話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

その心が白銀色に染まるなら

じんまーた

第四話 『厭世の記憶③』

翌朝——トリエラと俺は村の正門近くにいた。

朝起きると、キールは未だに青白い顔で眠っていた。
なので、テーブルの上に置手紙を置き家を出たのだ。


「キールの誕生日プレゼント何にしようか?」

「そうですね……確か東の山のほうに亜竜が生息していたはずなので、その素材で武器を作ってプレゼントするというのはどうでしょう?」

トリエラの提案に頭を悩ませる。いつもよりも大きな魔物を狩り、キールを驚かせてやろうと思っていたが、亜竜ときたか……。
しかし、キールの目の前に亜竜を持っていったら、相当に驚いてくれるだろう。驚愕に目を見開き、黄色い水たまりを形成する彼の姿が思い浮かぶ。

「ああ、そうしよう。とりあえず亜竜探しからだな!」

「はい! 後方支援はお任せを」

そうして気合を入れて山に向かう。





 ̄ ̄ ̄ ̄




青藍色の亜竜が、耳に劈くような咆哮を上げ息絶える。

俺は刀身を納め、亜竜の死体に目を向ける。

「……ふぅ、探すのに時間はかかったが、案外簡単に倒せるものだな」

「はい、亜竜を二頭も倒してしまうなんて流石ですアーク様! よっ青大将!」

「青大将ってなんだよ! それに一頭はお前が倒したんだろ……」

そこには、トリエラの言葉通り二頭の亜竜が転がっていた。
一頭は頭から下が細切れにされており、もう一頭は傷を付けた部分が見当たらぬほどに綺麗な状態だ。
そして、後者はトリエラの功績だった。
この事を考えると、トリエラを連れてきたのは正解だといえる。何故なら、細切れにされた状態だと武器の素材にならないからだ。
そう人知れず安堵する。

「これでキールを驚かすことはできるんだが……起きているか心配だな。なぁ? トリエラ」

「うっ……それよりっ! 日が暮れそうなので早く帰りましょう」

露骨に話を逸らすトリエラの犬耳は、昨晩のことを思い出しているのか、どこか申し訳なさそうに項垂れていた。


他愛もない会話を繰り返し、亜竜を担ぎながら山道を下っていると、遠方に異様な光景が広がっていた。溢れあがる衝動に体が硬直する。
目線の先には、帰る場所だった筈の村々から大きな煙が上がっており、全体を覆うような赤々とした炎が、火の粉を振り撒いていた。

「なっ、なんなんですかあれは……!」

トリエラもそのことに気づき、呆然と立ち尽くしている。

「トリエラ!」

「は、はい!」

「キールの所に向かう。裏門に回るぞ——」

トリエラに声をかけ、全速力で地を駆ける。

あれは一体なんだ? 魔物の仕業じゃないな……。
では何なのか。それに答えてくれるものは、きっとあの場にいるのだろう。
治まることの知らない胸の動悸が、警鐘をならしている。


裏門の前に到着し、息を整えてからゆっくりと辺りを見渡す。
目に映る光景。山道で見た光景と明らかに違うのは、建ち並ぶ家が焼ける臭い。それに乗って微かに香る血の悪臭。

崩れかけた自分たちの家を見つけ一気に駆け出す。
そして、中で仰向けに倒れている何かを見つけた。

「――キール!」

「…………ぁあ……く……」

「動くな、キール。トリエラ! 回復を――」

「はい! 今すぐ」

倒れているキールを支えると、右肩から斜めに切り裂かれた大きな傷が、惨たらしく広がっていた。流れ出る血と開く傷口をトリエラが修復させるが、それは流血を防ぐだけであり、刻々と近づくその死期をただ遅らせるだけであった。

俺はこのようなことをした者に怒りを覚えるが、同時にその理由が知りたかった。

何故キールを襲った? どうして村を燃やした?

その疑問を確かめる前にキールが口を開いた。

「…………アーク……ぼくはもうじき死ぬ…………だからぁ、ひとつだけ……いっておかなくちゃならないことがある」

「な、なんだよこんな時に!?」

まるで最後かのように。キールには強い意志が感じられた。
……なぁ、キール。いつもみたいに笑ってくれよ。なんでそんな顔してんだよ……。
崩れ行く周りの情景、もはや目の前の事実にしか考えが及ばなかった。

弱弱しく発せられるその声に、自然と耳を傾ける。

「ぼくはねぇ……ぼくはっ……! はぁ、はぁ…………ほんとうは…………女の子、なんだ……」

「……………………はあ?」

一瞬思考が停止する。痛みを耐えながら続けられたその言葉に、理解が追い付かなかった。
何だというのだろうか。この期に及んで、こいつは冗談まで言ってしまうのか。
俺にはこれを笑い飛ばすまでの意気はない。どうだろうか、笑ってしまったほうが楽になれるのか? 止まらない焦燥に息が詰まる。

「――こんな時に冗談言うんじゃねえよキール。キールが女? 俺は信じねえぞ。もし本当にお前が女だとして、そしたら、そしたら――」

そしたら俺は、今までキールを否定し続けていたことになる。そんなことは到底受け入れられない。
脳裏にちらつくのは、キールの陽気な笑顔。そしてキールが女だと知らずに、それを囃し立てるようにする俺自身。

五年だ。五年一緒にいて気が付かなかった。何時もそばにいて、一番近かったはずの俺が気付けなかった。そのことが堪らなく悔しかった。

キールはこの五年間、どのような気持ちだったのだろうか。その笑顔の裏で何を思っていたのだろうか。
俺は見つからない答えを探し続ける。
そして、悪戯が成功した子供のような表情で、キールが口を開く。

