ファナリス~恋の物語~

まろふわ

ファナリス レイラ

レイラは、ファナリス学院の改革を行なった、身分制度によるクラス変えを辞めること、もうひとつは身分に格差なく生徒会に立候補をするというものだった。

レイラ「今年の生徒会、果たしてファナリスは誰になるのか楽しみです」

ー生徒会ー

レイ「これで、俺は聖ファナリスから解放される〜」

ライ「良かったですね」

ウム「来年度の生徒会が楽しみなものだ、まあ僕達は関係ないけど」

レイ「まあ、確かに」

レイラ「さあ、生徒会選挙の準備をしますよ」

生徒会メンバー「おおー!!」

レイラ達は生徒会選挙の準備に追われるのであった。

「ファナリス~恋の物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く