話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~

天羽睦月

第1話 再起の始まり


十五歳になったばかりの少年、黒羽出雲は嘆いている。泣いて泣いて、涙が枯れて出ないと思っても涙が流れるくらい泣いている。涙を流しすぎて脱水症状になりかけるも、なんとか脱水症状にはならずに済んでいた。涙を流していたその顔は酷くやつれており、髪はボサボサで背中までかかる程に長く伸びてしまい、栄養不足のためかその身体は酷く痩せ細っていた。

「俺はもう疲れたよ……もっと幸せに生きたかったな……」

出雲はそう呟き、地面から立ち上がって当てもなく歩いていく。出雲が着ている服装はどこかの中学校の制服だか、その制服は皺だらけで泥の染みが酷く、腕の部分や膝の部分が擦り切れているようである。

出雲がふらつきながら歩いていると、河川敷にある小石に躓いて倒れてしまった。やっと死ねると靄がかかる頭で思いながら倒れ続けているが、出雲の意識が消える様子はなかった。

「死ねない……やっと死ねると思ったのに……」

出雲は目を開けて周囲を見渡すと、先ほどまでいた河川敷ではないと気がついた。出雲はここはどこだと思いながら立ち上がると、横に生えている木に寄りかかる。

「ここは一体どこなんだ……俺に何があったんだ……」

痩せ細った身体に鞭を打ってとりあえず歩こうと思い歩き進めると、河川敷とは違って周囲に草木が生えているため、ここは森の中なのだろうと推測していた。

「ここは本当に日本なのか? どうしてこんな場所に俺がいるんだ……」

訳も分からない現象が身に起きたので、出雲は頭を抱えながら理解に苦しんでいた。それでも前に進もうと草木を掻き分けて進み続けると、目の前に二人の女性が銀色の剣を右手に持って狼のような獣と対峙している姿が見えてきた。出雲が見た女性は、一人はピンク色の長髪に前髪が重めの小顔の可愛らしい印象を受ける、出雲より若干身長が低い少女であった。もう一人の女性は動きやすい薄く白い甲冑を着ているのだけが見えた。

「こんな場所に魔物が出るなんて! お嬢様逃げてください!」

白い甲冑を着た女性が叫ぶと、お嬢様と言われた少女は私も戦うと返す。出雲はその様子を草木の影から覗き見ていた。

「一体何が起こっているんだ……あの怪物と二人の女の人は何をするんだ……」

出雲が恐る恐る見ていると、少女と女性騎士が狼の怪物と戦闘を開始した。狼の怪物はその姿を変化させ、全身の毛を尖らせて体毛を三十センチ程の長さに変えた。

「この魔物! 気を付けてください!」

そう言い、女性騎士が左手に何かを発動させて持っている剣に付加させた。その剣を構えてその場で振ると、剣から赤い衝撃波が出て狼の魔物に飛んでいく。

「これで倒れて!」

そう願うも、狼の魔物は軽々とその衝撃波を右に避けて回避をした。そして、そのまま女性騎士に飛び掛かる。

「この!」

剣で横払いをするも、尻尾で防がれてしまう。その尻尾は異常に硬く、剣を弾く程であった。女性騎士の攻撃を防いだ魔物は、後ろにいた少女に狙いを定めて攻撃をしようと睨んでいる。

「お嬢様!」

そう叫んだ女性騎士はすぐさま魔物の方向を向くも、地面にある草に足を滑らせて転んでしまう。その様子を見ていた出雲は、あの少女を守るためにこの世界に来たんだなと察し、すぐさま少女の前に飛び出した。

「あの少女を守るためにこの世界に来たんだな。 だって、動かないはずなのに身体が凄く軽いんだから……」

出雲は先ほどとは違って、想像以上に身体が軽く感じて自分自身の身体ではないように感じていた。

「こんなに身体が軽いなんて、初めてだ!」

出雲は狙われている少女の前に飛び出ると、俺が助けると叫んぶ。女性騎士と少女はこの男は誰だと疑問を感じるが、その少年から敵意は感じなかったので助けてくれていると直感で察していた。

「そんなボロボロの身体で無理しないでください! 死んでしまいます!」

ピンク髪の少女が出雲に言うと、出雲は君を守るためにこの世界に来たんだと返した。そして、出雲の身体に狼の伸びて硬くなった毛が刺さると、出雲は狼の毛による攻撃の痛みを気にせずに狼の身体を両腕で掴んだ。

「今のうちに! 倒せ!」

擦れ声で叫んだ出雲は、一年振りに大声で叫んだと笑顔になっていた。その声を聞いた二人は、持っていた剣で狼の胴体を貫く。身体を貫かれた狼は耳を劈く程の雄叫びを上げると、その場に力なく倒れた。

「げほっ……君を守れたから、俺の役目もお終いだね……」

出雲は後ろにいるピンク髪の少女に笑顔のまま話しかけると、その場で大量の血を吐いて力なく地面に倒れてしまった。

「魔法の世界で新たな人生を~捨てられた人生のやり直し~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ふわふわだよ

    面白かったです

    0
コメントを書く