世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第三章6 魔女 中

 ナナの魔法により気絶するカズト。
そのカズトをかばうアリスの前に現れたのは、仲間を呼ぶモンスター、アリ兵隊であった。
 一方ナナの後を追うレイラは、カズトが傷つけられた事により、バーサーカーモードになっていたのだが、カズトも知らないモンスター、アリ女王が姿を現すのであった。
 レイラから追われていたナナは昔を思い出して・・・。


 誰かが呼んでいる?
カズトは目を開けようとするが力が入らない。
もう少しだけ寝ていようかとまぶたを閉じかける。
(ナナ!!)
カズトは今の状況を思い出して目をあけた。
(俺は・・ナナの魔法をくらってしまい、気絶させられた)
目をあけたカズトを呼ぶ声。
カズトの目の前に見えたのは、アンアンと吠えているゴン太の姿であった。
(・・俺を呼んだのは・・ゴン太か?少し大きくなっているような?)
カズトがぼんやり眺めていると、ゴン太がカズトの鼻を甘嚙みしてきた。
「な、何をする」
カズトが上体を起こす。
「・・・!?」
(何だこれは・・)
カズトは驚愕する。
辺り一面をアリ、アリ、アリ。アリの残骸の光景が広がっている。
(・・アリス!レイラ!)
カズトが後ろを振り向くと、血だらけのアリスの背中が見えた。
「アリス!」
「・・・・!?」
アリスがカズトの方を向こうとした瞬間に、アリ騎士がアリスに襲い掛かる。
間一髪で攻撃をかわしたのだが、アリ騎士の攻撃によって生じた風圧に、アリスは吹き飛ばされてしまう。
(アリスがやったのか・・この数を・・1人で!?)
軽く50匹をこえるアリ兵隊やアリ団体、アリ軍隊、アリ軍隊の所でアリ騎士を呼ばれてしまったのだろう。
カズトが周りに気をとられていると、アリスに襲い掛かったアリ騎士が、カズトに襲い掛かる。
「・・クッ・・まずい」
カズトは剣で防御しようと試みるが、防御が間に合わないことを悟る。
ゴン太を懐に抱いて、カズトはいちかばちか右に大きくジャンプする。
一回転しながら転がるカズトの後ろで大きな破壊音が鳴る。
アリ騎士に隙ができたと、アリスが仕掛ける。
「ハァ、ハァ、くらぇぇぇぇえええ」
アリスの両手に黒い霧が集まっていく。
アリ騎士の頭上を飛んだアリスが、アリ騎士に向け両手を向けて叫ぶ。
「ヘルズクラッシュ」
アリ騎士を黒いレーザービームが襲う。
激しい爆音を鳴り響かせ、アリ騎士がいた地面がどんどんへこんでいく。
「はあぁぁぁぁぁあ・・ハァ・ハァ」
黒いレーザービームが消えると、アリ騎士の姿も消えていた。
アリ騎士を倒したアリスは、着地に失敗して地面に寝転んでしまう。
「ア、アリス!?」
カズトが急いでアリスの元に駆け寄る。
今の攻撃で全てを出し切ったのか、カズトが目を覚ましたからなのか、アリスは気絶してしまった。
(おそらくは・・俺が目を覚ましたからだろう)
アリスの状態を見てカズトは確信する。
アリスはずっと前から限界だったのであろうことを。
きっとカズトとゴン太の為にと奮闘していたアリス。
「くそ。どうなっている・・レイラは・・ナナを追ったのか」
レイラとナナの姿が見えない。
「アリス。しっかりしろ」
カズトの呼びかけに、返事はなくアリスは眠っている。
その時、カズトの背後で、大きな音が鳴り響き地面が揺れる。
(う・嘘だろ)
嫌な予感がして後ろを振り向くと、王冠を被り赤いマントをしているアリが立っていた。
他のアリとは違い、特徴的な部分として説明するのであれば、とにかくでかい。
カズトの前に現れたのは、アリ王様キングであった。


