世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第三章5 魔女の村 中

 カズトが敵に向かって剣を振る。
かわされた所をアリスの蹴りが飛ぶ。
数が多ければナナの魔法が飛び、ケガをしたらレイラが回復する。
実にいいコンビネーションであったのだが戦闘の後、アリスはぷくーっと頬を膨らます。
「まだすねているのか?」
「別に」
最初の提案、アリス中衛に納得していないアリス。
「さっきの事を忘れたのか?」
「あ、あれは・・忘れなさい!!」
アリスが顔を赤くしてカズトから顔をそらす。


 アリスがどうしても前衛がいいというので、仕方なくアリスを前衛にしたフォーメーションを組んだのだったが・・アリスが暴走した。
「敵・・しかもアレ・・は!?スーパースライムじゃない!!!」
スーパースライムを見たアリスは、目を光らせ「もらったぁぁぁぁあ」と叫びながらスーパースライムに突進していく。
「待てアリス!!そいつは物理攻撃が効きにくい相手だ!」
カズトは剣を構えながらアリスを呼びとめる。
ぷよぷよした緑色のモンスター、スーパースライム。
このモンスターは物理攻撃が効きにくいが、物理攻撃で倒した場合のみ、スーパースライムソーダの素材、スーパースライムの涙を落とす。
高く売れる為、カズトはゲーム中に何度も対戦経験がありよく覚えている。
だがカズトの忠告も虚しく、アリスの蹴りが飛ぶ。
「スーパースライムソーダぁぁぁぁ」
ダイナミックな飛び蹴りを繰り出すアリスだったのだが、スーパースライムにあたると同時に右足が飲み込まれてしまう。
その光景にカズトは頭を抱える。
「待てっていただろう」
「だ、だって、えっ・・何?み、右足がヌルヌルする!カ、カズト助けなさい」
助けてもらう時も偉そうなアリス。
カズトがアリスを救出し、ナナが魔法で倒す。
その時、レイラはゴン太と遊んでいた。


 その後はカズトを前衛としたフォーメーションを組んでいた。
「ナナもそんなに落ち込むな・・な?」
「うぅぅすいません・・」
ナナは肩を落として、落ち込んでいる。
(アレは仕方がないよな・・)
ナナが落ち込んでしまったのは、キノコ型のモンスター討伐のせいであった。
カズトはさきほどの戦闘を思い返す。


 カズト達の前に、けたけた笑うキノコモンスターが1体現れた。 
「なんだ・・アレは」
カズトが剣を構え、驚きながら3人にたずねる。
「アレはワライだけね」
アリスが両腕を組んで答える。
「キノコなら火が苦手のはずだわ。ナナ!炎系の呪文をだして」
アリスがナナに指示をだす。
アリスに急に呼ばれたナナは、ビクっとしながらも杖をかまえる。
「ハ、ハイ!ではうちます」
ナナが詠唱を始める。
「ワライだけ・・!?ナナ魔法をうつな」
嫌な予感がしてカズトがナナをとめにはいる。
「赤き漆黒の炎よ   我にその力を指し示せ」
しかしカズトの忠告は間に合わず詠唱が完成する。
「ダークフレイアハハハハ」
ナナが突如笑いだし、杖がアリスに向けられ、ナナの杖からダークフレイアが、アリスに向かって放たれた。
アリスは慌ててかわしたのだが、炎がアリスめがけて追ってくる。
「ちょ、ちょっと何やってんの」
「ごごごごめんなアハハハハ」
アリスが炎から逃げるのを、楽しんでいるナナみたいな構図ができあがってしまった。
ワライだけの性質は、攻撃を仕掛けた相手を笑わせるという性質をもったモンスターのようだ。
「ちっ、やっかいな敵だ。仕方ない、剣が効くかはわからないがいくぞ」
カズトがワライだけに向かって加速する。
「くらえ!はぁぁぁあアハハハハ」
剣を横に振ってワライだけを倒すカズト。
カズトはワライだけを倒すのだが、笑いながら剣をふる光景が、ワライだけを倒すのを楽しんでいるような、そんな構図ができあがってしまい、炎から逃げるアリスと笑うナナ、色んな意味でカオスであった。
「し、しつこい炎ね」
「す、すすすすいまアハハハハ」
その時レイラは、ゴン太と戯れていた。


