世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第一章3 レイラVSアリス

 レイラは入り口から、ゆっくりと部屋の中に足を踏み入れた。


 レイラを見るカズト。


 息一つ切らす事もなく、怪我という怪我も見当たらなかった。


(…やはり、あのレイラなのか?)


 彼女の姿を見たカズトは、驚いていた。


 ゲーム画面で見ていた通りの姿。


 つまり、この世界はゲームの中だという可能性が、ぐんっとあがったという事だ。


 ごくり、と、唾を飲み込みながら、再度レイラに目を向ける。


 レイラの青い瞳の右目が、紫色に変わっている事から、バーサーカーモードになっている事はすぐに解った。


 レイラはバーサーカーモードになっているだろうと想像していた為、あまり驚かなかったのだが、傷一つ負った形跡がない事に、衝撃を受けてしまう。


 かつて勇者軍で、ゴーレムやアダマンタイトと戦った事はあったのだが、無傷という事は一度もなかったからだ。


(レイラ…)


 バーサーカーモードとは、ここまで凄いのかと、改めて驚いていると、頭の中でアリスの声が聞こえてくる。


「いいカズト。結界魔法を使ったから、アイツにはアンタが見えないはず。その中なら安全だからジッとしてなさいよ」


 どうやら先ほどのブラッシングという呪文は、姿を消す事のできる魔法らしい。


(ま、待て!アリス!?)


 二人の間に割り込み、二人を止めようと試みるカズトであったが、その場から一歩も動けなかった。


「初めまして…私はアリス。そしてさようならレイラ。お父様の仇、ここでとらせてもらうわよ」


 アリスは人指し指をレイラに向け、宣言する。


 青く長い髪をなびかせ、金色の瞳でレイラを見るアリス。


 金髪のツインテールを揺らし、青い瞳と紫色の瞳でアリスを見ていたレイラは、スンスンっと、鼻を鳴らす。


 鼻を鳴らしたかと思ったら、急に下を向き、肩をふるわしながら拳を強く握りしめるレイラ。


「…する」


 レイラは、何かを囁いた。


「…トの…匂い」


 レイラは呟く。


「テトの匂い、テトの…匂い」


 レイラの両目が、カッと見開かれた。


「テトを…テトを…返せぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえ!!!!」


 レイラが叫ぶと同時に、部屋中に風が舞う。いや、吹き荒れると言った方が正しいかもしれない。


 激しい爆風が部屋全体を駆け巡ると同時に、レイラの姿が消える。


 アリスはサッと、右に拳を向けたのだが、レイラはその拳を両手で掴み、そのままアリスを宙に投げた。


「ルミナスレイン」


 レイラは宙に右手を向け、呪文を唱える。


 光の雨が宙に、否、アリスに降り注ぐ。


「…アテナストライク」


 アリスは地面に左手を向けて、呪文を唱える。


 無数の黒い炎が、レイラに放たれた。


 二つの魔法が激しくぶつかり、パン!っと弾けると同時に、レイラが動く。


「ルミナスブレイク」


 レイラの姿が消え、ダダダダタっという音が鳴り、音が鳴った地面から、次々と火花があがる。


(レイラ!?)


 火花が上がった場所は、レイラが通った場所だと、カズトだけは気づいていた。


「…ちっ。ちょこまかと」


 あまりの速さに、アリスはレイラの姿を見失ってしまう。


「…落ちて下さい」


 疾風のごとく速さで、アリスの後ろをとったレイラは、炎を宿した右足で、かかと落としを繰り出し、アリスを地面に蹴り落とした。


 ここぞとばかりに、レイラは呪文を詠唱する。


「右手には加護を、左手には慈悲を」


 レイラの背後に、巨大な魔方陣が形成される。


(ま、まさか…まずい)


 カズトは焦った。


 レイラが唱えた呪文は、普通の魔法ではなく、詠唱魔法だったからだ。


「ルミナスヘブン」


 レイラに蹴り落とされ、下の階にいるであろうアリスに向けて、光の光線が放たれる。


 白い光…レーザービームは、魔王城を大きく揺らす。


(ア、アリス…おいアリス?無事か?返事を、返事をしろ!!)


 聞こえているかは分からないが、カズトは思いっきり叫んだ。


 さすがに連続魔法に疲れたのか、レイラは軽く息を切らしながら着地した。


 バコン!


