ファナリス~恋の物語~

まろふわ

第9話 婚礼式

ー宮廷ー

皇太子の婚礼は国家行事だ。
皇帝や宮廷関係者が出席している

皇帝の前で踊り子達が舞を披露している。

美しい舞いに参列者がみとれている。

舞が終わると、皇太子カムラと 皇太子妃レイラが赤い幕の上を歩いている

二人は幸せそうだ。

カムラ「恥ずかしくないか、レイラ」

カムラは人前に立つことがそんなに好きではない。

皇太子の即位式だって、嫌だった。

レイラは、カムラに比べると人前は大丈夫な方である。

レイラ「陛下、これからはこの国を支えなければなりません」

レイラは、国の母として勤めを果たそうと決めていた。

カムラ「しかし、人前は慣れないものだ」

レイラ「少しずつ、慣れてゆけばよいのです」

カムラ「そうだな」

二人は玉座に座った。

宦官「これより、皇帝陛下の即位式をおこなう」

宦官の合図があり、カムラが挨拶をする。

カムラ「……」

レイラ「陛下?」

カムラは、緊張して声がでない。

宦官「陛下、ご挨拶を」

カムラ「ああ、すまない」

カムラは、無事に挨拶を終えた。

宦官「次に、皇后様からのお言葉を頂戴する」

レイラ「新たに、皇后に即位いたしました、レイラと申します。」

レイラは、しっかりと挨拶をする。
魔法学校における教育の見直し、国家予算の使い道など、国のビジョンをしっかりと語った。

宦官「皇帝陛下のご即位心よりお祝いいたします」

市民「お祝いいたします」

即位式が終わるとレイラはカムラと共に自室に向かった。

レイラ「部屋の片付けをしなければ」

カムラ「片付けくらい、部下の者に任せたらどうだ?」

レイラ「だめよ、きちんと自分でしないと」

カムラ「なぜなのだ?」

レイラ「どこにしまったのかわからなくなってしまうから」

カムラ「レイラらしい」

レイラは部屋を片付けていると昔の写真をみつけた。どうやら、カムラとの記念写真だったようだ。

レイラ「懐かしいね」

カムラ「どれだ?」

二人がファナリス学院初等部に入学したころの写真だった。

カムラ「レイラはこの頃からSクラスだったな」

レイラ「カムラはAクラスだったけ?」

カムラ「ああ、試験の日調子悪かったからな」

レイラ「本気出したって言ってなかった?」

カムラ「気のせいだ。」

レイラ「そうかしら?」

カムラ「今は、Sクラスだからいいだろ?」

レイラ「そうね。」

その後、カムラとレイラは眠りについた。





          

「ファナリス~恋の物語~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く