 カズトはナナを再度はげましたのだが、あまり長引かせるのはよくないと考えた。
(これ以上は話しを蒸し返す事になる。それに・・)
チラっとレイラを見る。
カズトの視線に気づいたレイラが、素早くカズトの前にやってくる。
「・・テトなんでしょう?」
可愛らしい表情を浮かべ、右目だけ紫色に変えて首をかしげるレイラ。
「いや、レイラ。もう少し手加減をだな・・」
カズトは頬から血を流して、レイラに話す。
「あのモンスターはテトを傷つけました」
そう言ってそっぽを向く。
今カズト達は、ほこらを見つけて休憩している。
否、休憩せざるを得ないが正しい。
回復ができない以上、戦闘はできない。
万が一大怪我を、してしまったら大変だからだ。
カズトはさっきの戦闘を、思い返していた。


 ほこらの近くについたカズトの前に、アリ兵隊が1匹現れた。
その姿を見たカズトはアリス、ナナに指示をとばす。
「あれは・・アリ兵隊!アリス、ナナ!いいか!あいつは一撃でしとめるんだ」
剣を構えながら、アリスとナナに指示をだしたのだが、アリスがすでに攻撃を仕掛けていた。
「私に出会った事を後悔しながら死になさい」
アリ兵隊に向かって加速したアリスは、力をためる。
右拳に力をためたアリスは、一気に加速してアリ兵隊へと向かっていく。
「ヘルズアタック」
黒い煙に包まれた右拳を、アリ兵隊の頭に命中させると、アリ兵隊の頭が地面にめり込んだ。
「ア、アリス!とどめをさせ!」
カズトが再度指示をだす。
「と、とどめってアンタは悪魔なの」
悪魔に悪魔呼ばわりされたカズトは、早口で指示をだす。
「理由は後だ!早くし・・」
早くしろと言いたかったのだが、アリ兵隊を見て言葉がでてこなかった。
アリ兵隊はお尻をふりふりさせている。
その姿を見たカズトは、ナナに指示をだす。
「ナナ!一定エリアに魔法を放てる準備だ」
カズトに急に呼ばれたナナはビクっとする。
「す、すすすいません。魔力がたりないです」
ペコペコしながらナナが答える。
カズトが顔を青くしながら、アリ兵隊に目を向ける。
(くっ・・遅かったか)
カズトの視線の先に、見えるアリ兵隊の動きがとまっていた。
「く、くるぞ!!アリ団体だ!!」
ぞろぞろと、アリ兵隊の周りに、アリ団体が5匹やってきた。
アリ兵隊より少し大きめのアリ団体が、カズト達を取り囲む。
「ちっ、いいか!アリ軍隊が来る前に、なんとしてもくいとめるんだ!」
このモンスターは冒険者泣かせで有名なモンスターである。
アリ兵隊がアリ団体に。
アリ団体がアリ軍隊に。
アリ軍隊がアリ騎士に。
アリ騎士以上もあるのだが、まだ出会った事がない。
アリ兵隊は死ぬ間際に仲間を呼ぶモンスターである。


