世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて

伊達\\u3000虎浩

第一章4 現実世界

【4】


 一瞬何を言われたのかが理解できず、固まってしまうカズト。ぎゅっとカズトを抱きしめ、幸せそうなレイラ。そんな二人を見て、口を開けて固まるアリス。


(・・テト・・?)


 レイラは確かにそう言ったよな。


「な、何してるのよ!」


 アリスは顔を赤くして、カズトとレイラを引き離す。引き離されたレイラの目が鋭くなり、アリスを睨みつけた。


「テトはいないって言ったけど、いるじゃないですか」


「こいつはテトじゃない」


 今にもおでこが、くっつきそうな距離で睨みあうアリスとレイラ。


「二人ともやめろ。レイラ。俺の名前はカズト。輝基 和斗だ」


 睨みあう二人を引き離しながら、カズトはレイラに自己紹介をする。


「・・カズト?」


 レイラは首をかしげながら、不思議そうな顔を向けてくる。


「そうだ!なぁレイラ。少し質問させてもらっていいか?他の仲間はどうしたんだ?テトやクリフ、ダンと一緒だったんじゃないのか?」


 勇者テト、バーサーカーレイラ、魔法剣士クリフ、守護神ダン。勇者一行のメンバーであり、プレイしていたカズトはもちろんだが、この世界で知らない人はいない有名人である。


 勇者テト。
 全ての能力に特化しており、もちろんゲームの中での主人公である。
 戦略兵器バーサーカーレイラ。
 回復専門だが、バーサーカーモードになった場合のみ攻撃専門になる。バーサーカーモードになるには条件があったり、回復魔法が使えなくなったりと欠点があるが、バーサーカーモードになった場合、レイラは誰よりも強い。


 魔法剣士クリフ。
 エルフ族の異端児であり、冷酷な性格である。自己中な部分もあるのだが、単純な剣技のみならテトより上である。
 守護神ダン。
 ドワーフ族の彼は、魔法が使えない欠点があるが、攻撃力や防御力が高く、テトやレイラが呪文を唱えてる間、おとりになって助ける。魔法のきかない相手なら頼りになるが、物理がきかない相手なら全く頼りにならない。


 レイラがバーサーカーモードになっている以上、テトの身に何かあったのは間違いないのだろうが、他の二人は無事なはず。カズトは軽い気持ちでたずねてみる。


「・・・!?」


 レイラの青い両目が開かれる。どうやらバーサーカーモードはとけているみたいだ。


「それは・・・」


 そう言ってレイラは語りだした。


 ーーーーーーーー
【5】


 魔王サタンを倒した疲れを癒す為、宿屋に来ていた勇者一行。
 疲れを癒したら、サクラ王国に向けて出発し、魔王サタン討伐の報告をしに行こうと、話し合ってから酒場で解散した。
 レイラは女の子なので、当然テト達とは違う宿屋に来ていたレイラは、明日に備えて就寝の準備をしていたのだが、丁度その時、激しい光が窓から差し込み、爆音と共に火煙が外から見えた。


(・・・何??)


 慌てて服を着替え、解いていた髪を、ツインテールに戻す。


(とにかく、何があったのか確かめなくちゃ)


 そう決心し、外にでるとダンと目があった。


「おぉレイラか。ちょうどよかったわい。今お主を呼びに来たとこじゃったわい」


「ダンじぃ様。何があったのでしょうか?」


 先に外にいたダンに状況をたずねる。


「いやぁワシもさっきまで寝ておってのぅ。目が覚めたんじゃが、部屋にいたはずの二人がおらんくて慌てて出てきた所なんじゃ」


「・・そうですか。」


 ダンの話しを聞いてレイラは不安な気持ちになる。ダンはそれに気付いたのか「なぁに、あの二人なら心配せんでも大丈夫じゃわい」と言って、レイラを励ました。


「そうですね。とにかくあそこに行ってみましょう。ダンじぃ様は先に行ってて下さい。私は町の人達に話しを聞いてから向かいます」


「気をつけるんじゃぞ」


 ダンと別れ、町の人達から話しを聞くが、これといった情報は得られなかった。


(むこうも気になりますし・・)


