転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

31(終)


 「.........最後の分身が、やられたか」 


 ここは“あの世”といわれている次元。天界から遠く遠く離れたところにある世界でのとある場所で、大悪魔...サタンは力無くそう呟く。

 先の戦いで複数の女神戦士と一戦交えたことで相当消耗して満身創痍の身を引きずって、この地に着いき、以降ずっと身を潜めている。分身体さえいれば自分は消滅することはなかったが、最後の分身が消えたことで今の彼は簡単に滅ぼされる状況にある。
 分身体には個体差が大きく異なっており、個体によっては意思を持たない無力な個体もいる。ついさっき消えた最後の分身体が恐らくそれに当たるのだろう。

 「せっかく禁忌を犯して人間界の次元へ送ったというのに、奴らもまさか禁忌を犯すとは......考えが甘かったか」

 ここももうじき特定されるだろうと悟り、こうなったら自分自身もこの世へ転移しようとしたその時、



 「やっと見つけた......サタン」
 「.........大女神か」


 サタンのもとに一人の女神が降り立つ。白い装束の上に紺碧《こんぺき》の甲冑《かっちゅう》を纏った格好で、長い金髪をまとめてその頭にはティアラのような兜を装着している。それはただの飾りではなく魔力を高める効果を持つ。
 女神の長を務める大女神...プルメリは戦いに赴く時はいつもそれを着けて出る。 

 彼女はさっきまで多くの悪魔を撃退して、探知魔術でサタンを懸命に捜索して、ようやく標的を見つけることに成功して今に至る。その顔には疲労が見えると同時にどこか哀愁も漂っているように見える。

 「名前では...もう呼んではくれないのね」
 「俺とお前の間にはもうどうしようもないくらいの深く長い溝が出来ている。仲を修復するのは無理なくらいにな...。俺は今もお前を......殺したいと思っているしな...っ」

 サタンはそう言って口から魔術を発動してプルメリに放つが、


 「ぐおっ!」
 「もうそこまで弱っていたのね......分身はもういないって分かってるわ...。ここまでね」

 満身創痍のサタンが、女神でいちばん強い者かつまだまだ余力を残しているプルメリに敵うはずもなく、返り討ちに遭う。


 「もう......終わりか。この世だけでもなく、この次元でも...お前とこんな関係で終わるとは」
 「私たちは......こうすることしかなかったのかな...?私は今でも、あの頃の私たちがいた時代へ戻ることができたらなぁ...って思ってる」

 指一本動かすことも出来ずにいるサタンを見下ろしながら、プルメリは悲哀を湛えた眼差しでそんな悔言《くやみごと》を漏らす。

 「お前が...そんな後ろ振り返るような発言をするとは...。確かに......あの時俺も、お前も......間違いと勘違いが無かったら、こうはならなかった...かもな」

 プルメリは何かに堪えるように目を瞑る。が、すぐに切り替えて光輝く短剣を取り出してサタンのもとで膝立ちになる。


 「さようならサタン。やり直しができない私たちは...こうやって終わらせることしかできない」
 「分かってるさそんなことは...。悪魔の長でお前は女神の長。どちらかが滅ぶのは必然だ。それが......俺だっただけの話、だ」

 「もう逢うことはないでしょうね。最後にあなたの顔を見られて、本当に良かった......っ」

 「フン。俺は.........まぁ嫌でもないな。
 じゃあな プルメリ 」

 「っ!!馬鹿.........こんな時に、ズルいよ...!

 さようなら―――愛してる」


 大悪魔サタンは討たれた。これにより長く続いた女神族と悪魔族との戦争は幕を閉じて、天界とあの世に平和が戻った。
 サタンがいた場所をしばらく見つめながら独り言を呟く。



 「さて......リリナさん。あなたは......想い人と遠い、遠いどこかへ二人ともにゆく道を、選んだのですね。私とは違う道を歩んだあなたの方法を否定しません。後は......あなたの頑張り次第です。
 けどリリナさんなら......きっと大丈夫」

 サタンを浄化して誰もいなくなった世界で、プルメリは一人天を仰いで、“この世”にも“あの世”にもいない、一人の少年のもとへ行った女神に言葉を贈る。



 「想い人とどうか安らかに――」



 天に向かって、そう祈りを奉げるのであった―――







 この世でもないあの世でもない、人も女神も悪魔も賢者も干渉することが出来ないと言われている“無”の次元。そこに二つの魂が現界した。やがて二つの魂は人の形をとっていく。

 一人は黒髪の整った顔をした少年。もう一人は肩にかかるくらいの長さの艶やかな青い髪を持ち、華麗なドレスを着た王女。

 王女は隣にいる少年の腕を取って駆ける。そして魔術を使って...無であるはずのこの空間に豪華な部屋を創り出した。そこに大きなテーブルを立てて、豪勢な料理を用意して、ふかふかのソファーを出現させて、そこに二人座る。


 「お前......ほんまに凄いな...。まさかこんなことまで」

 少年...杉山友聖は呆れが含まれた声を漏らしながら部屋を見回す。そんな彼にどやと胸を張る少女...リリナは自慢気に応える。

 「今の私ならこれくらい簡単よ。たとえこんな次元に来ても......これくらいは、させて欲しいもの...!」

 次第に声が震えていく。感動している様子に見える。
 実際リリナは感動して歓喜している。

 「あなたとこうやって過ごしたいってずっとずっと......想ってた。焦がれてた。やっと、叶った...!!」

 感動のあまりに彼女は涙を零す。が、すぐに拭って深呼吸をすると...可憐な笑みを湛えて友聖と向き合う。

 「さぁ友聖!あの時できなかったことをするわよ!そしていつまでも私と...幸せに過ごしましょう...!!」
 「嫌や......って言っても無駄みたいやな」
 
 前世では実現できなかったパーティー......魔王を討伐して世界を平和にした勇者友聖の感謝と労いのパーティーを開く。
 可愛らしい笑顔を浮かべて幸福に浸っているいるリリナに対し、友聖は楽しそうにも嬉しそうにも幸せそうにもせずただ不貞腐れて呆れた様子でいる。


 「お前なんかと永遠に一緒とか、クソが......ッ」
 「今はそういう感じでも良いわ。けどいつかはあの時みたいに、あなたの心からの笑顔と幸せを取り戻してあげるから...。何年かかっても絶対にそうするから。
 私と一緒なれて良かったって、絶対に思わせるから...!」


 そしてパーティーが終わってからもリリナは友聖の傍にずっといて、彼の心を癒し続けた。彼の黒い感情を全て取り除くべく何十年、何百年もかけてずっとずっと...。

 二人永遠に寄り添って過ごしていく―――




 「ずっと一緒にいましょう。いつか必ずあなたを癒してみせる―――」 





第二部 完









NEXT↓ アナザーエンド

「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く