夜の詩

小鳥 薊

第1話 あの子の死

ノンちゃんが死んだのね
あなたのために生まれたその子
あなたが殺した哀れな娘

ノンちゃんが死んだのは
あなたの放った些細な言葉
ノンちゃんはかわいそう
ひっそり死んで
誰にも弔われず
ワタシの怒りで燃やしたのよ

あの子の骨をワタシは噛み砕く
呪いのように食みながら
あの子どうした と聞くあなたに

ノンちゃんは死んだのよ
幼いワタシは死んだのよ
そう囁いた
まばたきもしないで

「夜の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く