転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

31-2★


 「あ~あ!大好きなおじいちゃんがそんなクズ人間だっただなんてショックだよな~?.........辛いかぁ?」
 「.........はい」
 「今の、今までのこと全部忘れたいかぁ?」
 「.........忘れ、たいです...」
 「おっけ~。承り~~!」
 
 二人の返事を聞いたところで、俺は二人の頭に手を乗せる。直後...眩しい光が部屋一面に広がった......俺の魔術だ。

 「おい...二人に何もしないでくれ、頼む...止めてくれぇ!!」
 「はっはっはー。傷はつけたりはしねーよ。中身を少し弄っただけや」

 数秒後光が止んで、目の前には外傷が一切ないガキ二人の姿がいる。束縛からも解放させており、それを確認した遅川は安堵した様子でいる。そんな遅川を悪意ある目で一瞥して二人に再度話しかける。

 「よぉお二人さん。早速で悪いが、君らの名前を教えてくれるか?」
 
 俺のそんな問いかけに遅川は疑問の目を向ける。今さら何だと言いたげの様子だ。数秒しないうちに二人は自分の名前を告げるのだろう。
 そう思っていたが、10秒以上経っても返事が無いことに気付き二人の方を凝視する。そこには頭を抱えている二人の姿が映っていた。

 「「..................分からない」」
 「......は?」

 二人の予想外の返答に、遅川の顔が凍り付いた。

 「な...何を言ってるんだ!?麻衣子ちゃん!海斗君!!二人の名前だよ?わ、忘れたのか...!?」

 遅川の声にビクッとなった二人だが、再び困惑した表情を見せる。それを確認した遅川は、掠れた声を漏らして呆然とした。

 「辛いから忘れたいって言ってくれたからなぁ。こいつらの《《今までの記憶を全て消してやった》》んだよ!加減が難しいから自分の名前や年まで忘れさせてしまったのは申し訳ないが、まぁこれで......ついさっき知った絶望的事実に関して忘れることができたってことや。良かったなァ、こいつらの傷ついた顔を見なくて済んでよぉ!」
 「あ、あああ......そんな...俺のことも、宗助たちのことも全部、か...?」
 「そらそうやろ......あ。せやせや、他にも追加設定を施したんやったな。おい君達!」

 遅川の絶望顔を嘲笑いながら二人を奴の前に立たせて再度問う。

 「この、心が汚れ切ってるヤニカス老害について、どう思う?」

 そう問うた直後、二人の顔が嫌悪に歪んだ...!

 「何でだろう...この爺さんのこと何も知らないのだけど、何だか凄く不快感を感じる...!何か、悪い人だと、思える...!」
 「......え?」
 「確かに、何か...生理的に無理な人だわ...。近くにいて欲しくない人種です...」
 「な......なん、で......」
 「――っ、ぷはははははははは!あっははははぁ!!」

 とうとう堪え切れずに爆笑してしまい、しばらく遅川の絶望しきったクソ面を見ては爆笑していた。

 「~~~あー笑った...!いやな、記憶消去ともう一つ......お前に対してだけ途轍もない嫌悪感と不快感、そして憎悪を抱くように改造しておいたわけなんよ。お前が俺にだけ無視したり除け者にしたように、この場ではお前がかつての俺になるんや。ここにいる人間全員が、お前の敵になってるんや!!」
 「そ、そんな......そん、な、ぁ............」

 遅川にとって絶望的事実を突きつけられ、本人は完全に心が折れた様子で涙を流した。その顔は絶望と悲痛に歪んでいて、俺をさらに愉しませてくれた!

 「あーそうだ。もう一度さっきの話を二人に聞かせてやろう。いいか、この目の前にいるジジイはな――」
 
 数秒後、二人は遅川に対してさらに嫌悪と憎悪の眼差しを向けて...

 「何ですかソレ最低じゃないですか!タバコ吸わない人の前で喫煙してたその人が明らかに悪いのに、それを注意したお兄さんが虐められるなんて酷過ぎますよ!!」
 「おいそこのクソジジイ!!お前クズだな!?自分が良くないことしてたくせにこのお兄さんを攻撃して追い込んで、心を病むまで虐めてたとかクソ過ぎるだろ!?最近の高齢者はホントに自分勝手で性格が歪んだクズばかりなんだな!?喫煙者ならなおさらクズばかりだ!」
 「あんたが仕事辞めてればこのお兄さんが病まずに済んだかもしれないのに!本当に最低の人間ね!」
 「死ね、死んじまえ!!お前みたいなクズはこの世から消えちまえ!!」

 それはそれは...ぶふっw罵詈雑言の嵐を奴にぶつける始末だ!

 「............まい、こ。かいと..................」
 「ねえねえ今どんな気持ち?大切な孫たちから忘れられて...今まで自分を慕ってくれた孫二人から蔑視されて、嫌悪され...罵声を浴びせられてしまって、どんな気持ち?ねぇ......くあはははははははははははははっ!!」
 「う、ああああああ...。あ、ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ......」

 完全に心が折れて、さらには精神障害まで起こしたらしく、発狂しだした。
 検索魔術で予めこいつのことは調べておいた。孫に対する愛情は息子夫婦以上らしく。二人が生まれてからはずっと世話をしていて、甘やかして育ててきたらしい。そんな大切に育ててきた孫から忘れられて、ここまで非難されて...さぞ心は地獄に落ちたことだろうなァ!
 狙い通り、奴を地獄に突き落としてやったぜ...!まずは心と精神を、だが。
 当然肉体にも地獄の苦痛を与えてやらなきゃ俺の気が済まない!まぁ十分面白いモン見せてくれたから、あとは適当に甚振るとしよう。

 「君らは少し眠れ...。お役目ご苦労。後は俺だけで愉しませてもらおっかな――」
 
 そこからは...今まで通りの拷問コースを執行し、遅川たけしという存在を完膚なきまで踏みにじって、尊厳を汚しまくって、甚振って傷つけて、残虐極まる仕打ちを与えてやった...!
 最初は断末魔の叫びを上げていたが、段々声が無くなっていき、最後は植物人間みたいに何もリアクションしなくなった。心が完全に死んだ証拠だ...!

 「俺をあんな理不尽な目に遭わせておいて、自分だけが幸せな老後人生を送ろうとしてんじゃねーぞ?最期くらいは最悪な悪夢を見て、家族に裏切られて、絶望の底に落ちて死ねよ。じゃあな。死んだ後も地獄に落ちろ...!」

 そう告げて遅川たけしを木端微塵に破壊して、復讐を完了した...!
 
 「はっは~~!我ながらこうも痛快な復讐方法を思いついたもんだぁ!やっぱ家族とかがいた時の方が面白い復讐ができるな。大切なものをも理不尽に奪われるのは...絶望以外の何物でもねーからな...」

 しばらく復讐完遂の余韻に浸ったところで、俺は遅川の家を出た。ガキ二人はそのままにしておいた。どうでもいい存在だし。殺したいとも思ってねーし。
 
 「じゃあ...(社会人時代の)最後の標的のところへ行こうかぁ」

 すっかり暗くなった空を仰いで、次の目的地へ向かった――。


「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く