異世界に召喚されて魔族になりました

ルルーチルニド

39,愛しの人の教え〜風香〜

嘆いていても仕方ない!
とにかく目の前の事に集中っ
両手で両頬を軽く叩く
集中する時にいつもやる仕草だよ

私はリンリンほどの技のキレや予測なんて出来ない…
けれど私の大切な人が私のために教えてくれた事は絶対に修得できる!
ラブパワーってやつ?

本気の攻撃時に最大の隙が生まれるんだって
昔にリンリンが教えてくれた
多分どこの相手でも変わらない
相手をよく見る!
これは先生にもよく言われたね〜

ゴブリンだって全て本振りの攻撃じゃないはず
棍棒を振る動作を見てみる
連続攻撃と本気の一撃
棍棒がギリギリ当たらない距離を保ちつつ観察する

片手で振り、棍棒の先は頭上から振り始めて振り切る前に止めて次の攻撃へと繋げてる
空いているもう片方の手は棍棒を止める時に補佐している

足の踏み込みは浅いね
軽く反撃してみる
左で素早くゴブリンの顔を目がけて殴る
攻撃は当たらない
素早く棍棒を構えられ防御された

追撃はさせないと言わんばかりにハウンドが攻撃を仕掛けてくる
低い位置から腰あたりを目がけて飛び込んでくる
それ自体避けることは簡単だね
ただ、反撃しようにも着地が遠くて遠距離攻撃じゃないと届かない

私がハウンドの方を見ているとゴブリンが後ろから攻撃してくる
翼から相手の動きがよく感じ取れるから振り向くまでも無いね
今度は両手で棍棒を持っている
踏み込みが深いっ!
これは強攻撃だね

1歩分前に進み下から後ろへ下から円を描くように棍棒へと足を振り上げる
ゴブリンの棍棒にヒットしそのままゴブリンの方へ向く
ゴブリンはバランスを崩しよろめいていた

「ここだっ!!」

ゴブリンの懐に潜り込み顎を目がけて拳を下から上へと振り上げる
アッパーッ!!
見事に当たりゴブリンは少し宙に浮いてそのまま後ろに倒れる
よし、もう動かないね…

もう1匹のゴブリンが連続攻撃を仕掛けてくる
ひーん
休憩する暇もないよぅ…
ゴブリンの連撃の間にハウンドも攻撃を挟んでくる
今は必死に避け続けるしかない

一瞬の隙があれば片方はある程度のダメージを与えられて一気に終わらせられるのになぁ
早く終わらせてリンリンによしよししてもらいたい
よし!頑張ろう!さっさと片付けるぞ!

隙がないなら作ればいいのよ
リンリンが言ってた
わざと隙を晒して相手に突かせさせる
そこに生まれる隙を突けばいいんだって
危ないけどやるしかない

ハウンドの飛び込みを横に飛んで回避した時にゴブリンの近くに飛びわざと少しよろけてみせる
そして案の定背中から強攻撃しようと振りかぶる
ギリギリまで避けない…っ
ゴブリンが棍棒を振り下ろした時に横に回り込み、ゴブリンの顔に腰の位置から拳を半回転しながら突き刺す!
正拳突きぃ!!

ゴブリンへの攻撃直後を狙おうと
ハウンドが後ろから飛び込んでくる
私は咄嗟に片足を半歩大きく開き、開いた足を軸に一回転しハウンドを躱す
そして、まだ着地していないハウンドを捉えて片手を真っ直ぐ指の先まで伸ばし
ハウンド目がけて一気に振り下ろす
チョップッ!

ゴブリンもハウンドも地面に伏したままピクリとも動かない

「…っやったよリンリン!」

軽くガッツポーズを決めた
近くにもう敵も居ないよね?ね?
よし!いない!
リンリンはどこかな?大丈夫かな?
褒めてもらいに行かなくちゃ

「異世界に召喚されて魔族になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く