転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

アナザーエンド「あり得たかもしれなかった結末」

サイド 友聖



 ここは異世界。俺は一度死んでここに転生した...勇者として。
 前世の俺は真っ当な人間だなんてとてもとても言えないものだった。
 学校で酷い虐めを受けるわ、その際周りの人間は誰も助けてはくれねーわ、家族さえも俺が悪いからやと言うわ、その家族と絶縁するわ、虐めが原因で進学できずクソな上司や同僚しかいねー会社へしか勤められず、そこで不当な扱いを受けて挙句心を病んで壊して社会人辞めるわ、働かなくなって破産するわ、そして孤独死するわ......マジでロクな人生じゃなかったな。
 そんな俺がこの世界では勇者や言うもんやから、何が起こるか分からんわマジで。

 けど勇者やゆーても、俺に対する扱いは前世と変わらずだった。

 俺を国の道具として扱って身分が無い孤児出身だと見下してばかりいる国王と国の大臣どもと貴族ども。俺をイカサマでのし上がったと罵って貶めにくるギルドの冒険者ども。
 異世界でもロクな人間しかいない。前世とほとんど変わらない、クズどもばっかりだと俺はそう確信しかけた。
 けど、そうではなかった。



 「こんなに傷ついて......じっとしてて!応急処置程度しかできないけど治療魔術かけるから」


 最初の討伐任務から帰ってきたすぐのことだった。今まで会ったことが無いレベルの青い髪の美少女が、俺の傷を見るなり治療魔術をかけてくれた。

 「あ......私はリリナ。国王様の娘、です...」

 リリナと名乗った少女は俺を熱心に治療してくれて、その後も会話に誘ってきた。


 「孤児だったんだ...。冒険者になる前から魔物と...?弱い魔物でもそんな年から戦ってたんだ!凄いね...!」

 その人だけは、あいつらと違って俺を見下したり道具扱いもせず、嫌悪したりもせず、

 「友聖、頑張って。私は戦えないけど、こうやってお話したり治療するくらいならいくらでもしてあげられるから!みんなあなたには当たりが酷いけど、どうか折れないで!」
 
 リリナ様だけが俺を支えてくれた。前世では他人で俺に優しくしてくれた人は一人もいなかったので彼女には本当に助けられた。そして恋愛経験に免疫が無かった俺は、必然的にリリナ様に恋してしまった。
 とはいえ俺のこの儚い恋心は成就しないだろうと思い込み、早々に彼女との恋は諦めた。あくまで、親しい友人止まりで良いと割り切った。それだけでも、嬉しく思えたから。 


 17才になった頃、ついに魔王を討伐して、異世界の人間たちの平和を守った。

 「ぐ......勇者よ、我を討った褒美に一つ助言をしてやろう。
 お前は後悔することになる...。お前が守った者たちに価値など微塵もなかったと、やがて気付くだろう...。見限るなら今のうちだ。人間は醜い...。
 では、さらばだ勇者―――」
 
 魔王が死に際に何か言っていたが、特に聞く耳を持たなかった。

 満身創痍の体でどうにか帰って来た俺は、国王に謁見して形だけの労いと褒賞と報酬を受け取ることに。

 しかしこの国の平和を守ってやったにも関わらず俺に対してだけ不当な扱いをまた強いろうとしたその時、

 「此度の活躍、大儀であった。では.........お前を軍から除隊させる。村へ帰るなり好きにすると良い。こちらからの用件は以上だ、早くこの場から去れ――」






 「国王様――いえ、お父様!!それはおかしいのでは!?」





 後方の扉をバンと開けて怒声が上がった。振り向くろそこには、



 「な...リリナ!?何故ここへ?今は魔王討伐軍の兵士たちへの褒賞式の最中で、」
 「それは存じ上げてます。それよりも今の、友聖に対しての報酬に異議を唱えます!彼は今回の討伐任務であの魔王を討伐したという大きな手柄を上げてます。なのにロクに恩賞・報酬を与えないのは明らかに不公平で不遇過ぎます!ちゃんと公正で手柄に相応しい褒美を与えなさいっ!」

