世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第三章5 魔女の村 上

 魔女の森からボステムまで行く道中に、勇者の剣があるとレイラに聞き、ボステムを目指すカズト達だったのだが、魔女の森に入る前に1人の少女と出会った。


「わわわわ、我は最強魔法のつつつつ、使い手ナナナナ、ナナである」
(最強魔法?この子が?)
「ナナナナ、ナナって凄い名前ね」
「いえ、あれは違うのではないでしょうか」
アリスとレイラの声が聞こえたのか、少女は「はわわわ」と呟きながら顔を両手で隠してしまう。
「・・とりあえず落ちつけ。俺の名はカズトだ」
一定の距離で、相手を怖がらせないように、カズトは自己紹介する。
「私はアリス。コイツのご主人様よ!」
アリスは両手を腰に当て、偉そうに自己紹介する。
「私はレイラ。テトは私の・・旦・那さま・・です」
最後の方だけ顔を横に向け、耳を赤くしながらボソボソ自己紹介した為、私はレイラしか聞こえない。
「フー。カズトさんに、アリスさんに、レイラさんですね。私はナナです」
ナナは深呼吸をし、落ち着いて自己紹介をする。


「ナナは最強魔法の使い手なのか?」
カズトはナナを、怖がらせないように、気をつけながらたずねるが、聞かれたナナは慌てだした。
「ご、ご、ごごめんなさい!嘘ですぅ」
ペコペコペコペコと何度も頭を下げるナナ。
「なんで嘘なんかつくのよ」
アリスが不機嫌そうに聞く。
「す、す、す、すいません。そう言えば戦わずに済むと思ったからです」
「戦うとはどういう意味でしょう?」
首をかしげ、レイラがたずねる。
「あっ、ハイ!私達は魔女の村に住んでいる魔女なんですが、私達を捕まえて売ろうとする人達がいるため、こうやって警戒をしているのです」
「俺たちを盗賊か何かだと思ったから、嘘をついたのか?」
「ご、ごごご、ごめんなさい」
「気にするな。それで疑いは、はれたって事でいいんだよな?」
「ハイ。勇者一行のレイラさんがいらっしゃいますし、悪い事はなさらないかと」
ナナはレイラを見て、カズト達は悪い事をしないと判断してくれたみたいだ。


 ナナが落ち着いた所で、カズトはこの森に来た理由を話す。
それを聞いたナナはしばらく考えた後、カズトに話しかけた。
「カズトさん。魔女の村には掟の為ご案内できませんが、近道ならご案内できます」
魔女の村には特に用がないので、ナナの提案にお礼を言うカズト達だったのだが、ナナが条件をだしてきた。
「あの・・条件というわけではないのですが」
あごの下で、両手をもじもじし始めたナナ。
「お!お願いします!少しの間モンスターの討伐を、手伝っていただけないでしょうか!」
深々とお辞儀するナナ。
「別に構わないよな?」
よな?といいながらアリスとレイラを見る。
アリスもレイラもカズトの質問にうなずいて答える。
パァァァっと明るい表情で、お礼を言うナナ。
こうして、4人はモンスター討伐に行くのであった。


 魔女の森から少し離れた場所で、カズト達は座っていた。
モンスターから隠れているわけではなく、休憩をとりながら作戦を考えていた。
「・・であるから、アリスが中衛、ナナが後衛、俺が前衛で、レイラがナナを守りつつ回復係りだ」
地面にフォーメーションを書きながら、カズトが作戦指示をだす。
(完璧だ。自分の采配は完璧すぎる)
「中衛って何?」
「・・?中衛は中衛だろ?」
「だ・か・ら!どういう意味かって聞いてるの!」
(何を言っているんだこいつは?)
なぜか不機嫌なアリスの為にカズトは図ではなく、直接指示をだす。
「アリスはここに立て。レイラはここ。ナナがそこで、俺がアリスの前に行く。これだ」
カズトが後ろを振り向くと、アリスが文句を言ってきた。
「嫌よ!何であんたより後ろなのよ!カズトは後ろ!」
「剣しか振れない俺が後ろで何をしろと言うのだ・・」
カズトは頭を抱えるのだが、アリスの言い分を、援護する者が現れる・・・・レイラだ。
「・・!!・・・アリスの言う通りです。テトは私と後ろにいればいいのです」
いつもなら、カズトの意見に賛成するレイラなのだが、こういう時だけアリスのかたを何故もつのか、カズトには解らなかった。
「ではテトが後ろに来るのであれば、中衛はナナに行かせましょう」
「えぇぇぇぇ!わ、私ですか!?」
「お前らなぁ」
カズトが再度、頭を抱えていると、カズト達に近づいてくる足音がする。


 額に角を1本生やしたウサギが2羽、姿を現した。
「ち、こんな時に・・あれは敵なんだよな?」
「カズト!敵かどうかは目を見なさい。目が真っ白なのは敵よ」
カズト達に緊張がはしる。
(初めての実戦がラビビットとはやっかいだな)
ラビビットは、すばしっこい為、攻撃が当たりにくい敵で有名だ。
カズトが緊張しながら構えていると、アリスから指示が飛ぶ。
「カズト!何としてでも捕まえるわよ!捕まえて今夜のおかずはラビビットの丸焼きよ」
カズトはラビビット目掛けて剣をふるのだが、素早くかわされる。
(この・・)
1羽のラビビットをカズトが相手していると、アリスから檄が飛ぶ。
「何やってんのよ!しょうがない・・いでよゴン太!」
そう言って右手を地面に置くと魔法陣が形成される。
(召喚魔法!?)
そこに現れたのは・・・手のひらサイズのケルベロスであった。
「か、かかかか可愛い!!」
ナナが目を輝かせ、頭上にハートが飛ぶ。
「全く・・(チラ)戦闘・・(チラ)中に・・(チラ)」
レイラが頬を赤くしながらチラチラゴン太を見る。
(お前らなぁ・・)
結局、2羽をカズト1人で倒した。


 ラビビットの丸焼きを、食べながら休憩していると、アリスがごね始めた。
「あぁぁぁぁスライムソーダ飲みたい」
「言っておくがアレはお酒だから絶対ダメだ」
「お酒って?」
カズトはお酒についてアリス達に解かりやすく説明する。
「ハァ?お酒ってやつな訳ないじゃない。アレは体にいいものなのよ」
「・・・そうなのか」
レイラに確認すると、うなずくレイラ。
「誰が好き好んで体に悪い物をのむのよ!しかも成長の妨げになる物なんて、尚更飲まないわよ」
(確かにそうか・・)
 これ以上はアリスから蹴りが飛んできそうなので、ナナに話しをふる。
「ナナはどうして俺たちに、モンスター討伐を手伝ってほしかったんだ?」
「ハイ。実は・・・私・・実戦経験がなくて・・1人では心細いですし・・」
恥ずかしかったのか、顔を赤くして下を向く。
(・・そういう大事な事は早く言ってくれ)
カズトは心の中でつっこむ。
ナナ同様にカズトも実戦経験をつみたいと考えている。
「よし!それならもっと俺達と実戦経験をつまないとな」
カズトのこの提案に嬉しそうに笑うナナであった。


次回第三章5 魔女の村 中




※やっと主人公のカズトが戦いだしました・・いやぁお待たせいたしました。
これからどうなっていくのか、どうぞお楽しみください。







「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く