話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~

天羽睦月

第74話 食事会


美桜はそれほど怖い人達じゃないのかなと思っていると、当主が食事を進めようと言う。美桜は分かりましたと言って食べ進める。

美桜はざる蕎麦を食べ進めると、この食堂の全体を見渡す。この食堂は美桜の家とは違って地面から天井までそれほど高くなく、三メートルあるかないかといった高さで、壁紙は白色で奥の方には調理台や冷蔵庫が置かれていた。

美桜の家の食堂と若干違うが、貴族の家の食堂は似たり寄ったりの作りなのだろうと察し、この広い静かな食堂で食べるのは窮屈だなと感じていた。また、やはり昼食同様に自身の家の味付けや使用人や雫が作った料理の方が愛情を感じる味付けであった。

この皇家の使用人達が作る料理は確かに凄い美味しいが、どこか何も考えずにレシピ通りに作った感じがしていた。その人を想い作ったわけではなく、どこか淋しい味も感じ取っていた。

「料理は美味しいかね? 今日は特に念入りに作ってもらったのだけどね?」

そう当主が美桜に聞くと、美桜は笑顔で食べたことがないほどに美味しいですと返答をした。

「そうか。 それは良かった。 何せこの家は私とこの息子しかいなく、家族と呼べるものは私達二人しかいないのだよ」

そう言われた美桜はたった二人の皇家でここまでの影響力を持っているのは凄すぎると考えていた。

「私達の家には女性がいないので、同じ貴族内で天神弦十郎様が申し出てくれてとても感謝しております。 美桜様から結婚をしたいと言ってくれたようで、とても嬉しかったです」

美桜から申し出てくれた。そう聞いた瞬間、身体中に悪寒が走った。実の父親が勝手に美桜の意志だと嘘をついて縁談を進めたことや、勝手に自身をモノとして扱ったことが許せなかった。しかも父親自身が消そうとした娘を利用して家の価値をあげようとしていることも許せなかった。

「そうです。 早めに婚約をして家に貢献をしたいと思いまして」

美桜は悪寒を顔に出さずに、あえて父親の思惑に乗ることにした。すると、明臣が笑顔でありがたいですと美桜に言う。

「なかなか私のことを好いてくれる人がおらず、出会いもないもので」

そういう明臣は苦笑いでいた。美桜は好きな人はいなかったんですかと聞くと、当主が明臣を睨む。美桜はその瞬間に何かあるなと気がつくも、あえて何も気がついていないふりをした。

「いえ、好きな人はいなかったですね」

そう答えた明臣だが、どこか好きな人がいるような気が美桜は感じていた。あとで二人になることが出来たら聞いてみようと決めると、夕食を食べ終えた。それからは当主から美桜の趣味や好きなこと、今まで何をしてきたかを問われたので、アルバイトのことや交友関係、趣味のアニメなどを伝える。

趣味や交友関係のことで驚かれたが、明臣が趣味がないよりは良いですよと言ったので、当主もないよりはいいかと納得をしていた。夕食を三人が食べ終えると、当主が今日はありがとうと言って席から立ち上がった。すると、明臣も食べ終えているようで当主と共に部屋を出ていこうとした。

「あ、今日はお会いできて良かったです。 今日はゆっくり自室でお休みください」

明臣がそう言うと、美桜は席から立ち上がって当主と明臣に頭を下げて本日はありがとうございましたと言った。それを聞いた当主と明臣はこちらこそ楽しかったですと返答をした。

「では、私達はこれで失礼を」

その言葉と共に食堂から出ていく二人。美桜は二人が部屋から出るまで頭を下げ続け、姿が見えなくなると席に座った。

「凄い緊張した……疲れた……」

美桜は机に突っ伏すと溜息を吐いた。美桜は数分突っ伏していると、部屋に戻ろうと静かに席を立った。部屋に戻ると備え付きのテレビの電源を入れると、自身のことなど世間には何も関係がないようにいつも通りのテレビ番組が流れていた。

「貴族といっても社会には何も関係がないのね。 私は何のために存在をしているのかしら」

そんなことを考えながらも部屋で寛いでいた。美桜はそういえばと思い、薄暗くなった日本庭園も見てみようと思い、部屋から出て広い庭園に出ていく。

そこには綺麗なしだれ桜や人工的に作られた川やその川にかけられている木造の橋が見えた。奥に進むと平屋の茶屋が見え、その側にある小さな湖には周りに岩が無造作に置かれ、そこに張り付いている藻や湖の中を泳ぐ魚達が綺麗だと感じた。

茶屋を超えると、立て看板で秋海亭と書かれている木造平屋の家屋を見つけた。その家屋の入り口を開けると、七畳の和室二部屋があった。

「魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く