頭脳派ゲーム世界の黒幕

月田優魔

差別

食堂で食事を終えたオレたちは教室に戻ってきていた。

「嫌な人たちだったね。ご飯が不味くなったよ」

樟葉は明らかに気分を害していた。あんなことがあった後だから当然だろう。

「なんで夜神くんは、そんなに落ち着いていられるの?」

「無駄なことはしない主義なんだ」

怒ったところで何の意味もない。気力と体力を消耗するだけだ。

「周りの人たちも冷たかったし、助けてくれなかったよね」

「この島には、根深い差別意識があるみたいだな」

激しく対立することで、能力の向上を図っているというところだろうか。争いから生み出そうとするのは間違いではないが、下の者からすればたまったものではない。
もちろんそんなことを樟葉が認められるわけがなく、

「私は嫌だな。みんなで力を合わせたほうが絶対いいよ」

そう否定する。

「けど、七瀬みたいなやつもいるし、そう簡単にはいかないだろうな」

「それでも私は諦めない。諦めたくない」

心のこもった言葉のようで、相応の重みをオレは感じ取る。

「その意気込みがあれば大丈夫だろ。頑張れよ」

「うんっ!」

エールだけ送っておいた。困難な道のりだが不可能だとは限らない。
今はまだ可能性は無限に広がっている。
元気を取り戻したようで樟葉は自分の席に戻っていく。オレも自分の席に戻る。

「何かあったの?」

隣の席の白銀がこちらに質問を投げかけてきた。

「ちょっと上級生に絡まれてな」

「それは災難だったね。怪我しなかった?」

「喧嘩になったわけじゃないから大丈夫だ。ランクが下だからって馬鹿にされた」

「そういうこともあるよ。この島は厳しいところだからね」

白銀はポケットから端末を取り出すとなにやら触り始めた。

「…………なるほど。君はFランクなんだ」

ランクを言い当てられる。

「どうして分かったんだ?」

そう問いかけると白銀は小首を傾げる。

「端末の使い方を知らないの?近くの人の個人情報を確認することができるんだよ。見てみて」

こちらに向けられた端末の画面を見ると、白銀の端末にオレの個人情報が表示されていた。もちろんランクとポイントも。
なるほど、そんなことができるのか。後で学年全員の顔と名前を確認しておこう。
オレは自分の端末を取り出し白銀のランクを調べてみる。そこには2000ptCランクと書かれていた。

「Cランク……………」

「問題数無制限だったから解き続けたらそのランクになっちゃった」

とてつもなく頭がいいことが分かる。

「この島に来て良かったよ。ここなら私の実力が分かるみたいだからね」

「本土の学校だと駄目だったのか?」

「周りは猿みたいな人ばっかりだったんだ。今はまだCランクだけど、いずれ頂点をとりたいな」

自信を持ってそう発言する白銀には相応の実力がある。もしかしたら頂点も夢ではないのかもしれない。
すごいやつと同じクラス、それも隣の席になったものだ。

「まぁ頑張ってくれ。オレには応援するくらいしかできないからな」

「それもそうだね」

オレは友達づくりを楽しいと感じ始めていた。

「頭脳派ゲーム世界の黒幕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く