 肩を怒らせて国王のもとへ歩を進めるリリナ様の姿が。見るからに怒っているぞと分かるくらいに怒っている。俺に対する今のふざけた扱いに対して怒っているみたいだ...。

 「し、しかしだな。この男は勇者とはいえ身分が――」

 「それが何よ!?前からずっと言い続けてきてるけど、お父様も大臣たちもみんな、友聖に対して当たりが厳しくておかし過ぎるわ!!彼のお陰でもう魔王軍の脅威に怯えることがなくなったのよ!?私たちの平和を守ってくれたのよ!?命を懸けて!!
 なのにあなたたちはいつまでも友聖を見下して蔑んでばかり!自分たちは安全なところでいるばかりのくせに!恥ずかしいと思わないの!?私は恥ずかしいわ!こんな人たちが国の要人としているのだから!!
 今すぐ友聖に対する報酬を正しなさい!!たとえ国王でも許さないから!!」


 国王の言葉を遮って激しい雨のように国王と大臣どもを糾弾して責めるリリナ様。その激しさと彼女の剣幕に俺も国王も大臣どもも口が挟めず啞然としてしまった。彼女の糾弾が終わると同時に後ろから数名誰かがやって来る。


 「恐れながら国王様、友聖殿に対する今の報酬について我々も納得しかねます」
 「あんたらは...」

 彼らはいつも俺の傍で共に戦って来た兵士たちだ。同い年の男兵、少し年上の副隊長、姉的な存在の女兵、中年の隊長。彼らは国王の前まで来て頭を垂れて嘆願する。

 「どうか彼に相応の褒美を。ここにいる4名の兵士も、ここにはいない兵士たちも同じ気持ちです!彼がいなければ私たちは今ここにはいなかったことでしょう!どうか手厚い御恩を!!」

 隊長が声を大にして俺へのちゃんとした褒美を与えるよう請求している。他の3人も同じ姿勢だ。
 というか、こいつらが俺の為に頭を下げること自体が驚愕だ。俺は討伐軍の連中とほとんど上手くやれてなかったのに。こいつらとも距離をとってたのに。どうせこのクズどもと同じように俺を蔑んでハブにするんだと思ってこっちから避けてたのに...。

 リリナ様と隊長たちの圧に屈した国王どもは、その場で俺に対する報酬を改正して、勲章や栄誉も与え、そして今までの数々の非礼を詫びた。大臣どもも、さらには謁見の後も貴族どもやギルドの連中からにも礼と謝罪がきた。

 俺はというと、国王らも含む今まで俺に対して理不尽や不快感をもたらしてきた連中一人一人に、決別とケジメをつける為の顔パン・顔蹴りを十撃ずつ全力で入れるということで今までの禍根を全て無くすことにした。制裁が済んだ頃にはみんな全員半死半生だったっけ。その様子が見れたことでようやく長年の鬱憤が晴らすことができた。
 
 それにしても、

 初めてだった。

 他人が俺の為に怒ってくれる奴、俺のことであんなにも必死に頼み込む奴ら。
 本当に、初めてだった...。


 「だからその、何て礼を言ったら良いか...」
 「礼なんて要らないわ。むしろ、今まで友聖に不快な思いをさせ続けてしまってごめんなさい。もっと早くこういうことをさせていれば...」

 謁見とケジメという名の制裁を終えた後、庭園でリリナ様と二人で会話をする。



 「それでね友聖。ここからが大事なんだけど......三日後にあなたの為のパーティーを開こうと思ってるの!あなたが育った村で皆で盛大に!
 今までの辛かった日々をが忘れるくらいに最高のパーティーにしてみせるから、楽しみにしててね!」

 「パーティー...俺の、為に......」

 普通こういうのはサプライズにして当日になって招いて一気にパァっと明かすものだけど、この時の俺はこういうのでも凄く......もの凄く嬉しく思えた。

 「パーティー......凄く楽しみに待ってますね、リリナ様」
 「うんっ!絶対に、満足させてあげるんだからっ」

 庭園で二人、互いに嬉しそうに笑い合う。こうなることが正解だったと心からそう思える、そんな気がした。


 そして三日後、俺は自分が育った村へ行く。そこで魔王軍討伐を果たした俺に対する慰労及び感謝及び癒し目的のパーティーが催された。
 共に戦った兵士たち、村の一部の連中、そしてリリナ様。皆が俺にありがとう、お疲れ様と声をかけてもてなしてくれた。