 アリスが敵を蹴散らし、カズトとナナがとどめをさす。
さすがにレイラも戦線復帰し、回復魔法に専念していた。
「ベルズクラッシュ」
「ダークフレイア」
アリスとナナ同時に唱え、カズトがとどめをさそうとしたのだが間に合わず、アリ軍隊のおでましになった。
その数30匹。
「うじゃうじゃして気持ち悪いわ」
うげーっとアリスが嫌な顔をする。
「うううう気持ち悪いです」
ナナはぐったりしていた。
「バ、バカ!目をそらすな」
カズトが注意するのだが、アリ兵隊に周りを囲まれてしまう。
「このままではまずい・・」
1匹の敵を剣で弾き飛ばし、2匹目を蹴り飛ばす。
しかし3匹目4匹目と間に合わず、カズトが吹き飛ばされてしまう。
・・・・。
体勢を立て直し、アリスと3匹目4匹目を倒す。
しかしあまりの数にアリスとカズトは吹き飛ばされてしまう。
・・・・!?
ナナが魔法を放つが、かわされてしまい、ナナが吹き飛ばされてしまう。
吹き飛ばされてしまった場所へ、レイラが行って治療する。
5匹目6匹目にカズトが吹き飛ばされた瞬間、あたりを風が吹き荒れる。
「・・まさか?」
カズトがレイラの方を向くと薄い紫色の瞳と目が合った。
カズトの頬から、血が流れているのを見たレイラの瞳が紫色に変化する。
「うぉおおぉぉぉぉお」
レイラが叫ぶと同時に地面が揺れる。
「バーサーカーレイラ・・」
カズトがレイラを見て確信する。
「テトを傷つけるなぁぁぁぁ」
レイラは地を蹴り、アリ軍隊に向かって疾走する。
レイラの姿が消えた瞬間、次々と宙にアリ軍隊が舞っていく。
25匹目が舞ったところでレイラの姿が見えた。
レイラの姿が見えた場所はアリ団体の頭上であり、アリ団体に向けて右手を向けている。
「ルミナスレイン」
光の雨がアリ団体目掛けて降り注ぐ。
土煙が舞い、もの凄い音が辺り一面に、響き渡る。
その光景にポカンと3人は固まってしまう。
自分達はあんなに苦労したのに・・少し落ち込む3人であった。


 煙がはれてきたのだが、ある事にカズトは気づいていた。
「やややや、やったんですか?」
びっくりしすぎててんぱっているナナ。
「いや・・・くるぞ!!」
カズト達に向かって近づいてくる足音。
4人の前にさっそうと現れたのは、アリ騎士であった。
「でかい・・」
「なななレイラさんでも倒せなかったんですか」
(バーサーカーレイラになってもレイラは殺せない・・)
カズトは心の中で呟きながら、相手を見る。
(3mはあるだろうか・・)
2本足で立ち、残りの足4本にそれぞれ剣を握っている。
特徴的なのは、それぞれ違う剣だという事で、サーベル、レイピア、短剣、大刀である。
アリ騎士がレイラに襲いかかろうと、攻撃を仕掛けてきた。
レイラに突進したアリ騎士だったが、アリ団体と同じく宙に舞う。
レイラの姿が消える。
消えた場所、レイラが駆け抜けた所から火があがる。
アリ騎士を、宙に吹き飛ばしたレイラの姿が見えた場所は、アリ騎士の頭上であった。
「ルミナスブレイク」
右足に炎をまとい、かかと落としで敵を地面に蹴り落とす。
地面が割れ、隕石が衝突したのかと思わせるような、でかい穴があいた。
金髪のツインテールを揺らしたゴスロリ服のレイラ。
その光景にナナは「これが魔王サタンを倒した人達の力・・」と呟いていた。


 一撃で敵を倒したからか、アリ騎士以上は姿を見せなかった。
レイラの活躍もあり、大幅な経験値とお金が手に入ったカズトであったのだが、クーレターみたいになっている地面を見て、敵に同情してしまったのだ。
「傷つけたって・・」
そういいかけたが、レイラのおかげで窮地を脱したのだから、せめるのも可笑しいかと言うのをやめた。
レイラのバーサーカーモードが切れるまで、ほこらで休憩しようと考えていたカズトに声がかけられる。
「・・・皆さん」
声をかけたのはナナであった。
真剣な眼差しでカズト達を見るナナ。


「魔女の村を救って頂けませんか」
そう言って頭をさげるのであった。


次回第三章5 魔女の村 下


※ここまでお読みくださり、ありがとうございます。
モンスターの特徴、性質やカズト達の戦闘シーン等、文章にするのは難しいですね。
頭の中ではアニメ化されているので、アニメ化されれば伝わるのに・・笑
次回は下になります。
引き続きお楽しみくだい。











「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く