異世界に召喚されて魔族になりました

ルルーチルニド

40,商人

さてと…
馬車の方へ行けば皆分かるかしら?
皆怪我とかしてなければ良いのだけれど…
分散して各個撃破なんて無茶が過ぎたかしら?
今更ちょっと不安だわ…

馬車の方向へ歩きつつ
もう少し戦いにやりようがあったのでは無いだろうかと1人で反省会をしている
例えば砂埃が舞っていた時はあからさまに背中方向への気配探知を怠っていた…
多対1の試合をやった事がなかったとはいえ警戒が薄いところを突くのは勝つ為の常套しゅ…

「リンリ〜ン」

人型の何かが凄まじい速度で側方から突っ込んでくる
受け止められなかったらとか考えないものなのかしらね?
下半身に力を込め走ってくる何かを受け止める構えを取る

「とぉ〜う!」

思いっきり飛び込んで来た?!
驚いた瞬間に思い切り投げられたボウリングの球を受け止めるかのような衝撃が来た

「…っ」
「えへへ〜、私頑張ったよ?」

しっかりと受け止めきった後に見える顔は、まるで天使のような微笑みの風香だ
まず、無事なようで何よりだわ
笑顔にほっとしつつ
風香の身体全体から褒めてっ褒めてっ!というオーラが滲み出ている

「はいはい、よく頑張ったわね」
「にへへ」

褒め言葉と同時にサラサラの髪を優しく左右に撫でると
微笑みながら気の抜けた笑い声が帰ってきた
そして大きな爬虫類の尻尾を振り回している…
ちょっと危ないわね
尻尾の当たった所の大地は抉れ砕けた岩などが撒き散らされている

「皆無事だったようだな」
「俺と理華で4体も倒したんだぜ?」
「あたしは1人で3体だぜ?」
「で、でも蓮花。怪我してたしあ、危なかったんじゃない?」
「大丈夫だって。それから回復ありがとな」

なんて自慢話をしながら皆が合流してきた
そして、魔物達に襲われていた人達も
馬車の中身は剣や盾など武器類が積まれている馬車、衣服類や宝石類がある馬車
そして、多分この世界のアイテムが積まれている馬車がある
おそらくどこかの街へ売り出しに行く商人だろう

「いやいや、助かりましたよ亜人の冒険者の方々」

馬車の中から男が降りながら感謝を述べた
馬車を用意し、冒険者を雇った商人だ
そしてその後ろに隠れるように子どもが1人
商人の息子なのかしら?

鼻の下から左右に立派に伸びたクリーム色の髭、優しそうに見える細目は少しつり目気味、前髪はセンターから少し立ち上がりそのまま顔の横を通り頬あたりまで伸び後髪は首の半ばくらいまで伸びたクリーム色の少しウェーブかかった毛髪をしている
胴の部分は明るい茶色ベースに黒色の小さな装飾がされていて袖部分は白色で手首の部分はフリルっぽく広がっているベストを着こなし
パンツはベストの茶色より少し暗い茶色で何かの動物の皮を利用した靴を履いている
身体は決して太っているなどはなく角張った肩や足の太さなどからそこそこの筋肉質であると予想できる

「輸送中は魔物達に襲われやすいからと護衛をつけたのですが予想よりもかなり多くの魔物に襲われて…本当に助かりましたよ」
「いえいえ、私共も偶然通りかかっただけですから」
「いえ、我々からも感謝します。あのままでしたら確実にやられていました」

冒険者チームのリーダーだろう軽戦士が深々と頭を下げた
商人からすると、襲われるのはほぼ確実って感じなのね

「通りすがりとはいえ救援、感謝致します。これはお礼と言うことで受け取ってください」

そう言って馬車からじゃらじゃら言う黒色の布製の巾着を取り出した
どれだけの金銭なのかは分からないけれどかなりの額なのでは?と、戸惑っていると
ラトルがそれを受け取り感謝を述べた
冒険者ってクエストとかの達成報酬以外にも報酬があるのね?

「異世界に召喚されて魔族になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く