話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~

天羽睦月

第2話 生きる理由


倒れた出雲を少女と女性騎士が抱き起こした。出雲は辛うじて息をして、今にも生き絶えそうであった。

「まだ何もお礼をしていないよ! 死なないで!」

ピンク髪の少女が出雲を揺らしながら話しかけると、女性騎士が揺らしてはダメですと言った。出雲を揺らすのをやめたピンク髪の少女は、家に連れて行こうと言った。出雲は家に連れていこうとの言葉を聞いた瞬間、意識を失った。

出雲は意識を失っているなか、夢を見ていた。その夢では周囲に人が沢山いて、出雲に笑いかけていた。出雲はその一人一人と話して、楽しそうに過ごしていた。出雲はこれが楽しいってことかと察した瞬間、夢から覚めてゆっくりと目を開けた。

そこで出雲の目に入った風景は部屋の中であった。その部屋はとても広く二十四畳程の大きさであった。部屋の端にベッドがあり、反対側に机や姿見、タンスなどの生活必需品も置いてあった。

「ここはどこなんだ……天国に来たのか……?」

出雲が目を覚まし周囲を見渡すと、部屋のドアが静かに開いた。

「目を覚ましましたか? 怪我はどうですか?」

ドアの前には自身が助けたピンク髪の少女がいた。出雲は怪我の具合はと聞かれ、自身の身体を触る。

「痛ッ……少しまだ痛むかな……」

身体を起こしながら出雲が言うと、ピンク髪の少女はベットの側に置いてある小さな椅子に座った。そして、その手に持っていたカットしてある果物を出雲に食べさせようとする。

「これ食べて。 凄い身体が衰弱していたし、魔狼の攻撃で死にそうだったんだよ?」

死にそうだった。その言葉を聞いた出雲は涙を流した。どうして生きているんだ、どうして死ななかったんだ。どうしてどうしてどうしてと出雲は顔を歪めて泣き続ける。

「どうしてまだ生きているんだ……俺はあそこで死ぬはずじゃなかったのか……」

そう呟いて泣く出雲に、ピンク髪の少女が出雲の左頬強く叩いた。その強さは部屋の中に叩いた音が響き渡る程であった。

「死にたいなんて言わないで! 生きることは辛くて大変なことだけど、自分から死にたいっていうことは許さないわ!」

出雲の服を掴んで自身の顔の前まで引っ張りながら、ピンク髪の少女は出雲に尚も言い続ける。

「生きたくても生きられない人がいるんだよ!」

ピンク髪の少女のその言葉を聞いた出雲は、俺には生きる目的や目標がないと返す。

「私を助けてくれた時に言ってたじゃん! 私を守ることがって! なら生きて私を守って!」

ピンク髪の少女が出雲にそう言うと、出雲は守るために生きると呟いた。守るため、守るために出雲はこの世界に来たのかと考えることにし、目の前にいるこのピンク髪の少女を守り続けようと決めた。

「君を守るために生きるよ。 俺はそう決めた」

出雲はそう笑っていうと、ピンク髪の少女が出雲の頭を撫でた。すると、なんかベトベトして脂っぽいと言ってくる。

「俺、十四才からホームレスを一年間してたから。 その間風呂入ったりまともなご飯も食べてなかったんだ……」

ホームレスをしていた。その言葉を聞いたピンク髪の少女は、突然踵を返して部屋を飛び出した。

「一体何なんだ……」

出雲がそう呟いてベットに再度身体を預けた。それから十分程が経過すると、森であった女性騎士がピンク髪の少女と共に現れた。

「汚いです! 非常に汚いです!」

先程とは違い甲冑を着ておらず、ラフな格好の女性騎士が出雲に詰め寄って汚いですと言ってくる。また、臭い匂いがしますと鼻を摘まんだ。

「今すぐこの屋敷の大浴場をお使いください。入浴後は髪を切ります」

そう言われた出雲は、まだ身体痛いけど風呂入れるかなと言う。すると、女性騎士が出雲の右肩に触れて何やら呪文のような言葉を言い始めた。その言葉を言い終わると、出雲の身体が淡い光を放ち始めた。

「これは……なんですか!?」

出雲が驚いていると、女性騎士が魔法を知らないんですかと聞いてきた。出雲は魔法とは何ですかと聞くと、この世界に生きる人の体内にある魔力器官を使用して行う魔法のことですよと言う。

「魔力器官……それは俺にもあるのかな……」

そう言う出雲に女性騎士がこの世界の人間でしょと聞いてきた。その問いに出雲は俺は別の世界から来たんだと言う。

「魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く