 レイラは、ダンの後を追いかける事にした。


 ーーーーーーーー


 森に入る道中、信じられない物をレイラは目にした。


「・・あれはテトの剣」


 剣だけではなく勇者の腕輪など装飾品が当たりに散乱している。


(そんな・・テト・・)


 レイラの顔が青ざめ、地面に崩れ落ちた。しばらく呆然としていると、レイラの耳に、激しい音が聞こえてきた。


(・・・・近くで戦闘がおこなわれている!?)


 その事に気づいたレイラは目元をぬぐい、音のする方へと駆け出した。


 レイラは自分の目を疑った。
 何故なら、戦闘を行っているのはダンとクリフだったからである。


「レイラ!来てはならん!」


 レイラに気付いたダンは、二人を止めようとするレイラに注意する。
 ダンに注意されてレイラの動きが止まる。よく見るとダンはクリフを止めようとしており、一方的に攻撃を仕掛けているのはクリフだ。


「しかしダンじぃ様・・」


「それよりもレイラ!魔王サタン城に戻って手がかりを探してきてくれぬか」


「・・手がかり?」


「そうじゃ。どうやらこやつ何者かに操られておるのやもしれん」


 とまらないクリフの攻撃をかわしながら、ダンはレイラに告げる。確かにクリフの様子がおかしい。ダンの言葉にも自分の言葉にも何の反応も示さない。


「なぁに安心せい。ワシの頑丈さはしっておろう。テトの事も気掛かりじゃろうが頼んだぞ」


「しかし・・・ダンじぃ様」


「行くのじゃ!」


 ダンに強く言われ、レイラは駆け出した。
 守護神として数々のピンチを救ってきたダン。
 パーティー内で最年長の彼は、三人を孫のように可愛がっており、特にクリフには目をかけていた。
 彼はどことなく自分の若い頃に似ており、このままでは孤独になってしまう。
 だからワシがきちんとコヤツを導いてやらんといかん!ダンは日々そう考えていた。


「さぁてクリ坊よ、ちぃっとばかしおいたがすぎるのぉ」


 ダンがクリフに向け、構えをとる。


「ワシの愛の鉄拳で、目を覚まさせてくれるわい」


 ダンがクリフに駆け出そうとしたが、クリフの姿を見て動きが止まる。
 クリフは空にむけて剣をかかげている。クリフの剣に空から雷が落ち、ダンに向けてクリフが構える。


「メテオスラッシュじゃと・・」


 ダンは両腕をクロスさせてガードの構えをとると同時に、クリフが剣を振る。


「この馬鹿たれが・・・」


 彼が残した最後の言葉であった。


 ーーーーーーーー


 ダンと別れたレイラは、魔王サタン城を目指す。幸いここから魔王サタン城は近い。


(ダンじぃ様・・クリフ・・テト・・)


 首を横に振り加速する。余計な事は考えまいと自分に言い聞かせ、魔王サタン城を目指すレイラ。


(・・・!?)


 近くまでやって来たレイラは、テトがいる事がわかった。


(テト!!)


 嬉しさがこみ上げてくると同時に、沸々と怒りが湧いてくる。


(テト・・・待ってて。今助けに・・)


「誰だ!?」


 魔王サタン城入り口を守る鎧武者の兵隊は、近づいてくる少女の姿を見て驚愕する。


「まさか・・戦略兵器バーサーカーレイラ」


 レイラの右眼が紫色に変わる。


「テトを・・・返せぇぇぇぇぇぇえ」


 入り口にいた門番を吹き飛ばし、レイラは城内へと入って行く。
 そして、この部屋まで乗り込んできたというわけであった。


 _____________


【6】


 レイラの話しを聞いた、カズトは考えていた。


(テトがいなくなった?クリフが暴走している?いったい何がおきているのか・・)


