話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~

天羽睦月

第21話 喫茶猫娘


「わかった! ごめんね、俺はこの世界で生きる! それに美桜を守っていかないと!」

出雲の言葉を聞いた美桜は満足したような顔で分かればよろしいと言い、胸を張った。そんな美桜を遠めから若い男たちや女性たちが見ており、凄い可愛い女の子がいると話題になっていた。

「美桜のこと話しているみたいだよ? 凄い可愛いって!」

出雲は美桜のことを話している声が聞こえたので美桜に伝えた。すると、美桜は気にしなくていいのよと返す。

「そうか。 美桜は言われ慣れてるか」

出雲はそう納得をすると、美桜は気にしない気にしないと外を眺めていた。そして、それから数十分経過すると目的の駅に到着した。その駅名は秋野原と呼ばれた。秋野原は電化製品の専門店が多数店舗を構えている日本有数の電気街と呼ばれているが、それと同時に店員がコスプレをして接客をする喫茶店も有名となっていた。

「この秋野原で琴音が働いている喫茶店があるんだ。 そこに行こうかと思って」

美桜がそう笑顔で言うと、琴音も働いているんだと出雲は凄いなと思った。同い年なのに働いているなんて、俺も働いたりしようかなと唸って考える。すると、美桜がそんな出雲の考えを察したのか出雲は働かなくていいよと言ってきた。

「な、なんで!? 俺も働いて自由なお金を!」

そう言うと、美桜がお小遣いをあげるからそんなことをすることはないと言った。

「あ、うん……分かった……」

出雲は何を言っても聞かないだろうと思い、分かったと美桜に言った。美桜はそれでいいのよと言い、こっちよと出雲を先導していく。駅前に出るとそこにはゲームセンターが多数立ち並び、ゲームショップや家電製品店も多数店舗を構えていた。

個人店から法人店まで多種多様な店舗が立ち並び、様々な人が道を歩いていた。その中で美桜は目的の店まで左右にある店を見ずに道を歩いて行く。そして、駅から十分程度かかり脇道に入ると目的の店舗に辿り着いた。脇道に入って目に入った店舗に出雲は驚いた。それはピンク色と白色で塗られており、普通の喫茶店には思えなかった。出雲は道に置いてある立て看板を見ると、そこには喫茶猫娘と書かれていた。

「喫茶猫娘? ここで琴音さんが働いているの?」

出雲が聞くと、美桜はそうよと笑顔で言う。

「琴音に誘われて一時期私もここで働いていたけど、今はやめているわ。 でも、ここの店長と仲良くなってたまに働いているけどね」

そう言いながら扉を開けて中に入る美桜。それに続いて慌てて出雲も店内に入っていく。店内では可愛い店員が数人で歌いながら踊っていたり、接客をしている店員たちが多数いた。

その中で、出雲は店員の服が気になって仕方がなかった。美桜の屋敷で見た使用人の人たちが着ていた服とは違い、肩が出ていたりスカートが短かいといったカスタマイズをしているようである。

「あ、美桜さん! 来てくれたんですね!」

黒色の髪色をした長髪の幼い顔をした目がパッチリとしている可愛さがある同い年と思える女性が店内に入ってきた美桜に駆け寄ってくる。

「今日は後ろにいるこの男の子にこの店を案内したくて連れてきたの」

美桜がそう言うと、目の前にいる女性が初めまして沙羅ですと名前を教えてくれる。

「沙羅さん? 名字はなんですか?」

そう言った出雲に美桜が突然クスクスと笑い始める。

「ここのお店では本名とは別の名前で名乗っているから、名前だけでいいのよ」

出雲はそういうものなのかと思い、分かったと返す。

「俺の名前は黒羽出雲です。 今は美桜の家に住んでいます」

そう聞いた沙羅は、あの美桜が男と住んでいるなんてと驚いていた。

「私も変わるのよ」

そう言われた沙羅は美桜の右肩に手を置いて、変わり始めたんだねと涙目になっていた。美桜は泣きそうになっている沙羅に優しくもう大丈夫ですと言った。すると、沙羅はなら良かったけど、また辛かったら何でも言ってねと笑顔で言う。出雲は美桜に何があったのか聞きたかったが、今はその時ではないと思って聞かなかった。

「あ、ちなみにこの沙羅さんはこの店舗の店長よ」

そう言われて出雲は突然緊張してしまう。同い年くらいに見えたのに実は年上だったと発覚し、出雲は頭を下げた。

「ととととと年上だったんですね! すみません!」

頭を下げた出雲に美桜が気にする必要はないわよと言う。

「どうして?」

小首を傾げて聞く出雲に美桜が微笑する。

「私も初めてここで働くときに沙羅さんと会って、年下かなと思って頭撫でて怒られたから」

そう言われた出雲は、分かると思って何度も頷いた。

「さて、入り口にいても仕方ないから席に座って座って!」

店の多くの方の小さな舞台がある前の席に座ると、美桜は出された水を一口飲んだ。出雲は改めてこの店内を見渡すと、店内には一人用の席が五個や複数人用の席が八個、入り口から見て左側にある長いカウンターに一人席が十個とかなり広い作りとなっていた。

そして、壁にはCDをリリースした店員のポスターやイベントの告知、店員のサイン色紙、チェキなどが飾られていた。出雲はこんなところ来たことがないと物珍しそうに見ていると、美桜が落ち着きなさいと出雲を鎮めた。

「魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く