転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

17-2★

*性描写あり





 「滅茶苦茶で結構。さっきは何か語ってしまったが、結局は......単に俺がお前らを殺したいと思ってるから、俺はその気持ちに正直になってこうしてるだけだ!復讐に具体的な理由なんて要らねー。殺したいから殺すだけだ!!だから、お前も死ねよ」
 「いやっ嫌ぁ!!助けて、ななァ!!助けて助けて助けて―――

 バシャアアアアアッ!!
 ――ぃぎあ”あ”あ”あ”あ”あ”!!やだあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」

 半身程皮を剥いだところで飽きがきた俺は、あとは雑に処刑を執行した。バスタブ一杯分もの濃硫酸を吉原の真上から一気にかけた。もの凄い音がして徐々に体が溶けていく様と激痛で絶叫を上げるあのゴミ女の泣き様は実に面白かった。

 数分後、もはや原型が分からなくなった吉原の死体が出来上がり、それを足蹴にして吹き飛ばす。そしてもう一人の方へ目を向けてチェーンソーを掲げる。

 「あ......嫌、嫌ぁ!あんな目に遭いたくない!お願い、やめてぇ!!」

 恐怖にブルブル震えて必死に制止を求めてくるが、無視してチェーンソーを稼働させる。音が近づく度に顔を蒼くさせて涙を流しす。あと数歩のところまで行くと板敷は土下座姿勢を取る。

 「すっ、杉山様の言うこと何でも聞きますからっ!一生あなたに従いますから!奴隷にでもなりますから、ななにはあんなことしないで、下さいっ!!」
 「......」
 「あ......こ、この体でいやらしいことしていいですからっ!知ってる?私AⅤ女優やってるから、杉山様のしたいこと何でもして上げられるよ?セ、セックスもして良いから...た、助けてぇ!!」

 そこまで言った板敷の体を、俺は無言で眺める。そして無言のまま髪を雑に切ってショートにさせる。次いで服も乱暴に切り破る。

 「!?へっ?いや...!」
 「俺、見た目はショートヘアの女が好みなんだよね。お前の顔と体はまぁ、あのゴミ女と違ってギリギリ性欲の対象に入るから......良いぜ、その体いやらしいことに使ってやるよ」
 「!!あ、ありがとうございます!!好きにセックスして下さいっ!!」

 見れば板敷の頬がほんのり上気して、発情顔晒してやがった。その顔見た俺は無性に腹が立った。これは復讐だというのに何相手を悦ばせてしまってんだよ。
 いや......良いこと考えた。
 板敷の顔をこちらに向けて催眠術をかける。そして行為に入った。

 「あっ......はぁ♪」

 乱暴に挿入したから痛がるところのはずが、このクソ女は気持ちよさそうに喘いだ。入れる前から濡らしてやがったからなのかもしれないが。気にすることなく腰を動かしてセックスを始める。最初はこのクソ女は快楽に喘いでいたが、しばらく経ったところで―――



 「っ!?え......いっ痛い痛い痛い痛い痛い!!な、何で?何でぇ!?」
 快感だったはずが突如激痛として感じるようになり、喘ぎ声が悲鳴に変わりだした。
 
 「いっいだい”...!!ちょっと!止めて、止めてぇ!!痛い、痛いからッ!がはっ!あ”...やめ、で...!!」
 「そうか?俺は気持ちいいが。つーか好きにヤって良いって言ったのお前じゃん。止めるわけねーだろうが」
 「そっぞうだげどっ、い”ぎぃ!?あ”......いだい!!いだいぃ!!!」
 「はっはっはっはっはー!そう言ってるわりには、中は濡れてんじゃねーか、よっ」
 「!!つぎああああ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」

 板敷が何故突然激痛に襲われてしまってるのかは、さっきの催眠術が原因である。

 “痛みと快楽の感覚を逆に感じるようになる”

 つまり今のコイツは、殴られて斬られると気持ちよく感じて、こうやって性的行為の刺激が激痛として捉えてしまうようになってる。
 これは復讐だ。その標的があんなに悦んで蕩けた面をするのは我慢ならない!最後までコイツは苦痛と絶望に顔を歪ませてりゃ良いんだよ!!

 しばらく腰を打ち付けていると、達してしまい中に出してしまった。それも当然痛みとして捉えられるので、板敷は声にならない叫びを上げ続けた。

 「お”願い”い”い”い”い”い”!!!もう”抜いでっ!!終わりにじでえええええぇ!!!」
 「黙れ、お前は俺に快楽を与える為の玩具だ。このまま犯されろ」
 
 3回目の達しがきたところで、板敷はうんともすんとも言わなくなり、顔を覗いてみると完全に生気が抜けていた。腹上死したか。イチモツを引き抜いて、その屍を撮影して辱めてそのまま捨て置いて外に出る。
 因みにさっきの行為一部始終全て撮っておいたからまたネットに晒そう。

 あいつらがやってきたようにな...!


 「学生リスト10人削除 完了」

「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く