「恐らくブラッククリスタルの影響ね」


 アリスの言葉に、二人が驚いた。


「ブラッククリスタルは、負の感情を吸収するのとは別に、負の感情を与えるって言ったわよね?」


 レイラは初耳だったらしく、驚いていた。


「使い方を間違えると、負の感情が抑えきれなくなる。きっと、そのクリフって人は苦しんでいるはずだわ」


 アリスはレイラの両肩をつかんで質問をする。


「ねぇレイラ。クリフって人は、黒い宝石を持っていなかった?」


 アリスの言葉を聞いて、レイラは思い出そうとあごに手をあてる。


「ごめんなさい。暗かったせいもあって見てなかったです」


 レイラは首を横に振る。


「と、とにかく、ダンを助けに行くべきじゃないか?」


 カズトの言葉にレイラの顔が青ざめる。テトの事で頭がいっぱいだったのだろう。


「レイラが回復魔法。アリスが攻撃魔法。ダンが攻撃と防御。俺は・・」


 カズトが自分の考えを口にしていると、突然ゴン太が飛びかかってきた。


「ゴン太!?」


 アリスが驚いていると、上空から雷が落ちゴン太に直撃する。三人を庇うように覆い被さったゴン太は、横に倒れこんだ。


「ルミナスヒール」


 レイラはすかさずゴン太の傷を手当てする。一体何が起こったのかと辺りを見渡すと、空からクリフが降りてきた。


「ほぅ・・レイラにサタンの娘。それにテト」


 クリフの姿を見たカズトは焦った。


(まずい、まずい、まずい。今戦えるのはアリスしかいない。ここで戦闘になった場合、間違いなく全滅する)


「クリフ!ダンじぃ様はどうされたのですか・・」


 ゴン太の傷を治療しながら、レイラが質問をする。


「ジジィなら消えてもらったぜ」


 クリフは、口元をニヤリとさせる。その姿を見たレイラは愕然とする。


「ゴン太ごめんね。ゆっくり休んで」


 アリスはゴン太を優しくなでると、召喚魔法を解いた。


「フン。ブラッククリスタルを探す手間がはぶけたわ」


 そう言ってクリフと対面する。


「サタンの娘。悪いが貴様の力、もらっていくぞ」


 クリフはクリスタルをアリスに向けて宣言する。


「まさか・・あんた・・」


 アリスの顔が青ざめる。


「デリート」


 クリフがそう唱えると、アリスの体から黒い霧みたいな物が宝石に吸い込まれていく。悲鳴をあげるアリス。


「やめろ」「やめてください」


 アリスを助けるべく、カズトとレイラが動く。左手に持っていた宝石を下げ、右手の剣を三人に向け、クリフが口を開いた。


「フン。冥土の土産にいいものを見せてやる」


 クリフが空に剣をかかげる。かかげると、剣に雷が落ちた。


「まさか・・メテオスラッシュ・・」


 その姿と構えを見たカズトとレイラが絶望する。


「ハァ・・ハァ・・捕まってなさい」


 二人の肩を掴み、アリスが唱える。


「リゼクト」


 三人を黒い球体が包み込んだかと思うと、突然目の前が真っ暗になった。これをカズトは経験したことがある。ここに来た時のような感覚・・。
 しかし、何も考える事は出来なかった。
 _____________


(んん・・)


 カズトは体を起こそうと、辺りを手探りしていると、両頬に痛みがはしる。


「イテッ!?」


「何処触ってるのよ変態」「・・テトのエッチ」


 痛みに目が覚めたカズトは上体を起こし、辺りを見渡すと、両胸を隠しながら頬を赤く染めるアリスとレイラの姿が目に入る。いや、それよりも・・。


「アリスとレイラが何故、俺の部屋に!?」


 ここは魔王サタン城ではなく、カズトの部屋の中であった。

「世界を救った俺は魔王軍にスカウトされて」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く