捨てられた令嬢~呪われた皇太子~

ノベルバユーザー417511

第二三話

 レオは一人サラを部屋へ残すと、庭へ出て来る。グレクが
「レオ王子?サラ様はどうされたのですか?」と尋ねる。
「置いて来た。サラに花でもと思って」
レオには思い出の花があった。とても大きなピンク色のガーベラ。小さい時に一度だけその花を母にプレゼンしたら、母はとても喜んでくれたのだ。今でもレオにとって、その花は大切な花だった。
「こちらのバラの方が見栄えが宜しいのでは?」とグレクが言うと
「いや、ガーベラがいいんだ」と言って一本手に取ると、部屋へと戻る。
サラは、ソファーに座って、外を見つめている。
「サラ、プレゼントだ.....」
レオ王子は、ぶっきらぼうにガーベラをサラに差し出す。
「ありがとうございます.....」
サラはそれを受け取り、微笑むが、目から涙が溢れる。サラの心と体はちぐはぐな様子だ。
「サラ、何で泣くの?やっぱりお前も兄さんがいいんだ....」
「いいえ、私はレオ王子が好きです」
レオは、サラの涙を指で拭うと、サラに顔を近付ける。
「サラ、目閉じて」
サラが目を閉じると、乱暴に唇を奪う。それでもサラはじっとしている。
「口、開けて」とレオが言うが、決して開けようとしない。レオが唇を離すと、サラは心の無いまま微笑む。
「くそっ、なんなんだよっ!」
レオは、拳を握りしめソファーをおもいっきり殴る。
「絶対、心も体も俺の物にする.....」


ヒューは、ハンナの屋敷から店に戻ると、ステラに自分の事を話そうか迷っていた。ステラなら分かってくれるかもしれない。しかしステラは、サラの事がとても大切なので、王子だと知ると反対するかもしれない。現に俺が原因で事件に巻き込まれているのだから。


「ヒュー、お帰り」
ステラがヒューに話しかける。ヒューは俯いたまま、わん。と鳴いた。
「なんだい?さっきの奴の事気にしてるのかい?サラがレオ王子を好きになるはず無いだろ。私はサラを信じてるし、ヒューの事だって信じてるよ」ヒューは、自分の事しか考えて無い自分が嫌になった。少し間をあけ、深呼吸をする。
「ステラ.....」
「ん?今、まさか、名前呼んだかい?」
「ああ......」
するとステラが大きな声で
「はっはっはっ!ヒュー話せるのかいっ。長い間生きてたけど、こんな事初めてさっ」
と大笑いし、ヒューの頭を撫でる。ヒューはステラの様子を見て安心すると
「ステラ、すまん。俺のせいで、サラは....」
「何でだよ。何でヒューのせいなんだよ?さっきの男の話しかい?」
ヒューは自分が王子だと言うか迷っている。
「そうだ。全部俺が原因だ....」
ステラはヒューの顔を覗き込み
「ヒュー、なんか訳ありみたいだね。こんなおばちゃんだけど、それでも、あんたの飼い主だよ。あんたがどごぞの王子だって驚かないさっ」
ヒューは驚いてステラを見る。
「はははっ、ヒュー私をなめて貰っちゃ困るよ。この街で何年生きてると思ってるんだい!パン屋をやってればね、色んな情報が入ってくるんだよ。だけどまさか、あんたが話せるまでとは思わなかったけどね」
「俺は、ラッ....」
ヒューが名前を告げようとすると、ステラは微笑みその言葉をさえぎる。
「あんたは、紛れもなく、この私の家族のヒューだよ。違うかい?」
「いや、その通りだ。ステラありがとう....」
「なら、やる事は一つだ。サラを連れて帰るよ。家族は一緒にいるのが一番だからねっ!」
「ああ、そうだな」
「ヒュー、明日は早いからもう休みな」
「ああ、分かった」
ヒューは部屋へと戻る。ステラはその後ろ姿を見つめながら
「あんた、ラッセル王子だろ?なんで犬になったかは分からないけど、薄々は分かるさ。これまでの事だってさ。それに普通の犬じゃないからね....」


ヒューは、部屋へ戻るとカイルに連絡を取る。
「カイル、今サラの様子はどうだ?」
「特には変わった様子は無いですが、レオ王子がサラ様を部屋に閉じ込めているようで」
「そうか.....何もされてなければいいが」
「それは、こちらもそのような事がありましたら踏み込む覚悟です」
「任せたぞ。俺は明日早くにステラと城へ向かう」
「はっ、お待ちしております」


ヒューは、サラの匂いがするベッドに入ると、夜が明けるのを待ち、外をずっと眺めていたのだった。

「捨てられた令嬢~呪われた皇太子~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く