「へへ……まさかそんなに驚くとはね…………でも、さ……べつにそんなに気にすることじゃ……ないとおもうんだ…………だから、そんな、なかないでよ……?」

「――へ?」

涙が頬を濡らしていることに、言われて初めて気づく。
隣接するキールの死と告白。互いの感情が入り交じり、荒波を立てる。

浅くなる呼吸の中、キールは穏やかな口調で告げる。

「……ぁーく…………わたし……に…………き、ぅ――」

俺は躊躇いなく唇を重ねた。

瞬間――キールとの思い出が、走馬灯のように浮かび上がる。どれも、なんてことない平凡な日常で、それでいて手放したくないと思える最高の思い出だった。

何の意図があってこの言葉を発したのか、考えることはしなかった。
けれどその顔は、どこか幸せそうで、これ以上の言葉を必要としていなかった。

安らかな眠りについている彼女をその場に寝かせる。

「トリエラ、キールを頼む。俺は外を見てくる」

「はい……かしこまりました」

泣き腫らした顔のトリエラに声をかけ、壊れた扉を押し倒し外に出る。

辺りの炎は小さく揺れており、半壊した家々の様子が外からも窺えた。
記憶の中で言葉を交わした者たちの亡骸が目に映る。
やはりキールだけではなかった。この村に住んでいる人たちは――。
考えたくない想像が脳裏を過る。

「みんな……ごめん…………ぅう、あああぁぁぁ……!」

喉に詰まるような声が、嗚咽が、涙とともに溢れ出てくる。
もう少し帰るのが早ければ、あるいは自分にもっと力があれば、何かが変わったのだろうか。
押し寄せてくる後悔に心が蝕まれる。



「結局この村もだめですかねー」

「そんな簡単に見つかるかよ。固有スキル持ちなんか早々いてたまるかってんだ」

「まあそうっすよね。下手したら返り討ちにあうかもしれないすもんね」

「大丈夫ですよ。団長にかかれば赤子同然ですから」

「それもそうだな!」

「そうっすね!」

何やら、銀色の鎧を身に付けた男たちが、談笑しながら歩いてくる。
左肩には黄金色の紋章が光り輝いていた。

あの紋章は……! 何処かで見たことがあると思ったら……。

「サルドニクス王国……!」

思わず漏れた声が、既に声が聞こえる位置まで来ていた騎士たちに届く。

「おいおい、なんだぁ生き残りか?」

「固有スキルなし。殺して大丈夫です」

「この人が最後っすかね~」

騎士たちの言葉の中に、決定的な一言が聞こえた。

固有スキル……これが目的か……!?
どうやら右端にいる奴が持つ魔導具で、スキルを鑑定しているらしい。

「アーク様!」

トリエラが危険を察知し、こちらに声をかけてくる。

そして、最悪の展開となる。目の前の騎士たちの後方から、複数の騎士たちがこちらに向かって駆けてくる。
この数を相手にするのに、二人でも苦難を要するだろう。
今しがた騎士たちが述べていた、団長と呼ばれる者の姿も見当たらない。

俺は滴る汗を拭い覚悟を決める。

「トリエラ……逃げろ!」

「なっ!? 一体何を言って――」

「お前もわかっているはずだ。すまないが、キールを連れて逃げてくれ!」

「そんなことできません! どうか、どうかご一緒に――」

「心配するな! 俺は死なない。必ず追いかけるから。待っいてくれないか……?」

逃げるにはどちらかが足止めをしなければならない。
そして、生き残れるという可能性があるのは、俺だけだった。

悲痛な表情を浮かべたトリエラは、腹を据える。

「では、約束です。私は何時までも待っていますから。どうか、死なないで……!」

俺は力ずよく頷き、肯定の意を示した。
そして、眼光が煌めく。

瞬間――こちらに向かって踏み込んだ騎士たちの足が止まる。

「あ、あああぁぁぁあ!」

「ひぃっ! 化け物――ッ」

動きを止めた騎士たち、その誰もが恐怖により狂乱する。

どうやらトリエラは、約束を守ってくれたようだ。既に俺の背後には人の気配がない。
続けて俺は、明確な殺意を瞳に宿し、騎士たちを睨みつける。

「うぁっ………………」

「ひぃいいいい! あっ……………………」

その力により、騎士たちは息絶えていく。
けれど、これで終わりではない。

「はぁ、はぁ……やっとお出ましかよ」

俺が膝をつき前を見据えると、一人の巨漢な男が立っていた。

「ほう……これが恐怖か」

男は小さく震える手から、視線をこちらに向ける。

何故か恐怖に苛まれるはずの男の顔は、何事かを楽しむように歪んでおり、その異常性を物語っている。
その右頬には大きな傷跡があり、体からは烈しい程のオーラが滲み出ていた。

「トリエラ……約束守れそうにねーわ」

圧倒的な強者を目の前にして、足がすくむ。
どうあがいても勝てない、そう本能で理解してしまう。

男が不適に口角を上げ、地を蹴った。

「ぐっ……………………」

大地が爆ぜる音とともに、意識が暗転する。




目覚めたころには、既に男の姿はなく、周りは見慣れぬ牢獄の景色へと様変わりしていた。

そして、これから始まる長い一日が、日常と化していくのにそう時間はかからなかった。














          

「その心が白銀色に染まるなら」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く