転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

14★


 俺を虐めた主犯11人への復讐は終わった......が、当然これで終わりではない。
 教師どもの拘束を全て解いてやる。最後に言いたいこと言わせてから......全員殺そう!

 「はーい長時間の鑑賞ご苦労様。口を出さず邪魔もしないでくれて、ありがとな~」

 嫌味たっぷり込めたお礼を言って教師どもを煽る。反応は...俺の態度に憤慨した様子でいる者、恐怖で震えている者、無念さに歯を軋らせている者それぞれだ。一番多いのは俺に恐怖している奴らだ。

 「き、さ、ま...!よくもこんなイカれたことを......っ!」

 ついに俺を貴様呼ばわりするようになった校長を、重力で引き寄せて宙に浮かせて見世物にする。

 『さて!俺の復讐は終わったわけやけど、次はこの学校の浄化(正しくは破壊だが)を行うとするっ』

 宣言とともに校長を頭から床に思い切り叩きつける。

 ガンッッッ「げぇぶうう...!?」

 『さっきも紹介したが、このクソジジイは俺の虐めを見て見ぬフリ処分しようと...いや完全に隠蔽しやがった、教育者としてあるまじきの最低なクズだ!!』
 
 俺の紹介に観客生徒どもが校長を盛大にバッシングする。

 『俺はこんな奴が学校を運営していることが許せねー!。いや許したらあかんやろ!!こんなクズ野郎はさっさと殺されるべきやと俺は考えている!!
 どうやお前ら!?校長をはじめとするこの最低無能教師どもを処刑してかまへんか!?』

 ざわりと教師どもが狼狽する。校長も冷静さを欠いて何か喚いている。俺の問いかけから数秒待たずして大勢の返事が返ってきた。

 《虐めを黙認する先生なんか要らねぇ!!》
 《見て見ぬフリする奴は先生失格や!!》
 《殺せ!殺せ!!殺せぇ!!!》

 ギャラリー生徒の誰もが教師全員の処刑を望んだ。その教師全員は顔を真っ青にして、いやあああと悲鳴を上げる奴もいた。

 「―――と、いうわけや。死ね、金や名声、保身に目が眩んで俺を潰したクズが」

 ブチャ......ッ!

 躊躇無く処刑を執行。校長の首を踏み砕いてその価値の無い命を潰した。

 「ふ...ふざけるなァ!!い、虐めを行った彼らを殺しただけでは飽き足らず、何で俺らが殺されなければならんのや!?」

 うすら禿げのオッサン...教頭が怒鳴り散らす。切れ過ぎて自分称が俺になってるし。

 「じ、自分が嫌な目に遭ったからといって人を何人も殺しやがってこの狂人が!俺ら大人だってなァ!色々問題や悩みを抱えて勤めてんだぞ!?生徒一人の事情に大々的に動くことが容易ではないことを知らずに好き勝手言って人として最低な行動ばかりしやがって!!ふざけるなあああああああ――――」

 ボン―――ッッ!!


 教頭の言葉は最後まで続かなかった。俺が首を爆発させたからな!

 『―――と、相変わらず自分の都合を引き合いにして自分らは無実だっていうズレた主張をするだけの腐った大人の最期でしたっと』

 教頭の首無し死体に発砲してぐちゃぐちゃにしながら紹介するのを見た観客生徒どもはぎゃはははと嗤う。

 「大人だから色々大変?自分らの問題で手いっぱい??そんなんやったら初めから教師という責任重大な職に就いてんじゃねーぞクソども。お前らの中や無関係な世間にとっては通じるのかもしれない言い訳でもなぁ、この俺には何の言い逃れにもならん下らない詭弁に過ぎへんわ!!!」

 殺気を盛大に放ち、同時に魔術を乱方向へ放ち威嚇してやる。教師ども全員狼狽してパニックを起こす。

 「もうええわ。どいつもこいつも教育者失格や。学校ではただ勉強教えてたらええわって思考しかないクソな大人どもがお前らや。結局世間と同じ、たかが一人のガキの問題なんかどうでもいいって思ってる偽善者どもがお前らやっ!!

 死ねっ!!!」

 そして処刑を執行。巨大な火球をいくつも生成して、無慈悲に撃ち落とす。次々に焼かれて断末魔の悲鳴を上げて絶命していく教師どもを俺はただ嘲笑っていた。
 全員焼き殺した...かに思えたが、一人撃ち損じた奴がいた......担任教師だ。五組の連中が奴の名前を叫んで逃げてだ止めろだ喚き出す。無視。

 「ああ~お前か、江藤先生。残った奴が誰かと思えば......偶然にも俺の最後の担任の教師かいな...」
 「う......ぐ......」

 運良く隙間か何かのお陰で唯一炎から生き延びたらしい。が、背中が盛大に爛れていて重傷ではあるが。

 「ハァ、ハァ.........わ、私がもっと...君の問題に向き合っていれば......こんな、ことに......」
 「せやな。免職を恐れずに校長とか教頭にたてついて俺の虐めの件をもう少し何とかしていれば、お前も死なずに済んだのに、なっ」

 グサァ!「あ”.........っ」

 江藤の爛れた背中に躊躇無く剣を突き刺して心臓をも刺し貫いた。

 「ごぼっ!......こ、れ...以上、罪を”......か......さねて、は.........い、けな..................」

 最後に何か俺に忠告しようとしたが、力尽きて死んだ。同時に五組からいくつもの悲鳴が聞こえてくる。どいつもこいつも、俺の時とこのゴミクズどもの時と反応が違い過ぎるやろ。何やねんこの温度差は。俺かてお前らと同じクラスメイトやゆうのにな...マジでキモいわ。
 ともあれこれでこの学校で勤務している最低で無能な教師どもは全員殺した......粛清完了!
 あんな奴らが教育者をしていること自体が馬鹿げて間違っている。消されて当然や!

 『これで、復讐対象の連中と最低で無能な教師どもの処刑はひとまず終わりや!全員ご苦労さん!よく盛り上げてくれましたー!w』

 催眠術をかける対象はもういないからとっくにギャラリー生徒どもの本来の表情が見えている。
 全員、涙を流して震えながらも引きつった笑みを浮かべている。最初からコイツらは心の底からあの殺戮ショーを楽しんではいなかった。殺されたあいつらには楽しんでいるように見えてたんだろうが、終始恐怖という感情が充満していた。

 「こっこれで......俺らは解放される!殺されずにここから出られる......んだよなっ!?」


 誰かが期待した声色で俺に問いかける。あいつらのやられ様を嗤い、あいつらを罵倒して非難することを条件に残った連中は全て解放される...表向きではそう言った。もちろん覚えている。
 だから俺は「もちろん...」と爽やかに笑い―――


 「嘘に決まってるやろ!?バァカどもが!!
 全員ぶち殺すって何度も言うてたやろ!?俺を助けなかったこんな学校、お前ら含めて全部ぶち殺すんだよっ!!」


 怒りと侮蔑を込めてそう叫ぶのだった!!

 さァ、仕上げと行こうか!!



「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く