夜の詩

小鳥 薊

第2話 愚かなコドモ

ふりがなは必要 当て字は得意
想像と妄想は一緒くた
反復横跳びの世界新
みんな 死ね
あたしも死ね
いま なんで笑ったの
指先で無差別殺人
地球に汚物をぶちまけて
今夜は星が見えないねって
マスクのコドモ

テレビでもネットでも
愚かなコドモ
冷たいお茶が飲みたくなった
灯台は海に沈み 帰るところはないのです

「夜の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く