捨てられた令嬢~呪われた皇太子~

ノベルバユーザー417511

第三三話

 サラが港街に出発した時、ラッセルは、各大臣の領土に出向き説得に当たっていた。

「カイル、これでこちらの味方は、何人になった?」
「議会の半分の5人位でしょうか」
「そうか、思ったより少ないな。まだ足りないな」
「ええ、ですが、そろそろサラ様の所にも顔を出しませんと心配されるのでは?」
「ああ、そうだな。明日はサラの所へ行くか」
「ええ、たまには休んでも問題無いかと」
ラッセルとカイルは城に戻る。

ルシアが、ラッセルの所へやって来る。
「ラッセル王子、待ってましたのよ」
「なんだ、ルシアか。何か用か?」ラッセルは冷たくいい放つ。
「まあ、やっとゆっくりお話し出来ますのに。お茶でも一緒にいかがですか?」
あまり冷たくして何か言われても困るので
「ああ、分かった」と返事をすると、ルシアはラッセルに腕をまわす。
「嬉しいですわ。早速用意させますわね。セバスっ、直ぐにお茶の用意を」
セバスは
「かしこまりました」と返事をしてお茶の用意をする。
「ゆっくりで構わん。ルシア、悪いが腕を離してくれないか」
「まあ、申し訳ありません。お恥ずかしかったですよね」ラッセルは顔をしかめる。

「ラッセル王子、最近はどちらに行かれてますの?」
「色々とな....」
「大変ですわね。私、早くラッセル王子の支えになりたいですわ」
「いや......」そんな日は来ない。と言いたがったがまだ告げるのは早い。ラッセルは、ため息をつく。
こんな所でお茶をしている暇があったら、早くサラの所へ行きたい。するとレオがラッセルのもとへ来るのが見える。

「やあ、ルシア様こんにちは」レオはルシアに挨拶をして、ラッセルに耳打ちする。
「兄さん、街では、兄さんとルシアが婚約したと言う話しが出回ってるよ。早い事手を打たないと取り返しのつかない事になるんじゃない?」
「何っ本当かそれは。出所は?」
「目の前にいると思うよ」と言うとレオは
「ルシア様、では僕はこれで」と言うとその場から離れる。

「ラッセル王子、レオ王子は何でしたの?」
ラッセルは返事をしない。
「聞いてますの?」
「ああ.....」ラッセルの顔色が変わる。そして
「ルシア、お前......」
んっ?と言って、ルシアは首を傾げる。
「悪いが、急用を思い出した」と言うと、ラッセルは席を外す。
「もう、ラッセル王子ったら、でもいいわ。これからは毎日でもゆっくり一緒にいれますもの」
ルシアはほくそ笑むのだった。

カイルがラッセルに
「ラッセル王子どうされました?」と尋ねる。
「ルシアのやつ、街で俺と婚約したという噂を流したらしい。サラにまで届いてなきゃいいが。今から店まで行ってくる」
「今からですか?」
「ああ。サラが心配だ。ヒューになって行くから、カイルは街で聞き込みをして欲しい」
「かしこまりました」と言うとラッセルとカイルは城を出る。ラッセルはヒューに姿を変え店へ急ぐ。

ヒューは店まで来るとサラを探すが、姿が見えない。
店へ入り、ステラに
「ステラっ、サラはどこだ?」と焦りながら尋ねる。
「ヒュー、遅かったね....今まで何してたんだい....」
ステラは怒りを含ませ返事をする。
「すまん。色々大変でな」
「......サラはここにはいないよ.....」
「どういう事だっ」
「さあね、自分が一番よく知ってるんじゃないかい?」ステラは冷たくいい放つ。ヒューは急いで二階の部屋に向かうと、部屋へ入る。
サラの荷物が無い.....机の上にメモが置いてあるのが見える。ありがとう。と一言書かれたメモが置いてある。急いで店に降り
「ステラっ、サラはどこに行ったんだっ」
「さあね。知らないよ」
「知らないはず無いだろっ」
「ヒュー、あんた私の約束を破ったね。サラを大切にするって言ったじゃないかいっ」ステラはヒューを怒鳴り付ける。
「ああ、もちろんだ。今もそれは変わらない」
「じゃあ、何でルシアとか言うやつがここに来るんだよ」
「まさか、ルシアがここへ?」
「ああ、そのまさかだよ。サラに私は婚約者だって、告げて帰って言ったよ」
「何て言う事だ....」
「サラは私に言ってたよ。ラッセル王子に迷惑が掛かるなら身を引くってさ。あんたが幸せならそれでいいって。ヒュー、サラみたいないい子他にはいないよ?」
「分かってるさ....ステラ、サラの居場所を教えてくれ」ステラは首を横に振る。
「ダメだ。あんたがサラをきちんと迎えらるまで居場所は教えられない」
「ステラすまん....」
ラッセルは今でのいきさつを話す。ステラは
「そうだったのかい。でもダメだ。約束は約束だ。サラを不安にさせたのは間違い無いからね」
「ああ、分かっている」
「じゃあ、早く何とかするんだね。早くしないと、サラだって、いい人見つけちまうかも知れないよ。あんな可愛い子だからね。周りはほっとか無いだろう?」
ラッセルは焦る。あと一人味方にすれば、なんとかなる。ステラは
「ヒュー、何で、もっと早く言ってくれないんだよ。私達だって家族だろ?」
「すまん。皆に情けない所見せたくなくてな」
「何言ってるんだよ。今さらだろ?」ステラは、ヒューの頭を撫でる。
「サラ、すぐ迎えに行くかなっ」と言うと、店を後にしたのだった。

「捨てられた令嬢~呪われた皇太子~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く