彼氏が赤ちゃんになっちゃった中学生の育児日記

小鳥 薊

不思議な夢

「……み……な……なみ………」

(え、誰……何て言っているの?)


「……なみ……み……なみ」

(私の、名前を読んでいる?)


「……美波……俺は、俺の体はここにあるから……」

(え? もしかして、一平くんなの?)


「俺は、ここで待ってる……美波が戻って来るのを待ってるから」

(ここってどこなの? どこにいるの? 一平くんともっと話したいよ)


「石を……て……」

(???)



「待ってーーーーー!!!」

はあ、はあ、はあ。

私は飛び起きた。息が苦しい。あの夢、なんだったのかな。一平くんが私に呼びかけていたんだ。
私は、一平くんの最後の言葉を思い出そうとするのだけれど、はっきり聞き取れず、思い出せない。そこに、なにかヒントが隠されているような気がした。
隕石の欠片は今、私の元にある。期末試験を無事に乗り越えたら、いろいろと試してみよう。そして一平くんを元に戻さなくちゃ……。


そして、私はそのまま寝落ちし、一旦意識が途切れた。


          

「彼氏が赤ちゃんになっちゃった中学生の育児日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く