適性?そんなもの1あれば充分です
ファンタジー

連載中:2話

更新日:

適性?そんなもの1あれば充分です

  • あらすじ

     ……ああ、願ったさ。
     確かに願った。
     それは認めよう。
     
     
     自転車で通る通学路。
     中身のないクラスメイトの話。
     簡単すぎる先生の授業。
     今日の夕飯何にしようか考えるタイミング。
     そして、私のこの作り笑顔だって。
     毎日毎日毎日毎日変わらない。
     いつも同じことの繰り返し。
     
     
     
     だから
     
     このつまらない人生、変えてください
     
     ってメルヘンチックに柄にも無く、信じてないくせに神様に願った。
     別に、宝くじが1億円当たりましたなんて大きな変化を望んでたわけじゃあない。ましてや、悪い方向に変わって欲しいなんて微塵も思ってない。
     ただ、私と気が合う人なんかが転校してくるくらいの些細な変化で良かった。
     
     結果から言うと神様は、私の変化が欲しいという願いを叶えてくれた。
     
     私は、神様に会って直接言いたい。
     
     
     

「適性?そんなもの1あれば充分です」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品