捨てられた令嬢~呪われた皇太子~

ノベルバユーザー417511

第十二話

 舞踏会も終わり、苛つきながら、レオは部屋へ戻る。
「アンブラ、聞こえるか?」
煙と共に、アンブラか現れる。
「なんだい?そんなに苛ついて」
「兄さんが、現れたぞ。どうなってるんだ。犬に変えたんじゃないのか?」
「ああ、見てたよ。ハンナだろうね」
「何を呑気に。直ぐにどうにかしろっ!」
レオはたまらずアンブラに怒鳴る。
「気の短い事で。私は面白きゃ、どっちでもいいんだけどね。物語は最後まで分からない方が面白いだろ?」
「くそっ、俺はお前と契約をしたんだぞ」
「そう、焦りなさんな。呪いは簡単に解けやしないよ。もって、今日1日さ」
「そうなのか、ならまだチャンスはあるな」
「人使いの荒い、王子様だこと。けけけけ」
と言って消えて行った。


しかし、今日はいったい兄は、誰と踊っていたのだろうか?そして、犬になった兄はどこに?
調べる必要がありそうだな。弱味を握るには絶好のチャンスかもな。ふんっと笑いソファーに腰かけるレオだった。


ラッセルも部屋へ戻ると、窓の外を眺める。サラと踊った事を思い出していた。
サラは、楽しんでくれただろうか?舞踏会に行っていないと、少し淋しそうな顔をしてたから....


「ラッセル王子宜しいですか?」
カイルが部屋へ訪れる。
「ああ。入れ」
「ラッセル王子、あのサラという娘、パン屋の本当の娘では無いのですね」
「ああ、そうだ。森に捨てられてた所、二人に助けられたんだ」
「捨てられた?」
「俺が犬に変えられた時、偶然サラが捨てられた日だったようで、その時の様子は、思い出すだけで、腹が煮えくりかえる」
「そうですか....それで、サラ様の何を調べろと?」
「それだが、サラの身に付けているネックレスが、どうやら、ベル伯爵の紋章みたいなんだ」
「あの、当主が亡くなり、長女が失踪したというベル家ですか?」
「ああ、なるほど。それで、サラ様を捨てたと」
「酷い姿だった。ガリガリに痩せて、体には痣だらけで.....」
ラッセルは拳を握りしめる。
「なんとか、サラをあんな目に合わせたやつらの証拠を集めたい」
「なんと、あんなに素敵なお嬢さんを...分かりました。直ぐに調べはじめます」
「任せたぞ」
「それと、ラッセル王子、言いにくいのですが」
「なんだ?」
「犬に姿がお変わりなったら、私が街まで送りますので」
「いや、別に一人で帰った方が早いから、気にするな」
「いえ、朝お迎えに来ますので」
「あ、ああ分かった。任せる」
何故か引き下がろうとしないカイルに不思議に思うが、まあ、良いと思いサラへと思いをはせる。


久しぶりに自分のベッドに横たわると、サラが隣にいない事に淋しく思う。ラッセルはサラが犬の自分を愛してくれないか?と思うが、まずそんな事は無いだろうと、ため息をつく。


そうこうしてると、夜が明け始め、カイルが迎えに来る。
「ラッセル王子、そろそろ出ませんと」
「ああ、今行く」
二人は、馬車に乗り込むと朝になり、薬が切れたようでラッセルの姿は犬に変わる。
「薬が切れたようだな.....」
「そのようですね」
「カイル、悪いが、父上にまた俺が旅に出たと伝えてくれ」
「ええ、かしこまりました」
パン屋に近付いて来ると、サラが店の前で待ってるのが、見える。
「ラッセル王子、大切にされてますね」
「犬としてな.....」
馬車が到着すると、
「ヒュー、お帰り。迷子になっていたんでしょ?大丈夫だった?」
ラッセルは、カイルを睨む。
「サ、サラ様、昨日はありがとうございました。楽しめましたか」
カイルが尋ねる。
「ええ、とっても」
ニコっと微笑むと、カイルが頬を染める。
ヒューは、う~、わんっと吠える。
「こらっ、ダメでしょ?助けてくれた人に....」
「そ、それではっ、サラ様、私はこれで」
「ええ、こちらこそ、ありがとうございました」
カイルが城へ戻る。


その時、レオの従者グレクが路地からずっと様子を伺っていたのだった。



「捨てられた令嬢~呪われた皇太子~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く