 レイラが着地をすると同時に、地面が吹き飛び、再び宙を舞う事になったレイラ。


 右手を突き上げ、レイラが居た場所から、アリスが飛びだしてきた。


(ぶ、無事だったか…)


「アンタ中々やるじゃない。チョットだけきいたわよ」


 アリスはレイラに向かって、そんな事を言ったのだが、その言葉は、カズトには強がりにしか聞こえなかった。


 ボンテージ服が少し破けていて、ちょっと焦げていたからである。


 吹き飛ばされたレイラは、くるくる回りながら地面に着地する。


 レイラは、アリスに話しかける。


「…テトがこの部屋にいたはずです。どこにいるのか、正直に話せば命まではとりません」


 そう言いながら、アリスにいつでも攻撃できるよう右手を向ける。


「は?テト?知らないわよ…っていうか、まるで私じゃ勝てないみたいや言い方ね」


 腕を組みながら、不機嫌そうにアリスが答える。


「見てなさい!今度はこっちからいくわよ。いでよゴン太」


 アリスが地面に右手を置くと同時に、地面に魔方陣が形成される。


「アオーン!」


 地面から現れたのは、大きなケルベロスであった。


(まさか、召喚魔法か?)


 カズトは驚いた。


「さぁいくわよゴン太!アイスブレス」


 凍てつくような氷の刃が、レイラを襲う。


 グッと足に力を溜め、高く跳躍するレイラ。


「逃がすと思った?ゴン太!ファイアーブレス」


 宙に逃げたレイラに、紅蓮の炎が襲う。


 ゴォォ!と音をたてながら、向かってくる炎を見るレイラ。


「仕上げよゴン太!ウィンドブレス」


 襲いかかる炎を、高速回転でかわしていたレイラに、突風が襲う。


 流石に、風を回転でかわすことができず、レイラは天井へとぶつかってしまう。


(なるほど…ゴン太と呼ばれたケルベロスは、それぞれの頭で呪文が違い、氷・炎・風を使うことができるみたいだ)


 天井にぶつかり、地面に落ちてくるレイラ。


 追い打ちをかけるべく、アリスが唱える。


「ヘルズクラッシュ」


 呪文を唱えたアリスが、天井に向かって両手をかかげると、両手から黒いレーザービームが放たれた。


 ドゴォン!


 アリスのヘルズクラッシュによって、魔王城の天井がなくなり、綺麗な星や雲が見える。


(……ど、どうなっている)


 二人の戦闘を見ていたカズトは、驚いていた。


(…アリスとは、ここまで強いのか?)


 バーサーカーモードのレイラと、ほぼ互角ではないか?と、カズトは考えていた。


(良かった…無事だったか)


 空を見上げるカズト。


 レイラの姿が見えてきたが、呪文の所為か、天井にぶつかった所為なのか、ゴスロリ服が破けており、白い右腕が見える。


 レイラは額を切ったのか、血がでていた。


 その姿を見たアリスは、勝ち誇ったように口元をゆるめた。


(マ、マズい。このままではマズイ!)


 カズトは焦った。


 このままではアリスかレイラ、どちらかが死んでしまう。


 なんとかしなくてはと焦るが、カズトは結界の中であり、声も聞こえなければ、動く事すら出来ないでいた。


 カズトが、そんな事を考えているなどと気付かない二人。アリスが動く。


「ゴン太!」


 レイラがゴン太の攻撃をかわすと、アリスが接近戦でレイラを吹き飛ばす。


 吹き飛ばされる瞬間に、レイラも魔法を使い、アリスを吹き飛ばす。


 魔王城に、血だらけの少女が二人。


 その光景を、ただ眺めている事しかできないカズト。


 一体どのくらい、この攻防が続いただろうか。


 しばらくすると、アリスが不機嫌そうな顔をしながら構えを解いた。


「ねぇあんた。まさかわざとやってるの?」


 アリスがレイラに尋ねる。
 尋ねられたレイラが黙っているのを見て、アリスが再び話しかける。


「アンタさっきから、一度もゴン太に攻撃してこないじゃない」


(……!?)


 言われてカズトも気づく。


「…動物には、何の罪もありませんから」


 レイラは警戒しながらも、アリスの問いに答える。それを聞いたアリスは、ク、クク…アッハハと、高笑いしだした。


「あ〜可笑し。アンタ気に入ったわ。ねぇ少し、話しをしましょうよ」


 アリスの言葉を聞いたレイラは、警戒しつつだが構えを解いた。


「テトってヤツは、この部屋に本当に居なかったわ。この部屋に居たのは、私と部下のリザードマン。それと私のしもべだけよ」


 アリスがカズトに向けて、パチンと、指を鳴らした。


 パチンという音と共に、カズトの姿が露わになる。


「……!?」


 カズトの姿を見たレイラの瞳が、見開かれた。


(…しもべって。誤解されるだろうが!し、しかし、良かった)


 戦闘が終わった事にホッとするカズトが、レイラに自己紹介しようとしたその時である。


 タタタタタタバッ!


「……お、おい!?」


「ちょ!?」


 レイラがいきなり、カズトに抱き着いてきたのだった。


 驚くアリスとカズト。


 レイラは満面の笑みを向けて、こう言ってきたのだった。


 テト…やっぱり居た!と。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く