 「......前世では、頑張っても何一つ褒められたことなかった人生だった。成人してからは尚更だ。役立たずとか目障りとか言われ続け腫れもの扱い、ハブにされてばかりで...。居場所なんてなかった...。
 それが、今はこんな――」
 「友聖」

 一人感慨に浸っているとジュースを手にしているリリナ様がこっちに来る。俺の隣に座って頭を俺の肩に乗せてくる。そんな仕草に俺はドキリとする。



 「まだ、ちゃんと言ってなかったからここで言うね...。友聖、

 魔王軍を倒して、私たちの平和を守ってくれて ありがとう 」



 こっちを見て、可愛くて綺麗な笑顔で、真っすぐに感謝の言葉を告げたリリナ様に、俺は心を奪われる。

 「あなたが元気で楽しそうでいるその顔が見れて、良かったです。
 あなたがそう言ってくれたお陰で俺は......生まれて初めて報われたと実感できました。
 こちらこそ、ありがとうございます リリナ様...!」
 
 俺の心からの感謝の言葉を聞いたリリナ様は、ただ黙って俺の頭を撫でるという行動で返事した。その手つきは優しくて、安心するものだった。
 

 「 あなたが好きよ 友聖 」

 
 ポツリと、リリナ様は突然告白する。
 いきなり好きと言われてもちろん驚いてはいる。けどそれ以上に嬉しいという気持ちが、俺の心を満たしていた。

 「俺も...リリナ様が好きです 」

 だから俺はこの気持ちを素直に伝える。好きだ、恋している、傍にいてほしい。俺はそれらを心の中で言ったのか、声に出して彼女へ伝えたのか、分からない。
 けどリリナ様の、その嬉しそうな様子から、俺の告白は成功したのだと、そう思えた。相思相愛...これ以上ない最高の形で俺の初恋は叶った。前世では全く成し得なかった恋愛成就。まさかここで叶うなんて夢にも思わなかった。

 俺は今、幸せだ...!

 「友聖、これからは私と楽しく幸せな日々をすごしましょう。辛く嫌なことがあっても私が癒してあげるから。何があっても私は友聖の味方になるから。
 だからこれからずっと、私の傍にいて下さい」


 もちろん喜んで―――ちゃんと言葉にできたのか、またも分からずじまいだったが、返事と同時に俺はリリナ様の手を離すまいとしっかり握った。これが答えだと言わんばかりに。だから、俺のこの気持ちはしっかり伝えられたはずだ。

 「良かった...!」

 告白に成功したことに対してか、リリナ様はそう零して目にうっすら涙を浮かべていた。今度は俺が彼女の頭を撫でてやる。
 正直、この世界へ転生してからずっと俺は前世の連中とこの世界にいるあのクソどもに対して殺したいくらいに憎悪を抱いていた。いつかは残酷に甚振って復讐してやろうって考えてもいた。

 けど今は...俺を好きだと言ってくれる人がいる。傍にいてくれる人がいる。味方になってくれるひとがいる。たった一人、そんな人がいる。それだけで俺は救われた気持ちになれた。心が浄化された。復讐とかもういいやと思うようになれた。
 日和ったとも言えるかもしれない。もし今この場で虐め連中とかクソ上司とかが現れたらすぐにこの手で痛めつけてしまうかもしれない。でもそれだけだ。殺すことはもうしないかもしれない。
 傍に好きな人がいる、俺を支えてくれる人がいる限り、俺は人としての道を踏み外さないでいられる。


 (せめてこの人の信頼を裏切らない自分でいよう。今だけを見て、幸せにいよう。俺は、幸せになって良い人間だ!)


 こうして 杉山友聖の幸せな人生が 始まった―――





「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く