転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

間話「ある少女の過ち」


 「彼」が来たのは、私が16才になった頃。兵士たちに連れられて来た彼の顔は、不満さを露わにしていた。無理もない、まるで罪人を連行するような扱いだったから。しかも断ることは認められないような雰囲気をみんなが出していたものだから、酷いことこの上ない。
 後で父親でもある国王に文句言ったのだけれど聞く耳持たずだった。せめて、勇者として連れて来られた彼の名前だけでも、と聞き出すことに成功した。

――名前は友聖...。彼のことを少し知れた瞬間だった。

 友聖が討伐隊に入隊させられてから、討伐任務には毎回彼が出陣させられていた。任務から帰ってくる友聖の体には、毎回傷がついていた。他の兵士たちもそうなのだが、友聖は特に傷が多かった。

 「こんなに傷ついて......じっとしてて!応急処置程度しかできないけど治療魔術かけるから」
 「...っ!」

 腕や大腿部にあった傷口を塞いであげる。対する友聖は、いきなり私が治療してきたことに驚いている様子だった。よくよく考えてみれば、私たちがちゃんと顔を合わせるのはこれが初めてだった。

 「あ......私はリリナ。国王様の娘、です...」
 「勇者の友聖です...。治療、ありがとうございます...」

 低い声音で自己紹介と礼を述べた友聖の顔は、何というか根暗で幸が薄い感じだった。せっかく良く整っている造形を、台無しにしちゃってるわね...。
 だけど、私はこの時、彼にそういう指摘が出来なかった。今ここでそれを言ってしまったら、目の前にいる勇者を深く傷つけてしまう......そんな予感がした。
 だって、彼の目は......

 「じゃあ、俺はこれで...「待って」......え?」

 絶望に沈んでいる...そんな目をしていたから。

 「この後、暇...?」
 
 だから、このまま彼を帰してはいけないって思った私は、初めて彼と会話に誘った。


 「孤児だったんだ...。冒険者になる前から魔物と...?弱い魔物でもそんな年から戦ってたんだ!凄いね...!」


 まずは、友聖のことを知りたくて、たくさん彼に質問しちゃった。友聖は一つ一つ丁寧に答えてくれた。大臣たちが彼のことを悪く言っていたけど、とてもそうは思えなかった。平民とか外見とかで人をあんな風に悪く言うなんて...!友聖は悪い人じゃないわ!
 けど......彼は一度も私について質問してこなかったわね...私に興味が無いのかな?まぁ良いわ、これからもこうして会話してあげるから...!


 「友聖、頑張って。私は戦えないけど、こうやってお話したり治療するくらいならいくらでもしてあげられるから!みんなから蔑まれても気にしないで!」
 「はぁ......ありがとうございます」


 最初の半年くらいは、まだぎこちなさを見せていた友聖だった。さらに半年経つと、彼の目に変化が。私と会う時だけ、明るくなってた。そのことを指摘すると、恥ずかしそうに照れたあの友聖は、可愛かった。
 しかも、顔つきもカッコ良くなった気もした。私とこうして会話していたお陰?

 「リリナ様だけが、王国で親しくしてくれているから。それがどれだけ助けられていることか。今後も、こうして関わってくれると嬉しいです...」

 少し笑った友聖からそんな言葉を聞けて、私はすごく心が躍った。お喋りな私に辟易するどころか、感謝されてとても嬉しかった。


 私にとっての友聖が、友達以上の存在になった瞬間だった。


 さらに1年くらい経った頃には、国中のどの兵士でも敵わない、魔王軍幹部をも一人で倒せるくらいに強くなった友聖。私も治療魔法を完璧に会得して、深い傷も治せるようになった。けれど討伐軍に入るだけの実力が無かった私は、彼と一緒には行けなかった。

 「その気持ちだけで十分力になります。リリナ様がいてくれたお陰で今の俺がいるから...。その治療魔術も、俺以外に困ってる人たちにも使って下さい。温厚で優しいリリナ様なら、多くの人を救える。国民からの信頼を多く得ているあなただからできることですから」

 そんな私に友聖は、優しい言葉をかけてくれた。私のことをそう評価していたなんて、この時まで気付かなかったなぁ。意外に私のことしっかり見てくれてたんだ。友聖のこと見過ぎていたせいで分からなかった...!

 そして――魔王を討伐したこと、友聖は無事でいるとの報せを聞いた時は、すごく喜んだ。きっとすごく頑張って、頑張って...戦ってたんだろうなぁ。

 ただ普通に労うだけじゃ足りないよね...。だから、少しサプライズをしよう...!


