転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

カイガ

5-1


対象 清水博樹





 中学3年生に進級した時にそいつ......清水博樹と同じクラスになってしまった。
 サッカー部だった奴は1年と2年の間は虐めの主犯には加わってはいなかった。カースト上位のグループに所属していたこともあって、主犯格の連中が俺に暴行をしている様子をただ面白がって眺めていたくらいだった。傍観者を決め込んでいた奴だったが、3年生同じクラスになった途端、奴も俺に直接関わるようになってきた......もちろん悪意を含んで。
 五十音順の都合上で不運にも席が俺の前という席順になってしまい、始業早々に奴は俺に嫌がらせをしてきた。配られたプリントを渡さない(俺はいちばん後ろ席だったから誰も困らない)、机に落書きしてくる(完全に俺を侮辱した内容だ)は序の口。休み時間でトーン大きめに何故か俺の家族構成を聞いたりとか意味不明な絡みをしてきた。
 中でも苛つかせたのが、俺の顔の傷(虐めでついた)を指差して皆に聞こえるトーンでしつこく聞いてきたことだ。

 「なぁなぁ、目腫れてるやん。なんなんそれ?どうしたわけ?なぁ?唇もめっちゃ腫れてるしw何それ?ダ〇ンタ〇ンの人かよ!しかも制服ボタンあちこち外れてるしさぁw面白―」
 「―黙れよ!!いちいちデカい声で聞くことかよ!俺が何でこうなったのか知ってるくせに!!」

 堪え切れなくて怒声を上げるも面白がって俺を嗤うばかり。無視しようがキレようが清水は俺が嫌がってるのを見て笑い物にしやがった。人の傷口を、あいつは面白がって抉ってきたのだ。そんな、最低のクズだった。
 
 中でも...俺が奴を憎んだ最大の原因が、主犯格どもによる虐めを助長させた「あの出来事」だ...。

 「お前......鼻くそついてんぞ?」
 「.........ハァ」
 
 毎度の嫌がらせ絡みだろうことで俺は無視した。
 「いやだから鼻くそ!見えてるって。くははwおいついてるて!」

 あまりにしつこくウザく絡んでくるのでティッシュで鼻をしっかりめにかんで掃除して終わらせた。これならどんなに汚れてようがきれいになったと確信して清水から離れる。だが......

 「いやいやいや!そんなんでも鼻くそ取れてないから!おいこれ使えよ。ペンで、鼻ほじって取れよ!ほじれば取れるからさぁw」
 「知るか。今ので取れてるし。それ以前にそんなにへばりついてる鼻くそだったら感触で分かるし。いい加減にその下らない絡みは止め―」
 「鼻くその感触楽しんでるって!?え、何?杉山はそーいうことして楽しんでるわけ!?うわー引くわーw中学生にもなってそういうことしてるのはどうかと思うで?wほら早くペンでほじって取れよ杉山くーん!w」
 
 デタラメを周りに聞こえるように言いふらして、しきりに俺に鼻をほじらせようとしてくる。しかも授業中にだ(教師には聞こえない声量でだから余計質が悪い)。それを何回か繰り返していくうちに、俺が鼻くそを気持ち悪くいじるとか意味分からないレッテルを貼られてクラスで馬鹿にされるようになった。
 そしてそれを聞きつけた虐め主犯の連中......クラス内では小西陽介がネタにして悪ノリして俺を侮辱してきて、俺がそれに対して制裁したら逆ギレして仲間を呼んで俺を暴行する...。
 その光景を、清水は嗤いながら見ている。そう、あのクソ野郎は連中の虐め行為を助長させた、普通の傍観者よりも最低なことをした罪人だ。毎回俺が傷ついて苦しんでるところを見て楽しむクソ最低のクズだ。
 奴のしたことを通報しても、当の本人は虐めに直接関わっていない、暴行を加えたりはしていないなどとほざいて、しかもそれが通ってお咎め無し。

 はぁ?ふざけるな。清水博樹、お前は罪人だ。周りが忘れようと気にしていなくても、俺自身が受けたこの屈辱は本物で許されないことだ。
 相応の罰を受けさせる...! 



 「――というわけで、清水博樹。お前は今から俺に裁かれる......まぁ正式には俺の恨みを晴らすといった方が良いか。まぁ罪は罪だ。きっちり償ってもらう」
 「い、いきなりやってきて、昔の記憶を流してきて、俺を裁くだの何だのと!意味が分からねーんだよ杉山...友聖!」
 「いやいや、分かれよ。せっかく思い出させてあげたんだ、忘れたはもう聞かねーぞ?お前は俺を侮辱した。虐めを助長させた。俺が虐められていたのを見て嗤ってた。お前が俺に犯した罪はそんなところだ。二度は言わねーぞ」
 「ぐ......!それ以前に本当にお前はあの杉山なのか!?年月からして俺たちはもう40歳を過ぎてるはずだ!それなのになんだその見た目......20代じゃねーかよ。どんな若作りしたら――」
 「そんなことはどうでもいいん、だよっ!」

 ドゴォ!「ぐ、おぁ......がはぁ!」

 話の主導権は俺だっての。清水の腹に蹴りを入れて復讐を始める。それにしても、こいつは俺が死んだことを知らないみたいだな。俺はここ...大阪から離れたところで生活してたから、かつての同級生だろうがそういう報せはこなかったようだな。まぁ別に知らなくて良いけど。


「転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く