捨てられた令嬢~呪われた皇太子~

ノベルバユーザー417511

第二一部

 サラはアンブラに何かを飲まされたが、苦しむ様子も無いので、どうやら毒ではないようだ。
「サラっ」ヒューが呼びかけるが、どこか遠い目をして何も話さない。
「大丈夫か?苦しく無いか?」
「うん......」
「サラ?」
「レオ王子の所へ行かないと.....」
「なんでだ?何故レオが出てくる?」
「分からないの....」
サラも頭が混乱しているようだ。
「行かなくちゃ....」
「サラっ、俺を見ろっ」
サラはヒューを見つめる。が、その瞳は暗く濁りのある瞳だった。
「アンブラめ....いい加減にしてくれっ。何故サラを巻き込むんだっ」
ヒューは、悔しくてその場で叫ぶ。しかしサラは聞こえいるが反応をしない。サラはふらふらと、どこかへ行こうとする。
「どこへ行くんだっ。行くなっ」
ヒューはサラの裾を引っ張り止める。
一瞬だけ、サラが悲しそうな表情を見せる。


突然、教会のドアが開き、レオとグレクが現れる。
「やあ、可愛いサラ。僕と一緒に城に来るよね?」レオがサラに聞く。
「もちろんです。レオ王子....」
サラはレオにしなだれかかる。
「って言う事だから、兄さん。サラは俺が貰うよ。兄さんは、僕が欲しい物全部持ってるじゃないか。サラくらい、くれてもいいでしょ?」
「サラは、物じゃないんだぞっ。レオ考え直せ。そんな事でサラと一緒にいたって虚しくなるだけだぞっ」
「ははは。そんなのは、負け惜しみだよ。呪いは他の人で解いてもらいなよ」
ヒューはサラがレオにべったりしている所を見ている事が出来ず、目をそらす。
「じゃあね、兄さん」
そう言うと、レオとグレクはサラを連れて教会を出て行く。
一人残された、ヒューは、虚しくマリア像を見上げる。
「神なんて、いないのかもな.....」
そう呟くと、教会を後にする。何も考えたく無く、とぼとぼと歩いていると、
「あれっ、ヒューじゃないか。サラはどうしたんだい?」ステラが買い出しに出でいたようで、声をかけられる。
ヒューは、俯きながら返事をしない。その様子を見て、ステラが
「ヒュー、私はね、サラだけを見てたんじゃないんだよ。あんたの事だって、ちゃんと見てるんだ。こっちをお向き」
ヒューがステラを見上げる。
「サラに何かあったんだね?」
わん。っと力無く答える。
「何があったかは、分からない。だけど、今のあんたじゃ、大切なサラは守れないだろうね」
ヒューは返事が出来ないでいる。
「いいかい、ヒュー。どんな事があろうと諦めちゃいけない。無理だと思っても、もがいて、もがきまくるんだよ。そしたらきっと道は開けるもんさ。そうだろ?って犬のあんたに伝わってるかね。私もこうしちゃいられない。ヒュー家へ帰るよっ」
ステラの言葉に、自分の愚かさを後悔し、わんっと大きな声で鳴く。
「元気が戻ったようだね。それでこそ、サラのナイトだ」
ステラとヒューは家へ帰る。
店へ戻ると、グレクが店へ来ていた。ヒューは、ガルルル~と唸る。ステラが
「またあんたかい。サラの事周りの皆から聞いていた奴だろ?」
「さあ、何の事でしょうか?」
「サラに何の恨みがあるってんだい。もうそっとしておいて、おくれよ」
「それは、そこのヒュー君に聞いてはいかがですか?」
「ヒュー?どういう意味だい?」
「私からは、何とも。とにかくですね、サラ様は今レオ王子と一緒にいますので。ご心配なくと伝えに来ました」
「レオ王子と?」
ステラは、誘拐事件でレオ王子の事を良い印象を持っていなかった。
「今二人は仲睦まじくしておりますので、決して邪魔しませんように。ではっ」と言ってグレクは店を出て行く。


ステラは、訳が分からず、ヒューを見つめる。
「サラ、どうしたってんだい....レオ王子?そんな事あるわけないだろ。私はサラの母なんだよ。本人に会わないとダメだ。今日はもう遅いから明日サラを連れ戻すよ」
とヒューに言い、店の奥へ戻る。


ヒューは部屋へ戻り、
「カイル、聞こえるか?」
「ええ、ラッセル王子、今連絡しようとしてた所です。サラ様の事ですよね」
「そうだ。もうそちらに到着したか?」
「はい。これは、どういう事でしょうか?」
「アンブラから薬を飲まされた。それからレオが来てサラを連れていった。今サラはどうしてる?」
「レオ王子の部屋へ入られました」
「カイル、悪いが、何かされないか、見張っててくれ。もし何かあったら、無理やりサラを引き離してくれ」
「かしこまりました。ラッセル王子は?」
「とりあえず、ハンナの所へ行って来る。何かあれば、俺もすぐ向かう」
「はっ、かしこまりました」
そう言うと、ヒューはハンナの館へ向かうのだった。



「捨てられた令嬢~呪われた皇太子~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く