光の詩

小鳥 薊

第1話 ひるね 

かわいい子 眠る

赤い眉
泣いた証
だんだん白に戻る

湿った頬
ハンケチで拭けば
水蜜桃

サッシの向こうに風がある
傾いだ向日葵は洗濯物と恋をして
かりそめの夢をみる
ここは美術館

自転車の少年がゆく
疾走する光を瞼でからめて
いつまでも見守っていたい
懐く太陽
淡い空

かわいい子 まだ眠る
完璧なこうべに生える銀髪の草原を
撫でたいが 我慢する

小さく
上下する

上下する
上下する

「光の詩」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く