アイドルとマネージャー

伊達\\u3000虎浩

第3章 雪物語 その壱…②

 電話の音で、目を覚ます。


「ん…んん…と」


 毛布の中でもぞもぞとしながら、右手を伸ばして携帯を手に取る。


 画面を見るまでもない。


 この着信音は修二からのものである。


 つまり、仕事の電話。


 そう考えると、一気に眠気が吹き飛んだ。


「…おはようございます」


 左手で両瞼りょうまぶたを擦りながら、朝の挨拶を交わす。


「おはよう。寝てた?」


「あれ?結衣ちゃん?」


 おかしいなぁ。と、耳から携帯を離して画面を見てみるが、やはり発信主は修二からである。


 ズキズキと痛む胸。


 なんで痛むのかなどと、考える事はない。


 修二の携帯を結衣が使っている。


 つまり、それは…。


「ちょ、姐さん!?何で俺の携帯、勝手に使ってんっすか!!」


「何でって、私の携帯は機種変更中で預けているからよ」


「ああ!なるほどって、なるか!あ、いや、なりませんよねぇ〜」


 あはは。と、電話の向こうから聞こえてくる。


(ふふふ…)


 その場にいない雪であったが、どういう経緯で、どういう状況になっているのかが目に浮かぶ。


 結衣に頭があがらない修二が、結衣に振り回されている。そんな感じのやり取りにちじょうである。


 雪はくすくす。と、声に出さず笑った。


「ああ!もお!電話中なんだけど?」


 電話中なのだから、静かにしろと言う結衣。


「見れば分かるっつぅの!そうじゃなくてだな」


 誰の携帯だと思ってやがる。と、修二が注意をする。


 良かった。いつも通りだ。


 と、朝からホッとする雪なのであった。


 ーーーーーーーーーーーーーー


 数分後。


「はぁ、はぁ、ったく。結衣のヤツ。アイツって、あんなに凶暴だったか?」


「修二さん!」


「ばぁ〜か。わあってるよ」


 どんなに親しくてもだ。


 陰口は許される事ではないと、雪は思っている。


 その為、これ以上は…と、注意を促したのだが、言われなくてもと、修二から返されてしまった。


 それは、雪と同じ事を思っているからである。


 つまり、本心からの言葉でないということなのだろうが、本音じゃなければいいということでもないはずだ。


 その為、再度注意をしようとした雪。


「何か言ったかしら?」


「いえ。何でもありません。です。はい」


 が、注意をする事はなかった。


 修二は本人の前であえて凶暴だったか?と、言ったのである。


 さて、コレは陰口というだろか?


 結衣は何か言ったか?と、言っている事から、聞こえていないようだが…しかし、聞こえてて、あえてそう言った可能性がある。


 違う。コレは、陰口ではない。


 結衣と修二の、いつものじゃれあいだ。


 それはそれでやめてほしいところなのだが…言えるハズもなかった。


 言えば最後。


 どうして?と、なるのがオチだ。


 さて、答える事が出来るだろうか。


 出来ないからこそ、雪は言えないのであった。


「あ、あの…」


 ここで言えるのは、用件は何だ?と、いう事ぐらいだろう。


 最も、重要な事なので、やましい気持ちがあったかどうかは、雪にも分からない事である。


「あぁ、わりぃ。今日の予定は大丈夫か?」


 今日の予定。


 仕事についての問い合わせ。いや、最終確認みたいなものだ。


 時間や場所、服装などの確認である。


 芸能人になった最初の頃は、子供じゃないんですけど 笑。などと思った事もあったが、コレはとても重要な事なのだと、今となっては分かるし、納得出来る事であった。


 自分一人の問題ではない。


 自分一人が責任を負う訳でもない。


 遅刻や休む事は、それなりの覚悟と理由が必要である。


 例えば、ドラマの撮影があったとしよう。


 寝坊や時間を間違えてしまい、収録時間に遅れてしまった場合、さて、演者に監督やカメラマン、メイクスタッフやらを合わせると、一体、何人の人に迷惑がかかるだろうか?


 それだけではない。


 所属する事務所にも迷惑がかかるのだ。


 そうならないようにと、マネージャーである修二から毎日必ず電話がかかってくるのであった。


 メモ帳を開き、時間と場所の確認をする雪。


「あ、あの…」


「ん?何だ?」


「場所って、何処ですか?」


 メモ帳には、時間が書かれており、ファンクラブのイベントと、記されていた。


 まだまだ駆け出しの雪ではあるが、一応、ファンクラブが発足している。


 そのルックスもあってか、会員の人数はそれなりにいて、今日はファンクラブの集まりが初めてあるのであった。


「ああ。千尋から聞いといたから、今から迎え行くわ」


「30分後で、お願いします」


 シャワーを浴びて、軽くメイクをしてと、準備が整う時間を逆算した雪は、時間を指定する。


「ああ。じゃあ、いつものパーキングでな」


 いつも通りの返し。


 いつも通り。


 コレが、いかに幸せなんだということに、一体、何人の人が気づいているだろうか?


 はい。と返事を返し、シャワーを浴びる為に服を脱ぐ。服といってもパジャマだ。


 ベッドの上に放りなげ、下着やらタオルを手に取り、風呂場へとやって来た雪は、シャワーを頭から浴びながら考える。


 変わらない日常。


 変わらない景色。


 変わらない人達。


 それは、悪い事ではない。


 幸せだと感じているのであれば、変わる必要などないのではないだろうか?


 自分さえ幸せならそれでいい。とまでは言わないが、さて…では、誰かを幸せにしてあげるだけの技量が自分あなたにはあるだろうか?


 変わりたくないのに、変わらないといけない人がいる。どんなにあがいても、それを拒む事は決して許されない人がいる。


 どうか、忘れないでほしい。と、私は切に願う。


 自分さえ幸せならそれでいい。


 違う。


 まずは、自分さえ幸せならそれでいい。


 他人を思いやる心は、そこから生まれるはずである。


 まずは、自分が幸せになるのだ。


 そこから、ほんの少しでいい。


 ほんの少しの幸せを、誰かにあげてほしい。


 家族でもいい。恋人でもいい。友人でもいい。


 水嶋雪は、いや、神姫雪は幸せである。


 やりたい事をやらせてもらえ、夢を叶えられ、社長や秘書、いいマネージャーに巡りあえて、ファンに支えられて、本当に幸せである。


 だから、私は今、皆んなに幸せをあげている最中である。


 勿論、幸せをあげれているかどうかなど、私に分かるはずもない。


 しかしそれは、分からない方がいい事である。


 幸せをあげている人はきっと、無意識のはずだから…。


 シャワーを浴びながら顔をあげると、目の前には鏡がある。


「……遥」


 やはり姉妹というべきか、大好きな妹の面影が、そこにはあった。


 恥ずべき事ではない。


 むしろ誇るべきだ。


 姉妹である証。


「遥も、そう思ってくれているかしら」


 この世界で誰よりも幸せになってほしい人物であり、この世界で誰よりも自分を憎む事になる人物。


 ねぇ、遥…。


 どうか幸せになってほしい。


 そして…。


 パン!と、両手で両頬を叩く。


 これからファンクラブのイベントなのだ。


 暗くなる事を考えてどうする?と、気合いを入れなおす。


「良し!今日も頑張るよん」


 頑張れるからだに感謝し、頑張れる舞台ばしょを与えてくれた事に感謝する。


 神姫雪の日常は、こうやって始まりを告げるのであった。

「アイドルとマネージャー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く