 カズトがアリ王様と対峙する数十分前、レイラはアリ女王と戦闘になっていた。
無数の手足に槍を持っており、レイラ目掛けて繰り出される槍の嵐。
しかし、レイラはそれをものともせず、ひらりひらりとかわしていく。
「・・つ、強い」
遠くから魔法でのぞいていたナナは息をのむ。
「・・これなら・・きっと」
アリ女王の隙をついて、レイラが攻撃をしかける。
「あ!・・レイラさんでも・・ダメ・・なの」
レイラがアリ女王の頭部をかかと落とししているが、アリ女王は少し体がよろめいたぐらいだ。
そして再びレイラ目掛けて無数の槍を振るう。
「・・レイラさんがダメだったら・・私は・・一体・・何の・・為に」
ナナは唇を噛み、胸元を硬く握りしめ、震えるのであった。


 ナナがそんな事を考えているとは知らず、レイラは焦っていた。
敵が強いからではない。
ナナを見失ってしまった以上、ここには用がない。
はやくテトの元に戻りたい。
レイラが、そんな事を考えながら戦っていたその時だった。
アリ女王の背後から、赤いマントを羽織った巨大なアリが、姿を現わした。
そびえ立つ木よりもデカいアリ。
「・・・テト」
ナナを追わず、テトの側にいるべきだったと、後悔するレイラ。
バーサーカーモードに入ると、頭に血が昇りカッとなってしまう事が、レイラは嫌いである。
戦う事も好きじゃない。
それでも、テトを傷つけようとするのであれば、自分は戦う事を望む。
ずっと隣に立っていたいから・・。
レイラは2匹のアリを倒すべく、腰を深く落とした。


 ナナは焦っていた。
突如現れたアリをナナも目撃する。
いくらあのレイラといえども、負けてしまうのではないだろうか?
自分もあの場に行って、少しでもレイラの助太刀をするべきでは、ないだろうか。
しかし、自分が行った所で役に立つのか。
「・・・おねぇちゃん」
どうするべきなのか、ナナは自分の心に深く問いかけていた。


 カズトは焦っていた。
頭をフル回転させるが、どの答えも”死”という答えが導かれる。
右手に剣をかまえ、左手でアリスが背中から落ちないように、固定する。
木から頭がはみ出しているアリ。
もしかしたら、気づかれていないかもしれない。
しかしカズトは、かもしれないという言葉が嫌いであった。
やるなら完璧に、徹底的に、完膚無きまで叩く。
哲学と聞かれたらこう答える。
大丈夫かもしれないで、行動して大丈夫じゃなかった場合、命を落とす。
これは、ゲームの世界であっても、ゲームではない。
「どうすればいい」
そんな事を考えているカズトに、無数の斧が降り落とされた。
「く、クソ」
斧をかわすが、斧が地面にあたったさいに生じる風圧によって、砕かれた無数の石つぶてならぬ、岩つぶてが襲ってくる。
剣でガードを試みるが何発か、かすってしまう。
「ぐわっ」
カズトはそれでも、アリスを落とさないように、踏ん張るのだが、剣が折れてしまった。
このままではマズイ。
心の中で呟くが、どうしようもないのが現状である。
レイラがこの場にいれば、戦況は変えられるのに。
そんなカズトに、再度無数の斧が降り落とされるのであった。
「・・頼む・・来てくれ・・レイラァァ!!」
カズトが叫ぶと同時に、カズトの背後から無数の光の雨が、アリ王様に降り注ぐ。
「テトを傷つけるなぁぁあ」
鬼の形相で、レイラが叫ぶ。
カウンターをもらう形で、アリ王様は後退した。
「た、助かったレイラ。ありがとう」
カズトは安堵する。
テトからそう言われ、レイラの頬が赤く染まる。
「レイラ。ナナはどうした?」
「すいませんテト。見失ってしまいました」
「そうか。仕方ない」
レイラに探索魔法は備わっていない。
それにここは魔女の森であり、見失ってしまってもおかしくない。