 そう。この時...いや、最初から私は気付けないでいたから、こんなことを考え付いてしまった。
 取り返しのつかない、大きな過ちを犯してしまっていたことに......。


 討伐軍が帰ってきて、勲章や褒賞など色々やっているうちに、私は密かにサプライズパーティーの準備を進めていた。友聖の村へ行って、村全体で彼を祝おうと村人たちに呼びかけた。みんな全員私の頼みを受け入れてくれた。
 ――本当はそんな気など全く無かったということに最期まで気付くことはできなかったが...。

 いちおう王国にもサプライズパーティーのことを伝えたのだが、お父様も大臣たちも渋い顔をするだけで、協力は得られなかった。ただ、友聖と一緒に戦ってきた兵士数人が私の計画に賛同してくれたのは嬉しかった。
 サプライズパーティーに出席してくれることもそうだけど、私以外にも友聖には親しい人がいたということが、何より嬉しかった。
 しばらく準備で忙しくなるから、王国に近付けないようするべく、私は心を痛めつつも久々に再会した友聖に冷たい態度をとってしまった...


 ――友聖、魔王を討伐してくれてありがとう縁があれば......また会いましょう。
 冒険者稼業なり孤児院への貢献なり、今後も頑張ってね......さようなら――


 我ながら呆れるくらいに、冷たい王女様を演じてみせた。ただ――


 「な.........なん、で......あんた、まで...!」


......別れ際に見た友聖の悲痛な表情を浮かべた顔に、思わず顔をしかめそうになった。嘘だとすぐにバラしたかった。
 この時に、最初に会ったばかりの頃と同じように止めるべきだった。ちゃんと、支えるべきだった。
 体と心がしっかり成長したと思っていた彼は......心がまだまだ強くなんかなかったってことを...。
私の犯した過ちは......友聖を完全に、壊してしまていったことを......。 


 その後も、王国で一人、サプライズパーティーの準備を整えていった。始めは村に私と兵士たちが突然訪問(友聖以外の村人には告知済)して、その後すぐにパーティーを開いて彼を盛大に労う。
 そして、彼を王国へ招いて、私の部屋で二人きりで......///
 ...と、そんな計画を立てて、後は時間を待つだけになった。

 そして、サプライズパーティー当日、いざ村へ行こうとして――



 「な......んて、ことを...!!」


 私は変わり果てた友聖を見て愕然とした。同時に後悔もした。
 あの時、止めておけば良かった、と......。 
 
 必死に説得しようと呼びかけるも、何かの魔術で声が...息さえ出来なくなって何も言えなくなった。


 「異世界でお利口さんでいたのが間違いだったんだ。こんな世界でそういう性格をしていても結局は損をする。初めからこうしていれば良かったんだ......お前らから学ばせてもらったよ」
 
 (そんなことない!友聖はあの頃のままで良かったんだよ?友聖のああいったところ、私好きだったのよ!)


 「じゃあな...今まで嘘でも俺を励まして労ってくれて嬉しかったよ」

 (嘘じゃない!あの楽しかった時間は全部本物だった!あの会話とあの感情は、偽りなんかじゃなかった!全部全部、本心だった...!!)


 「さようなら......リリナ様」
 
 (待って!友聖!!誤解しないで―)




 ―――――





 「残りのゴミもとっとと処刑していくかぁ...くははははははっ...!!」


 狂気が混じった笑い声をを聞きながら、私は友聖が背を向けて去っていくのを、ただ見ることしかできないでいた。お腹から夥しい量の血が流れているが、構わず声を上げようとする......が、呼吸さえまともに出来なくなってしまい、ここからいなくなろうとする彼を呼び止めることさえ叶わない。

 (友......せ、い......)

 涙を流しながら私は彼の名前を心の中で言い続ける。痛みが感じ無くなり、寒さと眠気に襲われていく。もう私は助からない......ここで死ぬんだ。

 死ぬのはもちろん嫌だ。だけど、友聖をあのままにしておくことは、何よりも嫌だ。
 彼は...彼には、味方なんて誰一人いないと思ってしまっている。この世界で自分を受け入れてくれる人がいないと思い込んでしまっている。
 私までからも......捨てられたのだと、思い込んでしまっている...!
 そんな、悲しい誤解をさせたままお別れするなんて、嫌...!!

 でも...もう何もかも手遅れになってしまった...。私に出来ることは、もう何も無い。声さえ失った私は、もう彼がいなくなるのを見ることしかできない...。


 「......ぁ!」


 もう友聖の姿が見えなくなりかけたその時、声が出るようになった私は、最後の力を振り絞って、彼の背に向けて声を......


 「ち...がうの...。そんなつもりじゃ......なかったの...。友聖.........ごめん、なさい......」


 ポロポロと涙を零しながら、縋るように手を伸ばして、この気持ちを届けようと叫ぶ。


 「友聖ぇ......やだぁ、いかない、で...!私、いつも見てた、よ...!好きだった、今も、好きでいて......これからだって、思ってて...!」


 ちゃんと話し合いたい。彼の誤解を解いてあげたい。彼は今も、苦しんでいるはず...!だって、私見てたから...。
 私に背を向ける直前、友聖は――



 「行かないで......私のところ、から...いなくならないで...!!」



 ――泣いていたから...!


 「友聖...っ!!」 





 彼女の最後の言葉は、その少年に届いたかどうかは、彼女にも分からないままだった...。

 そして彼女は悲しみと絶望の淵で泣いたまま、死んでしまった―――












*間章はこれで終わり。次回から第二部になります。これが一応最終章になります。復讐いっぱいします。

「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く