週末自炊酒

飯炊きおじさん

幕間 レジ打ちの女性

「暇だなぁ…」

女性は退屈していた。
金曜日夕方。ここはスーパーの店内。
オフィス街と住宅街の間の半端な場所にあることから、客入りはそれほど良くない。
女性はそこでレジ打ちのアルバイトをしている。

「まあ、私はバイト代貰えれば良いけど、こんなに暇だとお店潰れないか心配。今日もお客さん少ないし、早上がりになりそう…」

この女性は普通の大学生だ。
苦学生と言うわけではないが、何かアルバイトがないと学生生活は厳しい。
早上がりさせられても給料は減らないものの、バイト先が潰れるのは非常に面倒と言った状態だ。
しかし、広い店内に対して客入りは少ない。

「はぁ…」
女性は小さく溜息をつきつつ店長を見遣る。
店長は何やら見たことない瓶を陳列している。

「また変なもの入荷してる…急にレジに来るとびっくりするのに…」
女性の小さな悩みの一つだ。

「…あんな変なものでも買っていく人いるのよね。いつもこの時間くらいに買いに来るっけ?前は確かクジラ肉や大きな豚肉を買っていったかしら?…買っていく人がいるなら並べてても良いかな?」

と思っていると店内に入店音が鳴り響く。

「いらっしゃいませ」
と言いつつ、入り口を見ると件の男が入ってきた。

「あ、あの人だ」
女性は男を目で追う。
男は調味料の陳列棚の方へと消えていく。

「今日はやけに思い切りが良いのね。いつもなら行ったり来たりして悩んでいるのに。多分、献立を考えながら選んでいるんでしょうけど。…私も料理できるようにならないとなぁ」

暇過ぎて女性の思考はクルクルと移る。
この女性は料理をせず、大体は外食か惣菜で食事を済ましている。
そのため貯金もできないが、料理=難しいもの、という認識があり、始めていない。

そう思っているうちに、先程の男がレジに来た。
粒入りマスタードの瓶だけ持っている。

「え?今日はあれだけ?」
女性は思った。

店の売上を心配している矢先にマスタードだけを買いに来た男に対し、女性は、
「いつもならもっと買ってくれるのに…」
と、理不尽にガッカリした。

ふと、
「今日はこれだけなんですね」
と声を発してしまう。
瞬間、女性はやってしまった、と思った。
勝手に沢山買うと勘違いしていただけなのに、これでは嫌な店員ではないか、と。

しかし男は一瞬驚きつつも、
「ええ、上司からソーセージをお裾分けで貰いまして。今日の晩酌はそれにしよう、と」
と朗らかに答えた。

女性はホッとしつつ、会計を済ませて、
「それは良かったですね。ソーセージってお酒に合いますよね」
と若干取り繕いながら返した。

男が店を出た後、女性は、
「今日の晩酌ってことはいつも晩酌のために自炊してるのか…料理ってそんなに気軽にできるものなのかな?」
と少し興味を示していた。

店は相変わらず閑散としているが、女性の気は少し紛れていた。

「週末自炊酒」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く