レイラとそんな会話をしていると、アリ王様が態勢を立て直し、無数の斧を一つの斧に束ねて、カズト達に降り落とされた。
アリ王様が、斧を束ねると同時にレイラが動く。
「ルミナスブレイク」
かかと落としでアリ王様の頭部を蹴り落とす。
蹴り落とした衝撃で、レイラはアリ王様の頭上をとる。
「ルミナスレイン」
ここぞとばかりに、レイラは魔法を連発する。
無数の光の雨が、アリ王様に降り注ぐ。
(魔法の威力が落ちている・・時間切れか)
バーサーカーモードは無敵ではない。
一定の時間が経つと消える。
また、テトの状態やレイラの心理状態にもよる。
テトがかすり傷程度なら5分も続かない。
今回は、気絶するぐらいのダメージを、という形で受けた。
そしてテトの姿を見て、安心したという事も大きい。
「レイラ!!ここは撤退する」
アリ王様に魔法を放ったレイラが、着地する所を見計らって声をかけた。
うなずくレイラの瞳は、いつもの色に戻っていた。


カズトがアリスをおんぶして、後方からレイラ、前方をゴン太が走る。
遠くの方からが、後ろを振り向く余裕が今はない。
しばらく走ると、レイラから声がかけられた。
「テト?様子が変です」
レイラにそう言われたカズトは、スピードを緩めてレイラに並ぶ。
「何かおかしいのか?」
「はい。追ってきません」
そう言われてカズトは、立ち止まって後ろを振り返る。
レイラの言うように、カズト達に追っては来ていなかった。
「アン」
ゴン太に呼ばれ、ゴン太を見るとうっすら消えかかっている。
「ここまでありがとなゴン太!今度美味しいものを食べさせてやる」
「アン」
アリスの召喚魔法が切れたようだ。
ゴン太が、消えたその時であった。
突如遠くの方から爆音が鳴り響き、地面が揺れる。
いくつもの木が倒れたのか、遠くから土煙りが舞っていた。
「どうやら、向こうで戦闘がおこなわれているようです」
レイラが確認してきます、と言って木を駆け上がる。
「・・・戦闘?・・・まさか?」
木から降りてきたレイラが、言いづらそうに告げる。
「さっきのアリが遠くの方へ見えました。また・・・槍を持ったアリもおり、2匹が共に誰かと戦闘中かと思われます」
カズトの顔が青ざめる。
さっきの巨大なアリが、違う武器を持って2匹暴れている。
そしておそらく戦っているのは、ナナだ。


 カズトの予想は当たっていた。
レイラの前に現れた2匹のアリだったのだが、赤いマントを羽織ったアリが、突如どこかへ行ってしまった。
レイラとナナは赤いマントを羽織ったアリが向かう方角に、カズト達がいる事を悟る。
「・・・テト!」
レイラが突如アリ女王との戦闘をやめて、赤いマントを羽織ったアリを追う。
しかし、レイラを足止めするかのように、無数の槍がレイラに降り注ぐ。
その光景を魔法で見たナナは焦った。
レイラをひき連れて行きたかったのに、急にいなくなろうとしているからである。
「・・・待って・・行かないで・・私は・・くっ」
大急ぎで持っていた杖を、レイラに向けて魔法を唱える。
「ダークフレイイム」
ダークフレイムと言わないといけない所を、慌てたせいで呪文を噛んでしまい、噛んだ事によって更に慌ててしまい、杖をアリ女王に向けてしまった。
魔法は不発に終わったのだが、攻撃を向けられた事によって、アリ女王がナナに気付く。
ナナに気付くと、アリ女王はでかい羽をはばたかせてナナに近づいてきた。
アリ女王がいなくなった事を確認する暇を惜しんで、レイラはカズト達の元へ急ぐ。


