに向かって謝ろうとしたのだが、カズトに止められてしまう。
 カズトは、右手を前に突き出し、待ったをかけた。


「いいかナナ。俺たちは仲間だ」


「・・・。」


 カズトはナナに悟らせるように、優しく、ゆっくりと、自分の思いを伝える。


「仲間である俺に、遠慮をする必要はない」


「・・・ばい」


 ナナは姿勢を正し、カズトに返事を返すのだが、鼻水のせいで「はい」が、「ばい」になってしまっていた。
 カズトは気にせず続ける。


「だからな、ナナ。俺が欲しい言葉はそうじゃないんだ」


 ここにはカズトしかいないのだが、カズトはあえて俺と口にした。


 謝って欲しいんじゃない。


 そんな事の為に俺は・・。


「そうよナナ!遠慮なんて無用よ!」


「・・・テトとの距離が近いのでは?」


 カズトが優しくナナに語りかけていると、ガサガサっと音を立てながら、草むらからアリスとレイラが姿を現した。
 両腕を組みながら、偉そうにしているアリス。
 両手を下の方で重ねながら、鋭い目つきのレイラ。


「ひ、ひっぐ。み、みなざん」


「二人共無事だったか?良かった・・」


「・・テトも元気そうでなによりです」


「フ、フン。と、当然でしょ!そんな事よりカズト、コロッケを買って来なさい」


 やっと、いつものメンバーになった事に、ホッとするカズト。
 見た所、誰も大きな怪我を負っていないように見える。
 本当は死にかけてしまい、それをナナミに救われたのだが、それはであった。


「いや、アリスは少し遠慮しろ」


「さっきの言葉はどうしたのかしら?まさか私は仲間じゃないとでも?」


「そうです。テトは仲間じゃないと言っているのですよ」


「な、何ですって!!」


「嫌、待て。怒るなら俺じゃなくてレイラにだな・・」


「・・・ふふふ」


 いつもの三人だ。
 あんな事があったというのに、特に気にした様子もなく、いつも通り自分に接してくれている。
 またしても、私は彼等に


 彼等は悪い人間ではないと、わかっていたはずなのに。
 ついつい、悪い方へ、悪い方へと考えてしまう。
 そんな自分が可笑しくなり、つい笑ってしまった。
 くすくす笑うナナを見たカズトは、アリスとレイラを見る。
 二人も同じ気持ちだったのか、目があってしまう。


「・・ハハハハハハ」


 四人は声にだして笑った。


「良し!今日は特別にコロッケパーティーをやるぞ!」


「賛成!!やっとアンタも解ってきたのね」


「・・しかし、問題があります」


「問題?」


「ハイ。ドワーフのおばちゃんのコロッケが、とぶように売れてしまい、残りが少ないかもしれません」


「ドワーフ?」


「・・・違うのですか?まさか、獣人族ですか?」


「待て。コロッケの前に確認だ。何があったんだ?」


 いつもなら、二人の勘違いだろうと考えるカズトであったが、レリスとナナミの件もあった為、確認をする必要がある。
 もしそれが、本当なのだとしたら大変な事だからだ。


「ハイ。実は・・。」


 レイラが語りだし、アリスが補足する。
 カズトとナナは、黙って二人の会話を聞いていた。


 ーーーーーーーーーー


 一通り話しを聞き終えたカズトとナナ。


「なるほどな。しかし、あの店主はドワーフではない。普通の人間だぞ」


 ドワーフと間違えられた、コロッケ屋の女店主。


「あ、ああ、あの。もしかして、レイラさんとアリスさんから作られたんじゃないでしょうか?」


 ナナは二人の話しを聞いて、レリスはアリスとレイラから作られたと予想した。
 カズトはナナミからその話しを聞かされていた為、驚く事はなかった。


「ハァ?この私がレイラと合体?勘弁してほしいわ」


「・・・それはこちらのセリフです。しかし、残念ながらそのようですね」


「こ、心当たりがあるんですか?」


 ナナのこの質問に、レイラは何故か頬を赤く染め、プイっと横を向く。
 すると、アリスが茶化すように理由を説明する。


「ふふふ。確かに、コロッケを食べたそうにしていた時のあのマヌケって!!危ないじゃない」


「・・テトの前で変な事を言わないで下さい!それにアレはアリスの・・その・・」


「二人共よせ。それよりも・・。」


 それよりもの、後に続く言葉が出てこないカズト。
 ナナミから聞かされた情報では、クリフがホワイトクリスタルを狙っている事。
 サクラ王国の姫様である、ミキ姫が狙われている事。
 レリスは、アリスとレイラからできているという事などだ。
 色々と三人に確認したい所だったのだが、それは全て、ナナミに繋がってしまう話しであった。


 ホワイトクリスタルについて聞こうにも、クリフがサクラ王国に向かっているという事も、何処から掴んだ情報?と聞かれてしまったら、答えは全て、ナナミに繋がってしまう。


 カズトが黙ってしまっていた事、否、黙ってしまわないといけなくなった事に、ナナがいち早く気づいた。


「すすす、すいません。カズトさんはタブーと言う魔法を、か、か、かけられたんです」


 だから、うまく喋れないんだと、アリスとレイラに説明する。
 ナナの説明を聞いていた二人は、特に気にした素ぶりを見せなかった。
 レイラの目が、一瞬光ったように見えたのは、気のせいではない。
 おそらく二人は、ナナを気遣ったのだろう。


「ま、まぁいいんじゃない。そんな事より、カズト!コロッケよ!コロッケ!」


「・・・私も食べてみたいです」


「あ、あの!コロッケってなな、何ですか?」


『美味しそうなヤツ(です)』


 やれやれ。
 楽しそうにじゃれあっている三人を見ながら、頭をかくカズト。
 今日はとびっきり美味い、コロッケを作ってやろう。


 夕日が沈み、夜がくる。


 いつも通りの夕食を。


 いつも通りのメンバーで。


 できる事なら、この先もずっと・・。


 次回第四章2     カズトの決意   下



「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く