話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~

天羽睦月

第3話 別邸へ


「別の世界!? 異世界から来たということですか!?」

女性騎士がその黒髪の長髪を振り乱しながら出雲に聞いてくる。

「そうです。 死のうと河川敷を歩いている時に、小石に躓いて転んだらこの世界にいました」

出雲がそう説明すると、女性騎士とピンク髪の少女が家に帰るのは難しそうねと言う。

「もし良ければ、君を守るためにこの家で暮らして、この世界で生きていきたい」

出雲の真剣な眼差しと口調を見たピンク髪の少女は、お父様に相談してみるわと言った。

「さて、今は君は風呂入って散髪よ!髪がベタベタだし、汚い!」

そう言われて出雲は女性騎士に先導される形で風呂場に向かった。部屋を出た出雲はその廊下の広さや天井の高さに驚いた。

「な、なにこれ!? 普通の家じゃないと思ってたけど、この家って……」

出雲が出た廊下は大人五人が横一列に並んでもキツくなく歩ける程であり、天井は高さ五メートルはありそうな高さである。出雲は屋敷みたいだと呟くと前を歩く女性騎士が、この農業地帯を治める領主様の別邸ですからと言う。

「てことは、あの子はお嬢様ってこと?」

出雲の質問に、女性騎士がそうですと返した。そして、ここは国の首都であり、国で最高峰の魔法学園がある首都に建てられた別邸ですと言った。

「首都……ここは異世界の首都なんだ……」

出雲が廊下にある窓から外を見ると、そこには自身がいた現代と変わりないように見えるが、建物の造りは出雲がいた世界と似ているが、人が空を飛んでいたり車や自転車といった科学技術の産物がないなどの違いがあった。

「似てるところは似てても、似ていない部分もあるんだ」

出雲は本当に異世界に来たんだなと実感していると、女性騎士がこちらですと左扉を指差した。

「この扉の先に風呂があるので、ゆっくり浴びてきてください」

そう言われ、出雲は扉の先に歩いて行く。扉を開けると、目の前に下に降りる階段が現れた。出雲は階段を下りて地下に到着すると、目の前に大浴場と書かれた立て看板が現れた。出雲は左足に痛みが出てきたので、左足を引きずりながら目の前にある引き戸を開けて大浴場に入っていく。

そこは目の前に大きな湯船が三個あり、それぞれ立て札に名前が書いてあった。手前にアルカリ性単純温泉、左奥に硫酸塩泉、右奥には酸性泉と書かれていた。

出雲はとりあえず髪からと身体を洗おうとシャワーを浴びることにした。約一年ぶりのシャワーであるため、頭皮や髪が喜んでいるように感じた。シャンプーで髪や頭皮を洗うと垢や汚れが大量に落ち、身体をボディーソープで洗うと、こちらも大量の垢が落ちた。

「身体を洗うって最高なんだな……こんなに気持ちいいなんて……」

出雲は前方にある鏡を見ると、汚れた顔や垢塗れの身体が綺麗になっていくのを見てこれが俺だったのかと実感した。

「こんなに汚かったのか……いつからか感覚が麻痺してたんだな」

出雲は身体を洗い終えると、手前にある温泉に入った。その温泉に入ると、温泉って気持ちいと身体を伸ばしながら温泉に入り続ける。温泉に入り続けながら周囲を見ると、奥の方の窓にある柵から辛うじて天気が良い空を見れた。

「こっちの世界も天気が良いと空が青いんだな」

空を見ながら風呂に入っていると、突然大浴場の扉が開いた。

「いつまで入っているのですか! 早く出なさい!」

そう怒鳴られた出雲は、分かりましたと叫んですぐさま温泉から出た。その際に出雲の身体を見た女性騎士は、そこまで痩せ細ってと呟いていた。

「魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く