 突然こっちに向かって、飛んでくるアリを見て、ナナはパニックになる。
「・・ひっ!!」
ナナは急いで木から飛び降りて、逃走を試みる。
「ダーク、クウィンド」
地面にぶつかる寸前で唱えた魔法も噛んでしまい、着地に失敗したナナ。
「・・ハァ・・ハァ・・イタ・・い」
直接地面に激突していたら、死んでいただろう事を悟ったナナは冷静になる。
そんなナナに、無数の槍が降り注がれた。
「・・きゃっ!!」
直撃だけは避けるべく、かわす事だけに全神経を集中させるのだが、攻撃によって生じる風圧や、岩の破片など計算できるわけもなくナナは吹き飛ばされ、地面を転がされる。
よろよろと立ち上がるナナ。
「わ・・わたしは・・死ねない・・死ねない!!」
杖を地面に突き立て、それを柱がわりにして、よろよろ立ち上がる。
「我は最強魔法の使い手ナナである!!」
杖を右手で持ってアリ女王に向ける。
左手は額にあてて。
両足を広げて自信満々に、声を大きくあげて自分に気合をいれる。
真っ黒なローブが若干赤く染まりつつあり、所々破けてしまっている。
ボロボロなナナはここで勝負をしかけた。
「ダーク」
杖を地面に突きたてる。
すると、突き刺した地面から黒い煙があがった。
目くらましをしたナナは直ぐその場を離れる。
煙があがった所に槍が突き刺さる。
突き刺さった槍が抜けないのか、槍がその場にとどまっている。
その光景を見たナナは好機と見て、最強魔法を放つ準備をする。
「ダークバースト」
杖に強力な電気と風が集まる。
「もっと・・もっと・・もっと!!」
ナナの持つ杖に集まる風が強くなり、小さな竜巻ができる。
その竜巻に電気が絡み、バチバチバチと音をたてる。
どんどん大きくなる竜巻。
ダークの効力が切れると同時に槍が抜け、アリ女王が槍を束ね天高くあげる。
アリ女王が槍をあげる光景をみたナナは、目をカッっと開きここだ!!と杖を相手に向ける。
「ダークバーストショット」
杖から放たれるナナの最強魔法。
アリ女王にぶつかると同時に空から雷が落ちる。
風で体を切り刻まれ、切り刻まれてできた傷口を電気が襲う。
そして、大きな雷が空から降ってくる。
「・・ハァ・・ハァ・・や・・た」
大きな穴があいた地面を見て、ナナは再び倒れそうになった。
何とか杖で体を支える。
「お姉ちゃん・・私・・!?」
空を見上げ、深呼吸すると遠くから何かが近づいてくる足音。
さらに、遠くからこっちに向かってくるさっきのアリ。
「ま・・まさか」
ナナの前に現れたのは、赤いマントを羽織ったアリと羽を生やしたアリ。
アリ王様とアリ女王であった。


 カズトは走り出した。
「・・ナナを助けるのですか?」
走っていると後ろから声がかけられた。
「あぁ」
短くそう伝える。
「・・行かないでほしいと・・言ったら私を嫌いになってしまいますか?」
最後の方は、震えているような声であった。
「レイラ!嫌いになる事だけは絶対にない」
レイラを元気付けるように、力強く、怒っているように聞こえてしまうかもしれないが、大きく。
「では・・なぜ・・?」
今度は走りながらではなく、立ち止まってレイラを見る。
カズトを見上げるレイラの目をきちんと見て、カズトは答える。




「俺は”勇者”だからさ」


その言葉にレイラは頬を赤く染め上げて、嬉しそうに微笑えむのであった。


次回第3章6 魔女 下


※ここまで読んで頂きありがとうございます。
さて、今回はいかがだったでしょうか?
いつもより長くなってしまいましたが、読み応えはあったのではないでしょうか。
技名がちょっと迷ってしまいますね・・アニメや漫画、ラノベやゲーム好きだと被らないように考えるのが非常に難しいのです。
なので、パッと浮かんだのをつけております。
おそらく被らないというのは、不可能だからです。
あまり長くなってはあれなので・・この辺で。
では、次回もお楽しみに。



「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く