転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

24-2


 この王女はいったい、何を言ってんの??
 違う?演技?ホンマは?感謝?サプライズ?パーティー?嬉しい?好き??


 ??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????


 「ナニ、イッチャッテンノ??」
 

 俺は掠れた声でそう聞き返すしかできないでいる。脳が追いついていない。理解しきれていない。この状況で今の発言をしっかり受け入れられる余裕が今の俺にはなかった。10秒くれ。その間で理解するからさぁ。


 「友聖。こういうことは最初に言っておくべきだったわね?改めて説明するわ。
 あなたが魔王を討伐した後、私があなたに冷たく接してしまった理由は、そうやってあなたを落胆させておいて、でも実はちゃんと感謝していてしかもあなたの為のパーティーも用意して驚かして喜ばせるサプライズを実行しようとしたからなの」


 ―――。


 「私はずっと考えてた。どういうやり方で世界を救った友聖を労って感謝しようかって。あなたの壊れかけている心に気付きもしないでいた私は...何も知らなかった私は、愚かにもあなたを騙すというやり方をとってしまった。嘘でも蔑んで冷たい態度を一度でもとってしまったらもう取り返しがつかなくなるなんて考えもしなかった私はそうやって演技であなたを突き放してしまった......それが真実なの」


 ――――。

 
 「全部誤解だったの。そんなつもりじゃなかったの。
 私が友聖の心にとって最後の砦だったという自覚がなかった...。あの世界でいちばん一緒にいたはずの私は、友聖の心がほんの些細な嘘一つで完全に壊れる状態だってことに気付かなかった...。
 だから私はあの時...友聖にあんな対応をしてしまった...。私の思い違いがあなたを壊してしまった...。ずっと誤解を解きたかった。あの時友聖が暴走している時も。でも伝えることが出来ず私は死んだ。ずっと伝えられなかった。
 あなたを道具だなんて、身寄りの無い孤児が勇者を担うことを疎ましいだなんて、どうでもいいなんて.........

 そんなこと一切思ってないってことを......!!」


 ―――――。


 「本当にごめんなさい!あの時の友聖の心境に対してあんな演技するべきじゃなかった。あなたを深く深く傷つけることになってしまって...ごめんなさいっ!!
 これが、私のあの時と今の変わらない本音です」

 「...。......。.........。............は」

 沈黙。沈黙して沈黙し続けて...代わりに理性を働かせる。しっかり咀嚼《そしゃく》して理解させる。感情は後や。今はあの元王女の一言一句をしっかり聞いて理解することに努めるんや。
 そして............やっと全ての理解に成功する。


 「つまり、何か?俺にわざと冷たい態度をとって見下して突き放して...。その後開く予定のサプライズパーティーで本当は感謝してます、無事を喜んでます、ありがとうホンマにありがとうって言って、ドッキリかまして改めて俺に恩返しをしようと...。
 俺の為に一芝居うっていた、と......。そーいうこと?」

 
 俺の大雑把なまとめに、リリナは頷く。そして頭を下げて演技のことについて再び謝ってくる。


 「うん......したわ。出来たわ。理解したわ出来たわ。お前がホンマは俺に感謝してたって。お礼をしようと、労おうと。そうする為に一芝居うって、下げて上げようって作戦を決行したんやって...。全部ぜーんぶ、理解はしたわ、うん」


 体を動かす...痛みとだるさがあるが動く。足...問題はあるがどうにか踏ん張れる。地面に足をつけて立ち上がる......幽鬼の如くふらふらとどうにか立ち上がる。
 そして俺の次の行動は............




 「理解した上で言わせてもらうけど――――――ふざけんなやおいクソ女が...!テメェふざけやがって...!!

 ―――殺してやるううううううう”う”う”う”う”う”う”う”るア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”!!!!!」



 プチンと理性の糸を切って、感情のままに叫ぶ、だ。

 「友聖......っ」

 「俺っ、おれぇ、オレノタメ??うん理解デキテルよ?全部オレの為二やってクレタンやンな?オレ分かっテる理解シてる!!

 せやったら 最初から《《下らん演技せんと素直に気持ち伝えろ》》やああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」


 ぶち切れ過ぎて言葉が乱れまくる。


 「ふざけんなふざけんなふざけんなふざけんなふざけんなふざけんな......っ!!演技でした?後でちゃんと感謝届けようとしてました!?あの時の俺にそんなもんがただの毒物なんやって何で気付かへんかったのかなぁ!?ああそうかお前も結局は俺のことちゃんと見てへんかったんやな!?せやからそんな下らん嘘つこう思ったんや!!」

 「友聖!聞いて!落ち着いて!私は友聖のこと見てたよ!ちゃんと友聖のことを...!!」

 「せやったら何であんな下らん演技なんかしたんやァ!?!?見てて分かってたらそんなことしよう思わへんかったやろ!?お前も結局俺の味方ジャネエエエェ!!!」


 ドクンッ!


 感情のままに叫び、足に力を入れた時だった。
 体に変化が訪れた―――。
 ゴッッッッッ

 「きゃ......!?」
 「オオオ!?」

 俺の体が黒く輝き、体力と魔力が一気に回復した。あんなにボロボロだった体が全快しかかっている。


 「これが何なんかは、知らんけど助かった!力が湧く...今までの俺より強くなってる...!ああそうや、俺はこの力で復讐するんや!この世界を俺の思うままに改造するんや。何もかも俺の理想に塗りつぶして壊すんやっっ!!!」
 「ゆうせ―――」


 そう叫ぶと同時に、リリナの言葉を聞かずに俺は、破壊魔術を放ってこの校舎を破壊した!



 さぁ復讐を再開するでェ......!




「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く